家族でエンタメホッピング!水族館からボウリング場までそろう品川プリンスホテル

ファミリーの皆さまご注目!「まとまったお休みが取れない」「子どもを連れて遠出するのは少し不安」などのお悩みをお持ちなら、1泊2日でも遊び尽くせる東京ステイはいかが?東京の玄関口としてそびえる『品川プリンスホテル』は、ホテル&エンターテインメントの融合をテーマにした大型シティホテル。水族館から映画館、ボウリング場までたくさんエンタメ要素が詰まっているので、短い時間でも存分に楽しめます!本記事では、とあるファミリーと一緒に1泊2日のモデルプランを紹介します。

Information本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

提供:品川プリンスホテル
この記事の目次

【Day1-1】『品川プリンスホテル』にチェックイン

品川駅から徒歩約2分!アクセスもラクラク便利

aumo編集部
土日を利用して『品川プリンスホテル』にやってきたMさんファミリーと共に、モデルプランをご案内!東京屈指のハブステーションである品川駅からは、なんと徒歩約2分の立地。

7才と3才の子どもたちの足でも歩いてアクセスしやすいので、子育て世代のステイにも助かりますね!
aumo編集部
エントランスでは、ドアマンのお姉さんが優しく出迎えてくれました。

子どもたちも元気よく「こんにちは!」と、ご挨拶。

これから始まる1泊2日、子どもはもちろん、パパとママも童心にかえってとことん“エンタメホッピング(エンタメはしご)”を楽しんじゃいましょう!

品川駅を24時間見おろす「トレインビュー」の客室

aumo編集部
フロントでチェックインを済ませたら、いよいよ今夜泊まる客室(メインタワー ツインルーム)へと向かいます。

入った瞬間、子どもたちが「わあっ!」と歓声を上げながら駆け寄ったのは、品川駅を見おろす大きな窓。線路にはちょうど新幹線が走っており、これには子どもたちも大興奮!

また、目線を移せば、駅を行き交う人々や高層ビル群なども眺めることができ、品川の街全体がミニチュアになったかのような感覚になります。

いつまでも眺めていたい壮観な景色ですが、ひとまず夜のお楽しみにとっておくこととして、エンタメホッピングへと繰り出しましょう。

「東京タワービュー」の客室

aumo編集部
ちなみにトレインビューのほか、大きな窓から東京の街を見渡せる「東京タワービュー」も用意されています。

窓からは天高くそびえる東京タワーやたまに上空を飛んでゆく飛行機など、24時間通して大都会の姿を楽しめます。

ご家族の好みに合わせて、お部屋の風景を選んでみては?

また、おでかけ途中で疲れたら、客室に戻って休憩できるのも魅力のひとつですよね。「おうちはどっち方面?」なんて、ファミリーで東京の街並みを眺めながらまったり過ごすのも楽しそう!

【Day1-2】『T・ジョイ PRINCE 品川』で映画の世界に没入

aumo編集部
夕方からはホテル敷地内にある映画館「T・ジョイ PRINCE 品川」でお待ちかねの映画鑑賞!

こちらは全11シアターを備える大型映画館で、臨場感満点の「IMAX®デジタルシアター」や、ファミリーにもおすすめのゆったりとした「ペアシート」、一席ずつ区切られた「プレミアシート」など映画の世界に没入できるサービスが盛りだくさん

あらかじめ予約していたチケットを発行し、映画鑑賞のお供のポップコーンとドリンクを買い込んだら準備は万端です。
aumo編集部
「初めての映画、楽しかった?」の問いかけに、全員で元気よく「はーい!」。

客室まで5分とかからない立地なので、帰りのことを気にせず身軽に楽しめるのもポイントです。

さて、子どもたちは映画に集中して見入っていた分、お腹が空いてきたよう。そろそろとっておきのディナーへと向かいましょう。

T・ジョイ PRINCE 品川
品川
★★★★★
★★★★★
-
0件
0件
外部サイトで見る
星評価の詳細

【Day1-3】『LUXE DINING HAPUNA』にて南国ムードの中で美食ビュッフェを味わう

aumo編集部
一家がディナーに向かったのは、音と光、映像の演出によってハワイのリラクシングなムードがかもし出されている『LUXE DINING HAPUNA(リュクス ダイニング ハプナ)』

エントランスに入ると、天井高約9mの広大な空間が出迎えてくれました。あたりには流れ落ちる水音が鳴り響き、まるで本当に南国に迷い込んでしまったみたい。
aumo編集部
こちらのレストランはブッフェスタイルでの提供となっているため、各々が食べたいものをピックアップできます。料理をひと通りテーブルに並べたら、さっそくいただきましょう!
aumo編集部
ピンチョスや冷製スープ、ミニハンバーガー、ボロネーゼのパスタなどなど……。

