【OMO7大阪 by 星野リゾート】2022年4月OPEN!大阪を知って大阪を好きになるホテルステイ

    2022年4月、大阪・新今宮に「OMO7大阪(おもせぶん) by 星野リゾート」がオープンしました。「OMO7大阪」では、定番観光スポットやグルメはもちろん、知っているようで知らない大阪を巡る旅を提案。地元の方によるガイドツアーやマップなど、ディープな大阪観光を楽しむことが可能です。この記事では、「OMO7大阪」の魅力をたっぷりご紹介します!
    提供:星野リゾート
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    大阪をもっと好きになる!【なにわラグジュアリー】を体験できる「OMO7大阪(おもせぶん)」

    星野リゾート
    今回ご紹介するホテルは、2022年4月にオープンしたばかりの「OMO7大阪(おもせぶん)」。星野リゾートの都市ホテルブランド「OMO」から誕生したホテルの1つです。

    こちらのホテルはJR新今宮駅東出口の目の前に位置しており、交通の便がよく、観光スポットへのアクセスが抜群。ホテルのすぐ近くには、土地の風情が色濃く残る新世界エリアがあるため、遠くへ足を延ばさずとも「これぞ大阪!」を感じられます。

    そんな「OMO7大阪」のコンセプトは【ほれてしまうわ、なにわ】。「笑い」と「おせっかい」を取り入れたおもてなしと、「洗練された空間」や「上質なサービス」が織りなす体験を意味する【なにわラグジュアリー】を合言葉に、ここでしか体験できない旅を提案してくれるホテルです。

    OMOとは?

    星野リゾート

    「OMO」は星野リゾートが全国に展開する都市ホテルブランドです。ブランドコンセプトは「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市ホテル」。地域と一体となって街を楽しみ尽くす旅を追求しています。

    施設名のOMOのうしろにある数字は、サービスの幅を表しています。この数字があることで、旅の目的や過ごし方に合わせて最適なホテル選びが可能です。お客様のさまざまなニーズに合わせ、都市観光の旅をOMOがサポートしていきます。

    全てのOMOで、街歩きをサポートするGo-KINJOサービスを展開。全国各地の12施設から「都市観光」の楽しさを発信していきます。

    出典:www.hoshinoresorts.com

    【ココがOMOしろい!注目ポイント】1. みやぐりん

    星野リゾート
    「OMO7大阪」を訪れると、まず目に入るのはホテル棟の目の前に広がるガーデンエリア「みやぐりん」。大きな芝生広場とそれを囲う段々のデッキテラスや散策路などで構成された、約7,600平米もの広さを誇るスペースです。(※”OMO7大阪 公式HP”参照)

    「みやぐりん」の「みや」は新今宮の「みや」、「ぐりん」は緑を表す「green」に由来して名付けられました。「旅行客や地域の方が集い、笑顔があふれる地域のランドマークにしたい。」といった想いが込められているそうです。

    芝生広場に腰掛けてのんびり過ごしたり、テラス席でくつろいだりと、自由な時間を過ごすことが可能。都心のホテルステイの中で、自然に触れ、自然を感じる時間を過ごしたい方はぜひ足を運んでみてください。

    大阪をテーマにしたネオンアートで彩るイベント「PIKAPIKA NIGHT」開催中!

    星野リゾート
    星野リゾート
    「みやぐりん」では、2022年4月22日(金)〜2022年8月31日(水)の期間中、大阪をテーマにしたネオンアートが華やかにガーデンエリアを彩るイベント「PIKAPIKA NIGHT(ぴかぴかないと)」を開催!

