不思議な食感、生の焼メレンゲ!? フランスの伝統菓子・生ロカイユを召し上がれ♡

サクサクとした食感の焼きメレンゲ菓子なのに”生”って?今回は南フランスの老舗パティスリー「La maison JOUVAUD(ラ・メゾン・ジュヴォー)」をご紹介いたします。
この記事の目次

南プロヴァンスで70年以上続く老舗パティスリーが京都駅に!

snowe328

南仏で親子三代に渡って続いている老舗のパティスリー「 La maison JOUVAUD(ラ・メゾン・ジュヴォー)」。
プロヴァンスの伝統菓子をベースに様々なスイーツを提供しています。
2003年から日本で広尾、名古屋、京都祇園と展開していますが、2018年12月に京都駅にもオープン!
朝早くから夜遅くまで開いていて、京都駅のすぐ傍なので、利用しやすい立地が嬉しいです。

外はサクサク、中はネッチリ、楽しい食感のメレンゲ菓子♡

snowe328
snowe328

今回ご紹介したいのが、「生ロカイユ」¥324(税込)!
"ロカイユ"とは"岩"という意味で、メレンゲにナッツを入れて焼いたこのお店独自のお菓子なのだそう。
焼いているのに生ってどういうこと!?と興味津々で注文してみると、外はサクサクなのに内側はネッチリとキャラメルのようで不思議な食感!
かじると中のナッツがアクセントになっていて、美味しいだけでなく口当たりが楽しいお菓子でした。

プチガトーやショコラも充実♡

snowe328
snowe328

美しいケーキや素朴な焼き菓子、ショコラやマカロンにギモーブ、クロワッサンやキッシュなどもあるので、テイクアウトでお土産にしたり、イートインでブランチを楽しんだり、駅近なのでいろんなシーンで活躍しそうです。
ぜひ伝統のプロヴァンスの味を楽しんでみてください♡

ラメゾンジュヴォー ジェイアール京都伊勢丹店 (…
※掲載されている情報は、2019年09月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2019年】新宿花園神社の「酉の市」を徹底解説!時間…
  3. 3京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  4. 4【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新26選…
    yuri1020
  5. 5新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…