【発見!珍絶景】ウユニの秘密基地。街のはずれに眠る、蒸気機関車。

日本の裏側に位置する、南米ボリビア。そんな遠い地にミステリアスな雰囲気を漂わせ、大人心をくすぐる場所があった。それはまるで"秘密基地"のよう。ウユニの街はずれで、ワクワクするような体験をしてみてはいかがだろう。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

どこまでも続く砂漠地帯に敷かれた、1本のレール

ウユニの街からはずれた人気のない荒野の真ん中に、1本のレールが敷かれている。
どこかで聞いたような街の名前だと思う方もいるのではないだろうか。
あるいは"ウユニ塩湖"と言えば、スムーズに伝わるのかもしれない。
そんな人気観光地"ウユニ塩湖"から、レール沿いを20分ほど歩いてみると、あるものが見えてくる。

時が止まったかのように佇む「列車の墓場」

レールを歩いていると突如、赤錆びた列車が放置されているのだ。荒野に吹く風で、剥き出しの姿となったその外観から「列車の墓場」と呼ばれるようになった。

なぜ荒野の真ん中に列車が置かれているのか。
かつてここは資源の輸送のために鉄道が建設され使われていたが、時が経つと資源が枯渇し、列車はそのまま放棄されてしまったのだ。

役目を終えた後は、秘密基地に!?

本来の役目を終え無法地帯と化した列車は、ペイントが施されたり、ブランコが設置されたりとまるで"砂漠の秘密基地"。
ミステリアスな雰囲気に心をくすぐられ、大人でも童心に帰って遊んでみたくなりそうだ。

ウユニにこつ然と現れる、列車の墓場

ウユニ塩湖を目当てに訪れた途中こつ然と表すのは、青い空の下に眠る朽ちていく列車。
独特なオーラを放つこの光景を目にしたのならば、探検せずにはいられなくなりそうだ。
あわせて読む
人生で1度は見たい!! ウユニ塩湖の【奇跡の絶景】

Train Cemetery
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1転職市場への新型コロナウイルスの影響は? 採用に前向き…
    OVO(オーヴォ)
  2. 2【先着200名様へギフト券!】「#春」フォト投稿キャン…
    aumo編集部
  3. 3こんなティラミス見たことない!?泉北で見つけたティラミ…
  4. 4【有楽町】ガード下の飲み屋街はここが熱い!おすすめ居酒…
  5. 5【当選発表!】東京メトロオリジナルグッズをGETしたの…
    aumo編集部
  • aumo
  • 中南米
  • 【発見!珍絶景】ウユニの秘密基地。街のはずれに…