1ヶ所で四国を満喫!?四国4県の魅力が集まる香川県四国村

源平合戦の古戦場「屋島」の麓にある古建築をテーマとした博物館「四国村」のご紹介です。 四国村は香川県のみならず四国各地から移築された多くの建造物が敷地内の至る所に展示してあります。
この記事の目次

徳島県の観光名所 かずら橋がお出迎え

tatatarin
入場ゲートを入ると早速、四国を代表する観光名所の一つ徳島県のかずら橋が出迎えてくれます。徳島県のかずら橋まで行けないという方にはオススメです。

小豆島の農村歌舞伎舞台

tatatarin
地元の人々が役者になり、演じたと農村歌舞伎。その歌舞伎舞台をそのまま移築されています。瀬戸内の島の文化と歴史を同時に学ぶことができます。

海上の交通の要所 瀬戸内海ならではの燈台退息所

tatatarin
昔から海上交通の要所として栄えた瀬戸内海には多くの島に灯台が設置してあります。四国村にも各島の歴史ある灯台と灯台守りの宿舎が展示されています。

四国村ギャラリーからは高松市内が望めます

tatatarin
四国村の中には安藤忠雄さんが設計した美術館「四国村ギャラリー」があり美術品の鑑賞ができます。また四国村ギャラリーは屋島の中腹に位置するので、高松市の市街地を望むことができます。

四国4県の歴史と文化を学ぶことができる四国村

tatatarin
一箇所で四国の文化と歴史を学ぶことのできる四国村。難しいことを考えずにどこか懐かしい雰囲気を味わいながら、ぜひ1日で四国の名所を贅沢に満喫してみてください。
人気
その他
四国村
香川県高松
★★★★★
★★★★★
4.02
3件
15件
四国村 1枚目四国村 2枚目四国村 3枚目
屋島ドライブウェイの登り口にあり、屋島山麓のゆるやかな斜面をうまくとり入れた約1kmの遊歩道に沿って、主として江戸時代の四国の人たちの暮らしをうかがうことのできる23棟の民家を移築復元している。 珍しいものでは、祖谷のかずら橋、小豆島の農村歌舞伎などもある。四国村の一角に、江戸時代末期の茅葺きの農家を移築し、店内も昔の姿そのままに評判の讃岐手打ちうどんを楽しめる。いりこだしをベースとした特製ダシや、生地を存分に生かした釜揚げうどんを中心としたメニュー。神戸の異人館を移築した喫茶店もあり。室内の家具調度品はすべてイギリスから取りよせた約1世紀半ほど前のもの。
利用シーン
穴場雨の日紅葉
住所
香川県高松市屋島中町91
アクセス
(1)屋島駅から徒歩で
営業時間
公開:4月~10月 8:30~18:00 公開:11月~3月 8:30~17:30 休業:年中無休
ユーザーのレビュー
香川県5投稿
marco14450
時間がなかったので見学はできませんでしたが四国村は、四国の色々な地域にある古民家を移築・復元した野外博物館です。広い敷地内には文化財に指定されている民家を含め、江戸~大正期の色々な形の建物が並んでおり、当時の雰囲気を間近で感じることができるそうです。カズラ橋などもあり今度は是非見学したいです。
投稿日:2022年12月16日
eijisss
四国中の歴史的建造物が集められた施設です。各建造物は現地からパーツに分解して、この場所で組み立て直して設置しているらしいです。丘状になっているため軽いハイキングくらいの運動量になります。頂上からはいい眺めを臨めます。入口付近のうどん屋はかなり混雑しているため時間をずらした方がいいと思います。
投稿日:2022年9月11日
香川県200投稿
みぃ
四国村のかずら橋は祖谷のかずら橋と比べて小さく池に架かってます😊祖谷のかずら橋は高さあり長くて怖い。四国村のかずら橋は楽勝と思いましたが、、隙間が半端なく😅渡れなかった💦💦
投稿日:2022年1月22日
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2023年2月1日

  1. 1【2023年2月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
    chanyama
  2. 2【Qoo10メガ割】2023年次回開催はいつ?お得なク…
    ytim09
  3. 32月1日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)のお…
    chanyama
  4. 4日本初!3階建てのメリーゴーラウンドがオープンしたハウ…
    mk0211
  5. 5【比較21選】マイナポイント紐付けにおすすめの決済サー…
    kabutan