スタイリッシュな美食が並ぶ中でも、とくにレストランの看板メニューである「ローストビーフ」は長男くんをとりこにした模様。

目をキラキラと見開き、ひたすら爆食中です。新しいお気に入り料理ができてよかったね!
aumo編集部
食事を平らげたら今度は色とりどりのジェラートに目を奪われる長男くん。

バニラやストロベリー、ピスタチオにブラッドオレンジといった人気フレーバーがラインアップする中からストロベリーをオーダーしました。

ママに頼まれた分も忘れずに無事ゲットでき、パパも満面の笑みを浮かべます。こうしたスタッフさんとのコミュニケーションも、子どもにとっては忘れられない思い出のひとつになるんですよね。
aumo編集部
一方女性陣はショーケースのカラフルなスイーツに釘付け。

パティシエこだわりのゼリーやケーキ、タルトなどが所狭しと並んでおり、長女ちゃんも指差し確認が止まりません(笑)。
aumo編集部
お気に入りのケーキをたっぷりとお皿に載せて頬張れば、幸せ気分も倍増!

いつもとは違う子どもたちの表情が楽しめるのも、旅ならではの醍醐味ですよね。お腹がいっぱいになったら、今夜は客室に帰って夜景を見ながらゆっくり過ごしましょう。

明日もたくさんお楽しみが待っています。

リュクス ダイニング ハプナ
品川/魚介料理・海鮮料理、イタリアン、バイキング
リュクス ダイニング ハプナ  1枚目
リュクス ダイニング ハプナ  2枚目
リュクス ダイニング ハプナ  3枚目
★★★★★
★★★★★
4.19
7件
27件
-
-
無休
住所
〒108-8611 港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル メインタワー 1F
アクセス
京急本線 品川駅から159m JR京浜東北線 品川駅から256m JR山手線 品川駅から256m
営業時間
朝食月~日・祝06:00~10:00ランチ月~日・祝11:00~15:00ディナー月~金17:30~22:00土・日・祝17:00~22:00(季節により特別営業や時間帯の変更がございます。)日曜営業
品川プリンスホテルにある「リュクスダイニング ハプナ」へ家族で行ってきました。コロナの影響を踏まえ新たに衛生・消毒基準を策定、導入し新たにリニューアル従来のビュッフェ形式とは違いスタッフの方がワゴンで回ってきて私達が選び欲しい物を提供してくれます。以前からの名物メニューローストビーフ&茹で蟹もあり和洋中、スイーツと種類も多数あり美味しく楽しい時間を過ごせました♪予約制なので店舗に確認してみて下さいね(^-^)/ランチは今はお休みでディナーのみだそうです。ディナーは土日祝日は17時からの入れ替え制です。120分食べ放題&ソフトドリンク飲み放題平日ディナー7150円土日祝日ディナー 7700円アクセスは品川駅高輪口です。
ご褒美や記念日のビュッフェ数年ぶりに品川プリンスホテル内にある、ハプナへ行きました!品川プリンスは思い出の地なので久しぶりにビュッフェ楽しめて良かったです☺️相変わらずクオリティ高くて、たくさん食べて大満足!
公式サイトアイコン

公式サイト

詳細を見る

ネット予約可能な外部サイトで見る
ポイント貯まる

詳細を見る

ポイント貯まる

詳細を見る

その他の外部サイトで見る

【Day2-1】『マクセル アクアパーク品川』生きものに出会い触れ合える

光と音が織りなす幻想的な「ジェリーフィッシュランブル」の世界

aumo編集部
2日目は朝食とチェックアウトを済ませたら荷物を預け、併設の水族館『マクセル アクアパーク品川』へと遊びに出かけましょう!

