【栃木】大自然で楽しむ龍王峡ハイキングの魅力をご紹介!

東京からも程近い栃木。日帰りの観光旅行でも、楽しめる場所がたくさんありますよね! 定番の日光東照宮や、苺狩り、宇都宮の餃子、あしかがフラワーパークの藤の絶景など、屈指の観光地で溢れています。 ところで、「龍王峡」という渓谷があるのはご存知でしょうか? 鬼怒川・川治随一の景勝地として有名で、豊かな自然の中ハイキングが楽しめちゃうんですよ◎ 今回は、龍王峡にあるハイキングコースの魅力をご紹介したいと思います!
この記事の目次

そもそも龍王峡とは?どこにあるの?

「龍王峡」は、栃木県の日光市、川治温泉と鬼怒川温泉の間に3㎞ほど続いている景勝地です。
名前の通り、龍の姿を思わせるような景観は、その昔、海底火山によって出来た火山岩が鬼怒川の流れによって削られて作られたんだとか。

aumo編集部

全体のハイキングマップはこのようになっています。
コースは4つに分かれていて、1番長いコースだと3〜4時間かけて川治露天風呂までたどり着くことが出来るんですよ。

ハイキングコースを進んでいくと、ところどころに現在地が示されたマップが立ててあるので、迷う心配はないので安心です◎

龍王峡ハイキングコースの見どころ◎

橋から見渡す自然の美しさは圧巻

aumo編集部

龍王峡ハイキングの1番の見どころは、何と言っても鬼怒川の美しい渓谷。
周りを彩る木々の緑と、綺麗なエメラルドグリーン色の川がとっても印象的です♡

おすすめは、「虹見橋」・「むささび橋」から見る景色。

橋から見渡す豊かな自然の景色は、とっても綺麗!空気も美味しく、心癒されます♡

aumo編集部

細長い形が印象的な「虹見橋」。
橋の上からは、遠くの山まで広く見渡せるので、眺め抜群ですよ◎

「虹見橋」に行く手前には階段があるのですが、少し急で滑りやすいので、足元に注意して降りてくださいね!

aumo編集部

また「虹見橋」からは、「虹見の滝」も見ることが出来るんですよ。
「虹見の滝」とは、晴れた日には滝の水が日光に反射して、虹をかけることから付いた名前なんだとか。

美しい景色の中に浮かび上がる虹なんて、とっても素敵ですよね…♡
ぜひ写真に収めたいところです!

虹見橋
aumo編集部

もう少し歩き進んだ先にあるのが「むささび橋」。
こちらでも、深い緑に囲まれた、見事な渓谷美を見ることが出来ます◎

橋の上からぐるっと見渡すと広がる自然の美しさ。思わず、大きな深呼吸をしたくなるほどです。

aumo編集部

また、「むささび橋」の近くに「むささび茶屋」という小さな店があるのもお忘れなく!
のんびり自然を楽しみながらのハイキングでも、ずっと歩いているとやっぱり少し休憩を取りたくなっちゃいますよね。

「むささび茶屋」では、名物の「味噌おでん」や「甘酒」、「コーヒー」などが売られています。
お菓子も売られているので、小腹がすいた際や、ひと休みする際にふらっと立ち寄りたいです◎

むささび橋
むささび茶屋

龍王峡ハイキングおすすめの季節!

aumo編集部

暑い夏は外を歩くのも嫌になってしまいますよね…。
しかし、龍王峡ハイキングなら夏でもおすすめ!

