【2020】東北の花見名所10選!人生で一度は見たい桜特集

2020年のお花見は東北へ足を運びませんか?春の足音も近づく中、どこへ行こうか考えている方必見!今回は、人生で一度は見に行きたい東北の桜をご紹介!開花時期や穴場など、情報をたっぷりお届け。花見の素晴らしさを感じる、絶景の数々をお楽しみください♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

1. 花見は東北へ!【青森】天守閣と夜桜「弘前公園」

最初にご紹介する東北のお花見スポットは青森県弘前市にある「弘前公園」。こちらではソメイヨシノやシダレザクラを始め52種、約2,600本もの桜が園内で咲いています。弘前城天守の堂々とした様子と、その周りを囲む華やかなピンク色の桜が、絶妙なコントラストをもたらしています!

絶景!幻想的な夜桜はここ

こちらでは毎年「弘前さくらまつり」が行われたくさんの人で賑わいを見せています。こちらではなんと事前に、場所の手配、お弁当・飲み物の準備、後片付けまで行ってくれる「手ぶらで観桜会」に申し込むことができるのも魅力!花も団子も楽しみたい方にはピッタリのおもてなしですよね♪

淡いピンクの桜が美しく輝く夜桜を見つつ、ゆったりとくつろぎのお花見を楽しんでください。

開催期間:2020年4月23日~5月6日
駐車場:近隣の有料駐車場が複数有り
("弘前さくらまつり2020 公式HP"参照)
弘前公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

2. 花見は東北へ!【福島】幻想的な桜にうっとり「三春滝桜」

2つ目にご紹介する東北のお花見スポットは、福島県三春町にある「三春滝桜(みはるたきざくら)」。こちらの桜、なんと樹齢推定1000年超!国の天然記念物に最初に登録された桜であり、桜が流れ落ちるような様子から「滝桜」と呼ばれています。("みはる観光協会 公式HP"参照)

雄大な夜桜は必見!

圧巻の美しさを誇る夜のライトアップは、人生で1度は行きたい絶好のお花見スポット!ぜひ、恋人や友人、家族とともに、うっとりするような美しい桜でお花見を楽しんでください♡

開催期間:2020年4月上旬~4月下旬
観桜料:¥300(税込)中学生以下無料(開花宣言の翌日から観桜料がかかります。)
駐車場:滝桜大駐車場に850台有り、料金無料
("みはる観光協会 公式HP"参照)
三春滝桜
詳細情報を見る
jalan_kankou

3. 花見は東北へ!【岩手】船の上からお花見「北上展勝地の桜」

3つ目にご紹介する東北のお花見スポットは、岩手県北上市にある「北上展勝地(きたかみてんしょうち)」。こちらでは2kmに渡る桜並木が圧巻の美しさ!約150種の桜が約1万本以上、展勝地公園内に咲き乱れています!("北上展勝地さくらまつり 公式HP"参照)

※コロナウイルスの影響により「北上展勝地さくらまつり」は中止

こんな特別な景色も!?

北上川では桜と鯉のぼりのコラボレーションが見物です。北上川の上を泳ぐ鯉のぼりと周りを取り囲む桜を一緒に楽しめるような、観光遊覧船も運航しているので、船の上からお花見を楽しんじゃってください!

開催期間:2020年4月中旬~5月上旬
観光遊覧船乗船料:大人(中学生以上)¥1,300(税込)、小学生¥500(税込)、未就学児無料
駐車場:有り
("北上展勝地さくらまつり 公式HP"参照)

※コロナウイルスの影響により「北上展勝地さくらまつり」は中止
北上展勝地
詳細情報を見る
jalan_kankou

4. 花見は東北へ!【福島】歩いて楽しむ「日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜」

4つ目にご紹介する東北のお花見スポットは、福島県喜多方市にある「日中線記念自転車歩行者道」。約3kmの遊歩道に約1,000本のしだれ桜が咲き誇る様子は、映画の中のような幻想的な空間を作り出しています。頭上から流れ落ちる桜の下をゆっくり歩きながら、お花見を楽しんでください♡

見頃:2020年4月中旬~5月下旬
駐車場:700台無料
("喜多方観光物産協会 公式HP"参照)
日中線記念自転車歩行者道
詳細情報を見る
jalan_kankou

5. 花見は東北へ!【福島】春色のコントラスト「花見山公園の桜」

5つ目にご紹介する東北のお花見スポットは、福島県福島市にある「花見山公園(はなみやまこうえん)」。こちらでは桜を含め、色合いの異なる花々が一斉に咲き、春の風景を美しく彩っています。