こちらの水族館の見どころの1つである「ジェリーフィッシュランブル」は、音と光の演出のなか、クラゲがゆらゆらと漂う幻想的な空間です。

子どもたちはライトの色に合わせ、青、ピンク、赤……と見た目が変わってゆくクラゲたちが不思議で仕方ないようです。
aumo編集部
水槽越しに撮影すれば、水中世界に入り込んでしまったかのようなフォトジェニックな1枚が撮れますよ。ぜひここでは、フォトジェニックな思い出作りに挑戦してみてくださいね。

天窓からの自然光が差し込む「ワンダーチューブ」

aumo編集部
続いての「ワンダーチューブ」は、天窓からの自然光が差し込む長さ約20mの海中トンネル。水中世界を180℃楽しめるとあって、写真を撮ったり、ぼーっと眺めたりと、お客さんが思い思いに過ごす場所となっていました。
aumo編集部
水中世界を味わえるだけでなく、実は珍しい展示が楽しめるのもこちらの魅力。

世界でも珍しいドワーフソーフィッシュをはじめ、東日本ではレアなナンヨウマンタ、形や模様の異なる10種類のエイなど、水槽にはさまざまな珍しい生きものたちが飼育されています。

「見て、あのギザギザの頭!」水槽を縦横無尽に泳ぐドワーフソーフィッシュに、ファミリーみんなも釘付け。でも、お楽しみはまだまだたくさん待っています。

「ペンギンコーナー」では目の前にペンギンがダイブ!

aumo編集部
次にやって来たのは、4種類の異なるペンギンたちが暮らすコーナー

胸元から耳にかけてオレンジ色の模様が特徴のオウサマペンギン、オレンジ色のくちばしと足が特徴のジェンツーペンギン、頭部に飾り羽を持つキタイワトビペンギン、黒い帯のような胸の模様を持つケープペンギンと、一口に“ペンギン”といっても個性は実にさまざまです。

また、生きものたちの生態が観察しやすいように展示が工夫されており、階段上からは陸上の様子を、階段下からは水中の様子をそれぞれ眺めることができます。

パパと長男くん、長女ちゃんが階段下へ降りると、早速2羽のジェンツーペンギンが水中へダイブ!目の前で泳ぎを披露する歓迎を受けました。
aumo編集部
レンズが不思議だったのでしょうか。スマホを向けると、近寄ってきてジーーっと凝視、とにかく凝視(笑)。

おかげで撮れ高もバッチリです!

水族館のアイドルと触れ合う「イルカにタッチ」

aumo編集部
「マクセル アクアパーク品川」は幻想的なドルフィンパフォーマンスでよく知られる水族館。「イルカにタッチ」イベントも密かに人気を博していることはご存じでしたか?

Webから事前申し込みを行えば、1名あたり900円(税込/小学生以上)で至近距離からイルカにタッチできるのです。

このイベントを楽しみにしていた長男くん。想像以上のイルカの大きさに腰がひけつつも、タッチ&ピース(笑)。

※2023年7月時点の価格とプランです。変更になる場合があります。
aumo編集部
ちなみに小学生未満のお子さまも、1名につき付き添いの大人が1名いれば無料でタッチが可能です。

という訳で長女ちゃんとママも、満面の笑みでイルカと一緒にパシャリ。

オプションで記念写真の販売もあるので、ファミリーでおでかけの際はぜひ思い出作りに利用してみてはいかが?

マクセル アクアパーク品川
品川/水族館
マクセル アクアパーク品川 1枚目
写真提供:アソビュー!
マクセル アクアパーク品川 2枚目
写真提供:アソビュー!
マクセル アクアパーク品川 3枚目
写真提供:アソビュー!
★★★★★
★★★★★
4.46
31件
132件
住所
東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
アクセス
(1)羽田空港から約30分。東京駅から約20分。銀座から約15分。 (2)【五反田出口より】首都高速中央環状線  高速を降りたら山手通りを直進 西五反田1丁目を左折(車 桜田通りへ) 高輪台を斜め前方右方向 高輪三丁目を右折 2つ目の信号を右折 (3)【目黒出口より】首都高速2号目黒ランプ  高速を降りたら左折、目黒通りに出る 5つ目の信号を右折(八芳園角)そのまま進行 第一京浜に出たら右折 品川駅前より品川プリンスホテル前を通過し1つ目の信号でUターンしホテル入口へ (4)【芝公園出口より】首都高速都心環状線内回り  出口信号右折、1つ目信号右折、しばらく直進 第一京浜を右折しそのまま直進 品川駅前より品川プリンスホテル前を通過し1つ目の信号でUターンしホテル入口へ (5)【芝公園出口より】首都高速都心環状線外回り  高速を降りたら左折、2つ目信号右折、しばらく直進 第一京浜を右折しそのまま直進 品川駅前より品川プリンスホテル前を通過し1つ目の信号でUターンしホテル入口へ (6)【大井南出口より】首都高速湾岸線東行き  高速を降りしばらく直進、左手に品川方面標識あり 標識を道なりに左折、右折ししばらく直進、 2つ目の信号を左折(五反田方面)、第一京浜を右折しそのまま直進 (7)【大井出口より】首都高速湾岸線西行き  高速を降り400メートル直進、右手に品川方面標識あり 標識を右折しその先道なりに右折し しばらく直進、2つ目の信号を左折(五反田方面)、第一京浜を右折しそのまま直進
営業時間
営業時間:9:00~22:00(7/10(金)~8/31(月)、9/19(土)~9/23(祝・水)) 営業時間:10:00~22:00(9/1(火)~9/18(金)、9/24(木)~3/31(木))受付時間:最終入場は営業終了時間の1時間前となります。その他:営業時間は予告なく、急遽変更となる場合がございます。また貸切営業などで入場いただけないこともございますので、あらかじめご了承ください。
2年ぶりに、マクセルアクアパーク品川に来ました。暑い💦日でも涼しくすごするからかかなり混雑してました。前売り券で、アトラクション付きで2700円でした。当日券よりは何百円かお得な様ですぐ入れるから便利です。ペットボトルは一本200円はしますから持ち込んだほうが良いですね。
マクセルアクアパーク品川!水族館は神秘的ですね。何度行っても良い場所。平日に行きましたが、賑わってましたね!品川プリンスホテル内にあり、品川駅から徒歩5分以内で着くので、アクセスも良いですね!また行きます。
外部サイトで見る
星評価の詳細

