六本木の映画館「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の魅力を大紹介!

六本木ヒルズ周辺で映画を観るなら、「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」がおすすめ!ドラマや映画の撮影場所として使われているこちらの映画館は、デートはもちろん、1人で行くのも◎映画の世界をたっぷり感じられるこの映画館の魅力をたっぷりご紹介します♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

日比谷線六本木駅直結!エスカレーターを登って「シネマ」の案内通りに進もう♪

aumo編集部
さあ、いよいよ映画を観に行くぞー!笑

六本木ヒルズに着いたものの、映画館はどこにあるの?と不安に思うかもしれませんが、大丈夫。六本木ヒルズ内には案内看板があちこちにあるので、「シネマ」の文字に従って進みましょう♪

方向としては、森美術館方面です!

ガラス張りのおしゃれな外観を抜けると、館内もおしゃれ♡

aumo編集部
aumo編集部
「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」入口を抜けると、目の前にお洒落な雰囲気漂う水のオブジェが…!
東京の中心、六本木にある映画館だけに高級感溢れます!

【映画を見る前】丹念に準備をしよう♪

aumo編集部
aumo編集部
左手には当日の上映作品や時間の情報、チケット売り場があります。クレカも使用可能です◎

また、その奥には映画鑑賞には欠かせないポップコーンやドリンクなどを売っている売店も!
筆者のオススメは、キャラメル味とチーズ味を詰め合わせたポップコーン♡ここのポップコーンを1度体験したら、これなしの映画鑑賞は考えられなくなってしまうはず!

是非、皆さんも召し上がってみて下さいね!
aumo編集部
aumo編集部
また、右手には「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の劇場に足を運ばずにインターネットチケットを発券出来る、vit発券機があります!

また、最新映画のグッズなどを売っている「The Store」などもあるんです!キャンディーの量り売りもしているので、デートでお菓子を選びあいっこなんてことも…♡

【映画館内】さあ、いよいよ映画!ドキドキ…

aumo編集部
aumo編集部
2Fに上がりスクリーンの方へ向かう時に通る、写真にあるこちらの場所。
見覚えのある方も多いのでは無いでしょうか...?実は、国民的ドラマのワンシーンで使われていたんです!

また「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」では、ワールドプレミア・ジャパンプレミアや舞台挨拶が多数行われています。
東京国際映画祭会場、フランス映画祭の会場の1つにもなっているほど国際進出しているんです♪

【SCREEN7】TOHOシネマズ最先端の技術を体感しよう!

aumo編集部
2Fにある「SCREEN7」には、舞台挨拶にも使われる、独自規格のラージスクリーン「TCX」!業界の著名人が立った空間と同じ場所にいると思うと、思わず震えちゃいます…!

また、音が365°、つまり全方向から聞こえる立体音響を体験できるんです!初めて聞いたときは、身の危険を感じるほどド迫力でしたよ…!

スクリーンだけじゃない!豊富な座席の数々

aumo編集部
「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」の「SCREEN7」は、座席の種類も数も豊富なんです!座席数は、車椅子席2席を含め523席!他スクリーンと比べると驚愕の多さ!

また、他には無いスペシャルな座席が豊富に用意されています☆お次はその紹介を行います!

巨大スクリーンの目の前で贅沢に☆「プレミアラグジュアリーシート」

aumo編集部
フットレスト付きの革製の電動リクライニングシートで、より贅沢な空間で映画鑑賞が出来るのがこの「プレミア ラグジュアリー シート」。
足元が電動で動き、寝っ転がった体制で観ることができます♪

家でゴロゴロしながら観る映画もいいですが、映画館でもゴロゴロできるなんて夢みたいですね♪

最前列で目の前が画面でいっぱい!「フロントリクライニングシート」

aumo編集部

※写真と実際のシートは別ですが似ています。

座席の最前列に配置されたこの本シートならではの大迫力を体感出来る「フロントリクライニングシート」。国内屈指の巨大スクリーンを目の前で独占できちゃいます!

周りを気にすることなく楽しめる!映画館を独り占めした気分に…♪

横の人の動きも気にならない!「プレミアボックスシート」

aumo編集部
さらには、長時間の鑑賞でも疲れを感じさせないレザーシートに、シートを1席ずつ区切るプライベート空間を創り出してくれる「プレミア ボックス シート」も。荷物置き場もあり、贅沢なプライベート空間で鑑賞することができます♪

このように、映画に没入できる環境が整っているのが「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」。せっかく映画を観るなら、これだけの魅力がたくさん詰まった「SCREEN7」で鑑賞したいですよね!

また、「SCREEN8」にはなんと、座席が動く体感型アトラクション「MX4D」もあるんです!ゆっくり映画鑑賞というより、映画の世界に入りたい!スリルが欲しい!という方におすすめです♪

気になる料金はこちら↓

【料金情報】
<一般>¥1,800
<大学生>¥1,500
※学生証をご提示いただく場合がございます。
<高校生>¥1,000
※学生証をご提示いただく場合がございます。
<中/小学生>¥1,000
<幼児(3才~)>¥1,000
※一部作品において2才より幼児料金をいただく場合がございます。

<プレミアラグジュアリーシート>ご鑑賞料金+¥3,000
<プレミアボックスシート>ご鑑賞料金+¥1,000
<DOLBY ATMOS 追加料金>ご鑑賞料金+¥200
<MX4D® 追加料金>ご鑑賞料金+¥1,200
※身長100cm未満の方はご鑑賞いただけません。

※上記は全て税込価格です。

【開館時間】
10:00~23:00(最終入館 22:30)
金・土・休前日 25:00まで(最終入館 24:00)

映画の後は、夜景を楽しむのもオススメ◎

aumo編集部
映画を観終わった後は、作品の余韻に浸りながら夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか♡

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」と隣接している「六本木ヒルズ展望台東京シティビュー」では、全方位における東京の夜景を贅沢に楽しむ事が出来るんです!

さらに展望台内には、夜景を観ながらくつろげるソファーやカウンター席もあるので、素敵な時間を過ごせること間違いなし!

夜景をバックに映画の感想を語り合う…ロマンを感じずにはいられません♡

六本木ヒルズの映画館「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」に今こそ行ってほしい!

映画鑑賞。それはすべての人々のロマンが詰まった、日本が誇るサブカルチャーの1つ。

最近はネットで気軽に映画鑑賞ができるため、映画館離れする人は多いですよね。そんな今だからこそ、映画館は工夫を凝らして生き残ろうとしているんです!

その結果、映画は「観る」を超えた一種の「アトラクション」となりつつあります。

シネマコンプレックス界を牽引する代表的映画館「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」で、映画館の革命をぜひ肌で感じてみてくださいね♪
あわせて読む
六本木でディナー!カジュアルだけどおしゃれなおすすめ11選
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ミスド福袋2021の中身を徹底予想!発売日や予約はいつ…
    kabutan
  2. 2【2020年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  3. 3【楽天スーパーセール】開催日が決定!事前準備や最大44…
    t0shi_22
  4. 4【2020最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama
  5. 5【最新】GoToトラベルキャンペーンはいつまで?地域共…
    chanyama