【旅のしおり】イタリア・ヴェネツィアで”これだけはしたい”3つのこと

まるで、街全体が水に沈んでいるかのような不思議な街、ヴェネツィア。訪れれば、まるでおとぎ話の中に迷い込んだような気分にさせてくれるだろう。今回は、そんなイタリア・ヴェネツィアの魅力を楽しんでいただくために“これだけはしたい”3つのことをご紹介する。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

ヴェネツィアの中心部「サン・マルコ広場」で歴史を感じる

ヴェネツィアの中心部に位置する「サン・マルコ広場」は迷路のように入り組んだヴェネツィアのシンボルともなっている。

広場には、「サン・マルコ寺院」や「大鐘楼(だいしょうろう)」などの歴史ある名所が建ち並ぶ他、お洒落なカフェやレストランもあるため、観光の合間に休憩をすることもできる。

ヴェネツィアを訪れたら、ぜひシンボル的な場所「サン・マルコ広場」を訪れてみてほしい。
サン・マルコ広場

“水の都”ヴェネツィアを一望する「カナル・グランデ」を巡る

イタリアの北東部に位置するヴェネツィアは、”水の都”とも呼ばれ、街中を運河や水路が巡っている。

そんなヴェネツィアを訪れたら、必ずと言っていいほどするべきことが、ゴンドラや水上バスに乗って街を観光することだ。
中でも、ヴェネツィアの象徴ともいえる大運河「カナル・グランデ」は、長さ約3,800mにもおよび、水辺から建物を一望することができる。

「カナル・グランデの建築群」は、その美しさから世界遺産にも登録されているほど。
日中と日暮れでは魅せる姿も全く異なり、いつ見ても飽きさせない絶景だ。
「カナル・グランデ」には、4つの橋が架かっており中でも最も古く有名なのが「リアルト橋」である。

「リアルト橋」の上には土産物店などが建ち並んでいるため、多くの人で賑わっている。
水辺からだけではなく、橋の上からゴンドラが「カナル・グランデ」を行き交う光景を眺めるのも良いかもしれない。
Ponte di Rialto

「ブラーノ島」で旅の思い出をカラフルに

17もの島から成り立っているヴェネツィア。
その中でも、カラフルな建物が特徴的で異彩を放っている「ブラーノ島」をご存じだろうか?
霧が出やすい「ブラーノ島」では、漁師が自分の家を見分けるための目印としてカラフルにペイントしたという背景がある。

見渡す限りフォトジェニックな「ブラーノ島」は、旅の思い出を写真に収めるのにぴったりな場所。
ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。
ブラーノ島

せっかくの海外旅行、思う存分楽しみたい

イタリアの都市の中でも”水の都”と呼ばれ、ひと際美しさを放つヴェネツィア。
今回はそんなヴェネツィアで“これだけはしたい”3つのことをご紹介した。
ヴェネツィアを訪れる際は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがだろうか。

※実際に海外旅行をされる場合には、外務省 海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/)のご確認をお願いいたします。

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 120周年の新「生茶」が届けるおいしさに満たされる時間
    aumo編集部
  2. 2【スタバ】元店員が伝授するおすすめのスタバマイタンブラ…
    mhp120
  3. 3「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner
  4. 4【広島】1度は行ってみたい♡ベラビスタスパ&マリーナ尾道
  5. 5名古屋でショッピングならここ!おすすめショッピングモー…