【Day2-2】「品川プリンスホテル ボウリングセンター」でゲームに白熱!

aumo編集部
ファミリーが最後のアクティビティとしてやって来たのは、2フロア、80レーンからなる「品川プリンスホテル ボウリングセンター」

なんと、ファミリーでのボウリングは今回が初めてなのだそう!果たして子どもたちは気に入ってくれるでしょうか?

「穴にそれぞれ指を入れて。気をつけて持つんだよ」パパからレクチャーを受け、長男くんもボウリングにいよいよ挑戦です!
aumo編集部
初めての投球で見事10本中3本のピンを倒した長男くん、お見事!

2回目からは自らボールを取りに駆け寄っていくあたり、しっかりハマったご様子(笑)。
aumo編集部
今度はパパが腕前を披露する時間。

初投球で7本、2回目の投球で2本ピンを倒し、残るは1本のみ!

文句なしの上級プレイに、ファミリーみんなから拍手喝采です。
aumo編集部
三番手は、ママと長女ちゃん。うんしょ、うんしょ、と2人がかりでボールを運ぶ姿が可愛すぎて、スタッフも満面の笑み(笑)。

ボールが2人の手元を離れ、ゆらゆらとレーンを進んでいきます。結果は果たして……?
aumo編集部
2本のピンを倒せました!初めてのボウリング、大成功だね!
aumo編集部
小腹が空いたら、同フロアに併設の「フードコート 品川キッチン」からテイクアウト商品をお持ち込みするのもおすすめ。

みんな大好き、たこ焼きとピザをいただきましょう。ボウリングの様子を見ながら食べるアツアツのピザは絶品です。
aumo編集部
ピザを指差して「ンー!」と声を上げる次女ちゃん。

お姉ちゃんたちがピザを食べているのを見たら自分も食べたくなってしまったみたい(笑)。ボウリングこそできなかったけれど、分けてもらったピザの耳を頬張って“初めてのピザ”デビューを果たしました。

ファミリーにとって“初めて尽くし”となったエンタメホッピングは、何年経っても忘れられない思い出になりそうですね!

ファミリーの「好き」が必ず見つかる“エンタメホッピング”!

aumo編集部
1泊2日でもお楽しみが盛りだくさんだった今回の“エンタメホッピング”。

とくに初体験尽くしだった子どもたちにとっては、刺激的なステイタイムとなったよう。ファミリーみんなで楽しく思い出作りできるだけでなく、いろんな感情をも味わえるので、子どもの感性を育むのにはぴったりです。

さて、あなたの気になるアクティビティはありましたか?

上記にご紹介した過ごし方はほんの一例です。きっとそれぞれのファミリーに合った“エンタメホッピング”の形があるので、ぜひ『品川プリンスホテル』のHPを見ながらプランニングしてみてくださいね!

  • シェア
  • ポスト
  • 保存
※掲載されている情報は、2023年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2024年6月21日

  1. 1

    【2024年6月】ミスド食べ放題の実施店舗はどこ?メニ…

  2. 2

    海外キャッシングしたらすぐに返済が得?返済方法について…

    overflow
  3. 3

    JALカードの限度額はいくら?限度額の変更や越えた場合…

    overflow
  4. 4

    【2024年6月】SHEINのクーポンコード一覧!50…

    sora_sora
  5. 5

    【6月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のクー…

    chanyama