    大阪を象徴するモチーフのネオンアートが輝く空間で、ご近所さんのグルメや大阪らしい音楽、雰囲気満点の提灯、イベントの最後にはちょっと変わった花火の演出など、大阪の夏を満喫するコンテンツがたっぷり登場します。

    開催期間2022年4月22日(金)〜2022年8月31日(水)
    開催時間20:00〜22:00

    【ココがOMOしろい!注目ポイント】2. OMOベース

    星野リゾート
    館内に足を踏み入れると、まず現れるのは「OMOベース」。「OMOベース」は、大阪の旅をより楽しいものにするディープな仕掛けが満載のパブリックスペースです。

    全長約85m、高さ5mの開放的な空間に、大阪観光に便利な「ドでかOSAKAボード」やゆっくり読書が楽しめる「ライブラリーラウンジ」、大阪グルメが揃う「OMOダイニング」「OMOカフェ&バル」など、様々なコンテンツが詰まっています。(※”OMO7大阪 公式HP”参照)

    「OMOベース」では、観光の予定を立てるもよし、読書や食事を楽しむもよし。思い思いの過ごし方ができる居心地の良い空間です。壁一面に広がる大きな窓から、四季折々で景色が移ろう「みやぐりん」の景色を楽しむのもいいかもしれません。

    要チェック!大阪&ホテル周辺の観光マップ「ドでかOSAKAボード」

    星野リゾート
    「OMOベース」で必見のポイントは、入り口の壁面に飾られた「ドでかOSAKAボード」。幅約6m、高さ約4mの大きなボードに、大阪の代表的な観光スポットが描かれています。

    また、ボードの下半分に描かれているのは、ホテルから徒歩圏内のエリアを中心にした「ご近所マップ」「OMO7大阪」のスタッフが実際に足を運んで見つけてきた、ガイドブックには載っていないお店やスポットが掲載されたマップです。ディープな大阪観光を楽しみたい方は、ぜひ「ご近所マップ」を参考にしてみてください。

    街を丸ごと楽しみつくすためのサービス「Go-KINJO」も見逃せない!

    星野リゾート
    「Go-KINJO(ごーきんじょ)」は、ホテルから徒歩圏内の街を知り、新たな発見や地元の人との出会いを通して、宿泊者が街に溶け込むことをサポートするOMOブランドのサービスです。「ご近所マップ」のほか、「ご近所ガイドOMOレンジャー」というコンテンツから構成されています。

    「OMOレンジャー」とは、友人のように街を案内してくれるツアーガイドのこと。「OMOレンジャー」と一緒に街を歩くことで、宿泊者がよりディープな大阪を楽しめるのです。

    朝と夜で違ったテイストの料理が楽しめる「OMOダイニング」

    2つのイノベーティブフレンチコースが楽しめるディナー

    星野リゾート

    ▲「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」メニュー例

    星野リゾート

    ▲「Naniwa KUSHI Cuisine(なにわ串キュイジーヌ)」メニュー例

    「OMOダイニング」では、【大阪の食の本質を表現する】をテーマとした2種類のディナーコースがいただけます。どちらも大阪の郷土料理や大阪で親しまれている食材を、フランス料理をベースにアレンジしたイノベーティブなディナーです。

    • 箱寿司や船場汁などの大阪の郷土料理を華やかに表現した「Naniwa Neo Classic」
    • 串カツをアレンジし、味も見た目も斬新な串料理へと変化を遂げた「Naniwa KUSHI Cuisine」

    時間17:00〜21:00
    料金両コース1名13,000円(税・サ込)
    予約公式サイトより要予約
    ※宿泊者からの問い合わせが多いため、当面の間は宿泊者のみ利用可能となっています。

    朝から大阪の食文化を堪能!ライブ感あふれる朝食ビュッフェ

    星野リゾート
    星野リゾート
    「OMOダイニング」の朝食は和洋食のビュッフェスタイル。大阪の食文化の立役者であるネギ焼きやうどんといった「粉もん」、旨味のカギとなる「出汁」などをはじめとしたラインナップです。

    削りたての鰹節から漂う香りや、ネギ焼きの鉄板で焼くときの食欲をそそる音など、ライブ感あふれる演出にこだわっており、出来立てを楽しめます。

    時間7:00〜10:00
    料金大人・小学生:2,500円(税込)
    4〜6歳(未就学):600円(税込)
    0〜3歳:無料
    予約不要
    ※宿泊者以外も利用可能です。(混雑状況によっては宿泊者を優先して案内する場合があります。)

    モーニングからバルまで1日中利用OK!気軽に食事を楽しむなら「OMOカフェ&バル」

    星野リゾート
    星野リゾート
    「OMOカフェ&バル」は、朝食からバータイムまで1日を通して気軽に利用できるカジュアルレストランです。営業時間が7:00〜22:00と長く、食事どきはもちろん、カフェタイムにふらっと立ち寄ることもできます。