30分から60分コースまで、ハイキングをしながらお花見を楽しめるスポットなので、体を動かしながら美しい桜を拝むのにはピッタリですよ♪

開催期間:2020年3月28日~4月19日
駐車場:有り
("一般社団法人福島市観光コンベンション協会 公式HP"参照)
花見山公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

6. 花見は東北へ!【宮城】 圧巻の桜のトンネル「白石川堤一目千本桜」

6つ目にご紹介する東北のお花見スポットは、宮城県柴田郡にある「白石川堤一目千本桜」。名前にもある通り、数えきれないほどの桜が咲き乱れ、桜並木が延々と続くのではないかと思うほど!

人生でこんなにも多くの桜を見ることはないだろうと感じる、絶好のお花見スポットです。

※コロナウイルスの影響によりさくらまつりは中止

満開の桜のトンネルを車窓から

こちらのオススメポイントは何といっても、電車からお花見を楽しめるところ!車窓から眺める桜並木は、場所取りの面倒もなく、快適なお花見タイムを過ごせるはずです!

開催期間:2019年4月上旬〜4月中旬
("大河原町観光物産協会 公式HP"参照)
白石川堤一目千本桜
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou

7. 花見は東北へ!【秋田】風情ある街並みと桜「武家屋敷通りの桜」

7つ目にご紹介する東北のお花見スポットは、秋田県仙北市にある「武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)」。角館(かくのだて)という風情のある武家屋敷が立ち並んでいます。

約400本のシダレザクラが咲く角館では、国の天然記念物に指定される桜が多数咲いており、ピンクの色合いがとてもノスタルジック。

ゆったりと歩きながらのお花見にはピッタリですよ♡

開催期間:例年4月下旬~5月上旬
("かくのだて観光Navi 公式HP"参照)
武家屋敷通り

8. 花見は東北へ!【宮城】松島湾を見渡す桜の絶景「西行戻しの松公園」

8つ目にご紹介する東北のお花見スポットは宮城県松島町にある「西行戻しの松公園」です。

この公園の一帯は約260本の桜の名所で、展望台からは、桜と松島湾の景色が一体となった他では見られないような絶景が望めます。ピンクの桜と青い海、緑の松を見渡せる貴重な場所です!

例年の見頃:4月中旬~5月上旬
駐車場:63台無料
("日本三景松島 公式HP"参照)
西行戻しの松公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

9. 花見は東北へ!【山形】歴史的な建物と桜のコントラスト「霞城公園」

9つ目にご紹介する東北のお花見スポットは山形県山形市にある「霞城公園の桜」です。

山形城跡である霞城公園は、約1500本の桜が咲き誇る花見の名所として有名です。夜には、東濠沿いや園内の桜が18:00~22:00の間でライトアップされ、夜桜も楽しめますよ!ライトアップされた夜桜が水面に映る様はとっても幻想的です♡

開催期間:4月中旬~下旬
駐車場:230台無料
("山形市観光協会 公式HP"参照)
霞城公園の桜
詳細情報を見る
jalan_kankou

10. 花見は東北へ!【岩手】農場に植えられた一本「小岩井農場の桜」

最後にご紹介する東北のお花見スポットは、岩手県にある「小岩井農場」です。
岩手山を背景に、小岩井農場の一面に広がる緑と、一本桜「エドヒガン」の淡いピンク。それぞれの良さが生み出すコントラストの見事な景観を見ることができます!また、牛舎入口に続く桜並木と、牛舎に咲く約150本のソメイヨシノは、ゴールデンウィーク頃に見頃を迎えますよ。

例年の見頃:5月上旬~5月中旬
駐車場:あり
("小岩井農場 公式HP"参照)
小岩井農場の桜並木
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou

人生で1度は行きたい東北のお花見♡

aumo編集部
東北のお花見スポットはいかがでしたか?日本の花の代名詞「桜」。花より団子派の方も多いとは思いますが、東北には息をのむような素敵なお花見スポットがたくさん存在していますよ!

ぜひ、春のポカポカした陽気に、東北で観光とお花見を楽しんでみては?
あわせて読む
【東北の見どころ】旅行で外せない有名~穴場的な観光地まで♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  2. 2【最新】カルディマニアのおすすめ商品20選!コーヒーや…
    chanyama
  3. 3【激ウマ!】新大久保でジューシーな韓国チキンがおすすめ…
  4. 4【最新版】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得な…
    chanyama
  5. 5【2020年度版】カロリー低い順にご紹介!スタバの低カ…
    satomi0908