沢山の木々が強い日差しを遮ってくれるし、滝や水辺も近いので涼しく感じられるんです◎

「ハイキングなんてしばらく歩き続けなきゃいけないし、暑さにやられて疲れそう…」
そんなことを思っているあなた!
騙されたと思って、1度ぜひ訪れてみることをおすすめしますよ☆

また、秋もおすすめの季節。

秋と言えば、紅葉!ですよね。龍王峡でも、綺麗な紅葉を楽しむことが出来るんですよ♡

赤・黄・オレンジと、鮮やかに色づいた葉。
場所によっても様々な顔を見せてくれるので、最後まで飽きることなくハイキングを楽しめそうです◎

様々な顔を見せてくれる龍王峡ハイキングコース

aumo編集部
aumo編集部

龍王峡ハイキングの4つのコースは、それぞれ距離・所要時間が違います。

1番遠くの川治温泉まで行かなくても、色々な発見があって充分に楽しめますよ。
勢いよく流れる川が足元を通っていたり、迷いながら歩いていたら橋に行き着いたり…。様々な景色が楽しめるので満足度ハナマル!

その時の体力や時間帯を考えて、無理のないコースで存分に楽しんじゃいましょう☆

ハイキングの後は温泉に浸かってゆったり♡

龍王峡ハイキングコースのもう1つの魅力としては、なんと言っても鬼怒川温泉・川治温泉が近くにあるところです!

ハイキングで疲れた身体を、温泉で癒しちゃいましょう☆
龍王峡のマイナスイオンパワーを浴びて、温泉で癒されれば、心も体もリフレッシュできること間違いなしですね!

龍王峡ハイキングへ行くときの服装の注意点!

aumo編集部

龍王峡ハイキングはずっと自然の中を進むので、たくさんの虫との出会いは不可避!
大きめの蜂が目の前を横切ったり、蜘蛛の巣があったりと、ちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。

筆者も蜂は苦手なので、見かけるたびにひやひやしていました(笑)

しかし、それもハイキングの醍醐味!
ちょっぴりハラハラも楽しみながら、頑張って進んで行きましょう☆

aumo編集部

1つ注意したいのが、龍王峡にはなんとヒルがたくさんいるんです!
筆者は幸い出会うことなく終わったのですが、知らない間に身体にくっついていて…なんてこともよくあるんだとか。

筆者もハイキングコースを歩いていると、「ヒルに注意!」という看板を何度も見かけました。

ヒルに血を吸われてしまわないためにも、サンダルなど足が露出している格好はおすすめしません。
また、舗装された地面を歩くわけではないので、出来るだけ歩きやすい恰好で臨みましょう☆

履き慣れたスニーカーと、
山の中は、夏でも涼しく感じるので薄い上着を1枚持っておくと良いですよ。

aumo編集部

筆者が訪れた時は、足首上くらいまでのスカートを着ていたのですが、「動きにくさが気になる!」ということはありませんでした。

自然の中の道を進んで行くので、動きやすく安全な服装がおすすめですが、
「どうしてもスカートが履きたい!」という方でも、靴だけちゃんとスニーカーを履いていればあまり心配しなくても大丈夫ですよ♡

龍王峡ハイキングコースへのアクセス方法

aumo編集部

龍王峡駅からバスで約5分。

東京からは、特急スペーシアで東武線浅草駅~下今市駅、約1時間40分。
下今市駅で会津鬼怒川線に乗り換えて、龍王峡駅まで約30分。

快速列車の場合、浅草駅~龍王峡駅まで、2時間30分。

東京からも、電車であまり乗り換えをすることなく到着できます!
栃木観光も兼ねて、ぜひ1度龍王峡ハイキングを体験してみて下さいね♡

龍王峡
詳細情報を見る
jalan_kankou

龍王峡ハイキングで自然の美しさを満喫しよう!

aumo編集部

いかがでしたか?

龍王峡ハイキングコースは、ゆったりと豊かな自然を満喫出来る絶好の観光スポットなんです。
起伏も激しくないので、誰でも気軽に散策出来ますよ◎

マイナスイオンたっぷり、自然の美しさを目の当たりに出来る龍王峡ハイキング。
足を運べばその魅力に魅せられること間違いなし!ぜひ1度行ってみてください♪

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2018年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2池袋でカフェランチ!ゆっくり過ごせるおしゃれカフェ10…
    kimiho24
  3. 3京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  4. 4【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  5. 5新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…