水族館もある!1日遊べる、葛西臨海公園の魅力を大解剖♡

皆さんは葛西臨海公園をご存知でしょうか? 東京でも大きめの面積を誇る江戸川区に所在し、江戸川区民の憩いの場所として慣れ親しまれてきた都立公園です。そして水族館やバーベキュー場、観覧車もあり、訪れれば1日遊びきれる場所として江戸川区民はもちろん、様々な方が遊びに訪れるスポットでもあるんです♡そんな葛西臨海公園を生まれも育ちも江戸川区、幼少期から慣れ親しんで育った筆者が、徹底紹介したいと思います♪水族館だけでない魅力の満載さに行ってみたくなること間違いなしですよ!

最初はもちろん、定番の葛西臨海水族園からご紹介

aumo編集部

葛西臨海公園に訪れたら、絶対に外せないのがやはり一番有名な「葛西臨海水族園」!
葛西臨海水族園は1989年に開園し、その展示のボリューム度や小学生までは無料、大人でも¥700という格安の入場料であるという魅力から、子どもから魚マニアの大人まで愛され続けている水族館です。
建物は建築家、谷口吉生氏が設計したとってもお洒落な外観です。
一見こじんまりしていて小さな水族館なのかな?と思いがちですが、中は広々としていて多数の水槽が!

aumo編集部

水槽はテーマ別に分かれており、各テーマごとの水槽で異なる印象となっています!
こんな、まるで絵画のように壮大で美しい水槽もあれば

aumo編集部

こんな可愛らしいペンギンを間近でみることができたり、

aumo編集部

こんなちょいグロな面白生物まで!
まさに子どもから大人まで楽しめる水族館なんです♡

※写真はイメージです

そして何と言っても葛西臨海水族園の見どころなのが、マグロの大水槽!
ひと昔前には、マグロが大量死してしまったことがニュースにもなりましたが、今はそんな水槽も復活し大量のマグロたちが優雅に大水槽を泳ぎ回っています!

筆者が訪れた際は残念ながら人が多く、写真を撮ることは叶いませんでした…汗
ですがその人気が、葛西臨海公園の目玉スポットであることを物語っています!
一見の価値ありなスポットです♪

食事も園内で楽しめる♡

aumo編集部

園内ではもちろんレストランもあります!
全面ガラス張りの開放感のある店内で、セルフ式でオムライスやパスタ、ラーメンなどを食べることができます☆
テラス席もあるため、景観を楽しみながらお食事したい方におすすめです。
またベビー用シートなどもあるため家族連れでも、ゆったりと食事をすることができて◎

aumo編集部

こちらのお子様ランチは、子どもに大人気のメニューです!

広々とした敷地でBBQやピクニックもできちゃう♡

この広々とした敷地と緑は都内でもなかなか味わえないクオリティ!
東京でも面積が比較的広めな江戸川区ならではですね♪
海沿いなので海風が吹いており、風が気持ちいい♡

BBQ場もあるので、BBQ目当てに訪れる方も多いんです。
BBQをしなくてもゴロゴロと寝転がったり、ご飯を食べたり、ボール遊びなど様々な過ごし方をできるのも葛西臨海公園の魅力の1つです!

最後の決め手はやっぱり、観覧車♪

aumo編集部

葛西臨海公園のご紹介として最後にぜひお届けしたいのが「ダイヤと花の観覧車」!
都内の観覧車の中では比較的大きめなこちらの観覧車、周りに大きな建造物がないので見晴らし抜群♡
東京湾や東京全体が一望でき、まさに東京の絶景♪
夜に乗れば、夜景を一望できカップルにもおすすめです!

高いところが苦手!なんて人は、外から夕陽と観覧車のコントラストを見るのもおすすめです♪
その大きさと観覧車越しに映る夕陽、東京湾に感動してしまうこと間違いなしです!

葛西臨海公園で1日を遊び切ろう♡

いかがでしたか?
今回は葛西臨海公園の魅力についてご紹介しました!
水族館はもちろんのこと、たくさんの魅力に溢れる、葛西臨海公園。
ぜひあなたも訪れてみてくださいね♪

この記事を書いた人

関連タグ