【2018】紫陽花の次はラベンダー!関東にあるラベンダー畑4選♡

春は桜やネモフィラ、藤など様々な花が見頃を迎えます。だんだん夏に差し掛かってくる梅雨には紫陽花が満開となり、その次に見頃を迎えるのがラベンダー!壮大なお花畑は北海道にあるイメージが強いですが、実は関東にもあるんです◎今回は、関東にあるラベンダー畑を4つご紹介!見頃やアクセス方法をチェックしておきましょう♪
この記事の目次

1. たんばらラベンダーパーク【群馬県沼田市】

初めに紹介する関東のラベンダー畑は、群馬県沼田市にある「たんばらラベンダーパーク」。「たんばらラベンダーパーク」には早咲き・中咲き・遅咲き3種類のラベンダーが植えられているので、毎年7月上旬〜8月下旬までラベンダーを楽しむことができます♡

「たんばらラベンダーパーク」は標高約1,350mに位置しているので、夏でも比較的涼しいのが嬉しいポイント。
2018年6月30日(土)~8月26日(日)は「夏山リフトラベンダーライン」が運行しており、大きなラベンダー畑をリフトから一望できます◎(※“たんばらラベンダーパーク 公式HP”参照)

さらに、園内のレストランや売店が充実!「ラベンダーソフト」や「ラベンダークレミア」は夏にぴったりのラベンダースイーツです♪ハンバーガーやハヤシライスなど、がっつりメニューもありますよ♡

「たんばらラベンダーパーク」の見所はラベンダーだけではありません!「彩(いろどり)の丘」ではラベンダーの他、黄色やオレンジ色のマリーゴールドが咲き誇ります。「ひまわりガーデン」では毎年8月中旬頃にひまわりが見頃を迎え、とってもフォトジェニックな風景に♡
さらに、トランポリンやプールがあるのでお子様も楽しめる上、ドッグランでペットのわんちゃんをのびのび走らせてあげることができるんです◎

都心からは車で約2時間、電車の場合は最寄駅である沼田駅・上毛高原駅から出ている「たんばらラベンダーパーク」直行バスをご利用ください。直行バスは、2018年7月15日(日)〜8月15日(水)の期間中毎日運行しているそう。(※“たんばらラベンダーパーク 公式HP”参照)

時刻表は、公式HPで確認してみてくださいね♪

たんばらラベンダーパーク
詳細情報を見る
jalan_kankou

2. 相模原北公園【神奈川県相模原市】

続いて紹介する関東のラベンダー畑は、神奈川県相模原市にある「相模原北公園」。「相模原北公園」のラベンダーは、毎年6月下旬〜7月上旬に見頃を迎えるそう!ラベンダーの香りがいっぱいに広がってリラックスできます◎

ラベンダー畑の近くには「ピクニック広場」があるので、お弁当を持ち込んでお昼休憩なんていうのも良いですね♪

実は「相模原北公園」は、ラベンダーだけではなく紫陽花の名所としても知られています!その数なんと7,000株以上!2018年は、6月上旬〜6月下旬に見頃を迎えるそうです♪
他にもバラやツツジ、センニチコウや桜など、四季折々の花を楽しむことができるのが「相模原北公園」の特徴◎

「北公園・北総合体育館前」というバス停から徒歩約2分の公園なので、車がなくても気軽に行けますよ♪「北公園・北総合体育館前」に停まるバスは、橋本駅から出ています。車ではなんと都心から約1時間。さらに入園無料なのが嬉しいポイント!
都心から関東圏のラベンダー畑に行くのであれば、「相模原北公園」はとってもおすすめです◎

相模原北公園

3. 佐倉ラベンダーランド【千葉県佐倉市】

続いて紹介する関東のラベンダー畑は、千葉県佐倉市にある「佐倉ラベンダーランド」。「佐倉ラベンダーランド」では、ラベンダーの見頃に合わせて2018年6月2日(土)〜7月1日(日)に「ラベンダーまつり」が開催されます!(※“佐倉ラベンダーランド 公式HP”より抜粋)
2018年は例年より1週間ほど早く咲くと予測されているので、満開のラベンダーが見たい方は6月上旬に行くのがおすすめです◎

「ラベンダーまつり」期間中はラベンダーグッズの販売や、ラベンダーソフト、焼きそばなどの模擬店も出ているそう!一足先に夏のお祭り気分を楽しめそうです♪

山万ユーカリが丘線女子大駅から徒歩約24分と少し遠いですが、関東でラベンダー畑を見るなら「佐倉ラベンダーランド」は欠かせないですよ!
車の場合は都心から約1時間20分。関東でラベンダーを見たくなったら、ぜひ「佐倉ラベンダーランド」へ行ってみてください◎

佐倉ラベンダーランド

4. ラベンダー堤【埼玉県久喜市】

最後に紹介する関東のラベンダー畑は、埼玉県久喜市にある「ラベンダー堤(づつみ)」。「ラベンダー堤」は無料で行けるラベンダー畑で、毎年6月中旬〜6月下旬に見頃を迎えるそう◎

2018年6月3日(日)〜6月24日(日)までの期間には、「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」が開催されます。(※“あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 公式HP”抜粋)
開催中は「ラベンダー堤」近辺で食品販売や写真コンテストが行われ、多くの人が訪れるスポットです。

辺り一面に広がるラベンダーは圧巻で、「関東にもこんなに綺麗なラベンダー畑があったんだ!」といった口コミが多数♡

「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」開催中は、「城趾あやめ園前」という「ラベンダー堤」まで徒歩約10分の臨時バス停があります。「城趾あやめ園前」に停まるバスはJR久喜駅・桶川駅・白岡駅・蓮田駅から出ているので、お住いの場所や「ラベンダー堤」へ行く時間に合わせてご利用ください♪

ラベンダー堤

関東のラベンダー畑でインスタ映えを狙おう♡

いかがでしたか?
今回は、関東にあるラベンダー畑を4つご紹介しました。
関東というと、高層ビルが立ち並ぶ都会的な風景のイメージが強いですが、実はこんなに広大なラベンダー畑があったんです♡
日々の生活に癒しが欲しくなったら、ふらっと日帰りで関東のラベンダー畑へ行って、景色と香りに癒されてみてくださいね!

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2018年10月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1京都の名物を知ってる?京都だから食べたいご当地グルメ10選dyna6390
  2. 2ムーミンに会いに伊勢海老を食べに【美味しい、楽しい、千葉県いす…ryo824
  3. 3新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…oseraboch21
  4. 4お祝いムード全開!限定グッズで盛り上げるディズニー35周年☆_yuimo._
  5. 5金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポットご紹介♡aiko1019
  • aumo
  • 関東
  • 【2018】紫陽花の次はラベンダー!関東にある…