旅行するなら日帰りでも行ける鬼怒川!人気の観光スポット6選☆

旅行はしたいけど、仕事や学校が忙しくてなかなか時間が取れないという人は多いのでは?今回は、東京からなら日帰りでも満喫できる距離にある、鬼怒川の観光スポットをご紹介☆ゆっくりと温泉に入るのもいいし、カップルで遊びを満喫するのも楽しいと思いますよ♪ちょっと息抜きに、鬼怒川に旅行してみてはいかが?
この記事の目次

1.「東武ワールドスクエア」

aumo編集部
aumo編集部

まず最初にご紹介する、鬼怒川を旅行する際に訪れたいスポットは、「東武ワールドスクエア」。東北自動車道の「宇都宮I.C.」より日光宇都宮有料道路の「今市I.C.(今市・鬼怒川方面出口)」を出てから、国道121号線を鬼怒川温泉方面へ約20分進んだところにあります。駐車場代は普通車なら¥500(税込)です!

aumo編集部

世界中の建造物や、遺産がミニチュアサイズで展示されていて、その再現性の高さには驚きを隠せません◎例えば、ギリシャのパルテノン神殿を模して作られた展示物は、本物の大理石の粉末を素材に使用していて、再現にとことんこだわっているんです!

世界中の建造物を見れば、まるで1日で世界をぐるっと旅行した気分になれますよ♪また、歴史やドラマも表現されていて、じっくり観察すると分かってくるので、ぜひ細部まで観察してみてくださいね☆

東武ワールドスクエア
詳細情報を見る
jalan_kankou

2.「鬼怒川ライン下り」

aumo編集部

続いてご紹介する、鬼怒川を旅行する際に訪れたいスポットは、「鬼怒川ライン下り」。ライン下りの乗船場は、「鬼怒川温泉駅」から歩いて約5分、車なら東北自動車道 「宇都宮I.C.」から約45分のところにあります。

ライン下りのためだけに、鬼怒川に行きたくなるほどの、筆者のおすすめスポットなんですよ!料金は、大人が¥2,800(税込)、小人が¥1,800(税込)で、ハラハラドキドキのラフティングが楽しめちゃいますよ♪

ただし、4月中旬〜11月下旬(期間中無休)のみの営業なので注意してくださいね☆

鬼怒川ライン下り
詳細情報を見る
asoview_kankoujalan_kankou

3.「鬼怒川温泉」

aumo編集部

続いてご紹介する、鬼怒川を旅行する際に訪れたいスポットは、「鬼怒川温泉」。「鬼怒川温泉駅」を下車してすぐのところにある温泉街。

江戸時代に見つかり、その当時は日光詣をする僧侶や大名だけが入湯を許されたというほどの伝統的な温泉です。明治期に一般にも開放されてからはたくさんの観光客が訪れ、鬼怒川渓谷沿いには多くのホテルや旅館が建ち並ぶ関東有数の大きな温泉街になったそうです!

ぜひ、ゆっくり温泉に入って、日頃の疲れを癒しましょう♪

鬼怒川温泉

4.「鬼怒楯岩大吊橋」

続いてご紹介する、鬼怒川を旅行する際に訪れたいスポットは、「鬼怒楯岩大吊橋」という吊り橋です。周囲は緑が多い茂り、自然を体感できます!

こちらの吊り橋はとても長く、うっすらとしか向こう側が見えません。全長が長い分揺れが大きいのでスリリングを楽しめますよ♪渡り切った達成感を味わえること間違いなしですね☆

こちらの橋は、秋の季節になるとあたり周辺が紅葉で真っ赤に染まるんです☆他のシーズンももちろん綺麗な景色を見られますが、秋に訪れるのは特におすすめですよ♪

また下の透き通った川の流れの音に耳をすませば、とても風情を感じられます!みんなと一緒に訪れるのはもちろん、1人でまったりしたいときにもおすすめです。

鬼怒楯岩大吊橋
詳細情報を見る
jalan_kankou

5.「龍王峡」

aumo編集部

続いてご紹介する、鬼怒川を旅行する際に訪れたいスポットは、「龍王峡(りゅうおうきょう)」。野岩鉄道会津鬼怒川線「龍王峡駅」から歩いてすぐなのでアクセス抜群◎

山道の中にある階段を下ると、そこには自然によって作られた絶景が広がっているんです!絶景を鑑賞して日常の疲れを癒しましょう♪天気がいい日には、インスタ映えする素敵な写真が撮れるかもしれませんよ!

龍王峡は全長約3kmの長さもある巨大な渓谷で、龍が暴れまわるような姿に似ていることから龍王峡と名付けられたそう。上から眺めるのも、下に降りて眺めるのも美しいですよ!冷たい水に触れて、涼むのも一興ですね☆

龍王峡
詳細情報を見る
jalan_kankou

6.「江戸ワンダーランド 日光江戸村」

aumo編集部

最後にご紹介する、鬼怒川を旅行する際に訪れたいスポットは、「江戸ワンダーランド 日光江戸村」。「鬼怒川温泉駅」から路線バスを使って、約15分のところにあります。テーマは江戸時代で、まるでタイムスリップしたかのように、リアルな江戸時代の風景が表現されているのが特徴的☆

こちらでは、江戸時代の人に変身することができ、町娘や侍のような、いつかテレビで見たような光景に溶け込むことができるんです!新撰組や侍、また姫様や大奥など、様々な衣装が用意されているので好きな衣装に着替えましょう◎

これ以外にも、屋形船に乗ったり、芝居を見たり、手裏剣投げの特訓ができたり、楽しみ方は様々◎非日常体験をして、思う存分遊びたいという方におすすめです☆

江戸ワンダーランド日光江戸村
詳細情報を見る
jalan_kankou

次の旅行先は鬼怒川で決まり!

いかがでしたか?
今回は、東京からなら日帰りでも満喫できる距離にある、「鬼怒川」の観光スポットをご紹介させていただきました。ゆっくりと温泉に入るのもいいし、カップルで遊びを満喫するのも楽しいと思いますよ♪旅行はしたいけど、仕事や学校が忙しくてなかなか時間がないという人は、リフレッシュをしに鬼怒川を旅行してみてはいかがでしょうか?

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2018年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  3. 3【2019】東京の穴場お花見スポット7選!混雑を避けて…
    yu_06
  4. 4ターコイズブルーに輝く、“夢の吊り橋”は絶景だった!
  5. 5【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908