    モーニングタイム(7:00〜10:00)は、メインプレートを5種類から選べるモーニングセットが中心。クロックムッシュに厚焼き卵がのった「クロックおかん」のように、美味しさはもちろん、遊び心もばっちりのメニューで1日をスタートしましょう。

    カフェ&バルタイム(10:00〜22:00)は、アラカルトスタイルで好みの1品をチョイスできます。大阪の定番メニューはもちろん、オリジナルメニューの「どて煮トルティーヤ」や「たこチー」、ミックスジュース味のソフトクリームなど、ちょっと変わった1品にも出会えるかもしれません。

    朝食7:00〜10:00
    カフェ&バル10:00〜22:00
    ※どの時間帯もテイクアウトメニューも用意されています。
    ※宿泊者以外も利用可能です。

    大阪のお風呂屋文化を感じよう!開放感抜群の天窓が心地よい「湯屋」

    星野リゾート
    「OMO7大阪」に宿泊したら、1日の〆にぜひ利用したい「湯屋」。

    「みやぐりん」に併設されている「湯屋」は、大阪のお風呂屋文化が花盛りとなった時代を参考に、【光と影】をイメージした外観が特徴です。「白銀色(しろがねいろ)」は商人の街として栄えた華やかな明るい姿を、「銀黒色(ぎんぐろいろ)」は発展のシンボルとして大阪の空を覆う工場の煙を表現しています。

    天井部分には外に通じる天窓があり、開放感抜群。開口部からはもくもくと湯けむりが立ち昇り、浴室にいながら外の空気や匂いが感じられます。外から差し込む光が優しく反射する光景は、まるで異空間のようです。大阪のお風呂屋文化を体験しながら、くつろぎの時間を楽しみましょう。

    シーンに合わせて選べる客室!OMOしろい個性的な空間を楽しんで

    星野リゾート

    ▲OMOハウス

    星野リゾート

    ▲コーナーツイン

    客室は全8タイプ。遊び心にあふれた空間から大阪の街を一望できる部屋まで、旅のニーズに合わせて客室を選べます。

    • いどばたスイート
    • コーナーツイン
    • だんだんルーム
    • OMOハウス
    • デラックスルーム
    • キングルーム
    • ツインルーム
    • ツインルーム(ユニバーサル仕様)

    大人数での宿泊にもおすすめ「いどばたスイート」

    星野リゾート
    中でも、特徴的な客室タイプの1つが約60平米の「いどばたスイート」です。(※"OMO7大阪 公式HP"参照)

    リビングには、大阪の代表的な観光スポットが描かれた「OSAKAボード」と大きなテーブル、ソファを配置。井戸端会議さながらに、旅の合間に「次どこ行く?」なんてことを自由気ままにおしゃべりできます。

    「いどばたスイート」は最大6名まで宿泊できるので、ファミリーや友人グループ、女子旅など様々なシーンにおすすめ。大人数でも1つの部屋に滞在できるのも魅力の1つです。

    大阪を知って大阪に惚れる!「OMO7大阪」に宿泊してディープな観光を

    この記事では、2022年4月にオープンした「OMO7大阪 by 星野リゾート」について詳しくご紹介しました。

    地域一体となって大阪を楽しむ工夫が盛りだくさんの「OMO7大阪」では、"ここでしかできない"ディープな大阪観光が待っています!グルメやおしゃれな空間はもちろん、「OMOレンジャー」によるガイドツアーや大阪のお風呂屋文化を感じられる「湯屋」など、見どころがたっぷり。

    次の大阪旅行は「OMO7大阪」に宿泊して、"知っているようで知らない大阪"を探してみるのもいいかもしれません。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2022年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    更新日:2022年6月30日

    1. 16月30日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
      chanyama
    2. 2レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
      k__
    3. 3マイナポイントはどの決済がお得?おすすめの決済サービス…
      kabutan
    4. 4【2022】東京のふわふわかき氷17選!人気店から穴場…
      satomi0908
    5. 5スタバの人気カスタマイズ一覧!元スタバ店員が教える絶品…
      satomi0908