【日本庭園】ゆっくりと癒しの時間を。昭和レトロな柴又帝釈天♪

東京都葛飾区にある、あの「寅さん」で有名な「柴又帝釈天」。(※”東京観光公式サイト”より)浅草からも近く、外国人にも人気のお寺♪境内にある日本庭園も一緒にご紹介します!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

駅からの参拝ルート

Shoco_tabi
柴又駅を降りるとまず目に入るのは寅さんの銅像。昭和感漂うレトロな駅です。

柴又帝釈天の参道へ

Shoco_tabi
さらに道なりを進むと、帝釈天の参道が見えてきます。
Shoco_tabi
参道にたくさんの和菓子屋さんや飲食店が並ぶ中、こちらは「男はつらいよ」の撮影場所となったお団子屋さんの門前とらやさん!
Shoco_tabi
レトロな雰囲気の駄菓子屋さんもあり、つい懐かしいお菓子を探しに店内に入ってしまいます♪
Shoco_tabi
お正月には、だるまや縁起物が沢山並び、初詣にくるたくさんの参拝者で賑わいます。

いよいよ境内へ

Shoco_tabi
そして参道をまっすぐ進んで行くと、大きな柴又帝釈天の二天門が姿を表します。総欅造りの豪華な門で、日光東照宮の陽明門を真似たと言われています。(※”柴又帝釈天公式HP”より。)
Shoco_tabi
柴又帝釈天、正式名称「経栄山題経寺(きょうえいざんだいきょうじ)」は、1629年に開基されました。帝釈天で有名ですが、本尊は大曼荼羅です。

境内にある日本庭園、邃渓園(すいけいえん)

Shoco_tabi
庭園に見える滝が幽邃でもの静かな様からつけられた名前なんだとか。昭和40年、永井楽山翁という関東で有名な造園師が完成させました。(※”柴又帝釈天公式HP”より)
Shoco_tabi
入り口を進むとまっすぐ伸びる廊下。風情ある畳の廊下に、参拝客は一瞬にして引き込まれてしまいます。
Shoco_tabi
お庭の周りをぐるっと一周できるようになっています。
Shoco_tabi
廊下の途中には御神水もあるので、手を清めてみるのも良いですね♪
Shoco_tabi
休憩スペースもあるので、ひたすらぼーっとするのもありですね☆

お寺でゆっくりと時間を過ごしませんか?

Shoco_tabi
浅草から乗り換えで約25分とアクセスも良好で、かなりおススメ♪観光場所に迷ってる方は是非、訪れてみてください☆
柴又帝釈天
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2021年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品20…
    chanyama
  2. 2【6月14日最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【2021最新】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗から…
    Nalumi_uyu
  4. 4Netflixの料金プラン解説!値上げ後のプラン変更と…
    Nalumi_uyu
  5. 5【2021最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品24選…
    chanyama