ディープな大阪散策?!長~い天神橋筋商店街を歩こう♪

    大阪にある「天神橋筋商店街」は全長約2.6km!日本一長い商店街と言われています。(※”大阪観光案内公式サイト”より)天神橋1丁目から7丁目まで長い商店街では色々なお店が並び、大阪らしい観光スポットも楽しめますよ。そして完歩すると「漫歩状」がもらえる無料スタンプラリーもあります。今回は大阪の生活感あふれる天神橋筋商店街をご紹介♪今や外国人観光客も押し寄せ、インターナショナルです?!(※掲載されている情報は変わる可能性がありますので、必ず事前にお調べ下さい。)
    この記事の目次

    天神橋1丁目からスタート!

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    まずはスタート地点で「申告札」となる用紙を頂き、スタンプを押してもらいましょう。筆者は大阪メトロ「南森町駅」から近い、1丁目からぶらり歩きスタート!平日の場合は「大賀天神薬局」で、日曜・祝日は「大阪天満宮」で申告札を頂けます。7丁目からスタートしても大丈夫です。

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    申告札にはスタンプ地点やマップが書いてありますから、初めて訪れた人にも分かりやすいです。ただ、写真にある7丁目の「あらもの西台商店」は閉店しており、平日は「カフェド・タイムリー」に変更されています。

    筆書はまず、気合いを入れるため(笑)大賀天神薬局で栄養ドリンクを購入!寄り道をしなければ完歩するのに約40分の距離、マイペースでのんびり行きましょう♪

    「天神さん」と親しまれている大阪天満宮へ

    gaya-sachiko

    商店街を歩き始めるとすぐ、日本三大祭の1つ「天神祭」で有名な大阪天満宮があります。

    大阪人からは「天神さん」と呼ばれ親しまれています。祀られている神様は菅原道真公(すがはらのみちざねこう)、有名な学問の神様ですが、それ以外も厄除け、縁結び、商売繁盛など色々とご利益があるんです!ぜひ立ち寄って下さい。

    大門の天井にご注目!十二支方位盤

    表門(大門)をくぐる時、天井を見上げると彩り豊かな十二支方位盤があります。

    それぞれの方位に十二支の動物が描かれていますが、「酉」の絵柄は「鶏」ではなく「鳳凰」になっています。これは道真公が太宰府に左遷される時に詠んだ「鳴けばこそ 別れをいそげ 鶏の音の 聞こえぬ里の 暁もがな」という歌が、鶏の鳴き声で無念の出発を急かされる悲しい心情であるため「鶏」を用いないと言われています。

    道真公が祀られている本殿へ

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    表門から入ると立派な本殿が見えます。まずは手水舎(ちょうずや)で手と口を清めましょう。

    二礼二拍一礼で神様にご挨拶をしてから散策です♪
    本殿の横には「登竜門」がありますので、受験生の方は必見です!
    登竜門を通り抜ければ必ず出世すると言われていて、普段は閉まっていますが「登竜門通り抜け参拝」の日のみ開かれていいます。

    縁結び、恋愛成就スポット♡星合池

    gaya-sachiko

    大阪天満宮の境内北側には「星合池」という恋愛スポットがあります♡
    池にかかっている橋の名前は「愛嬌橋」、この橋の上で出会った男女は、星の神秘的な力によって結ばれると言われています。

    また、毎年7月7日の「星愛七夕祭り」では恋人同士で渡ると厄払いになるそうです。
    池では亀がのんびり日向ぼっこ♪
    あれ?池の中には亀の他に何か見えますね~これは道真公が好んだとされる梅の花で、願い玉の的になっています。

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    愛嬌橋を渡ると茶店があり、そこで¥500を奉納すると「願い玉」が3つ頂けます。
    これは巫女さんが焼印を押しておられるとか…。

    この願い玉を池の梅めがけて投げてみましょう。うまく花びらに乗ると願い事が成就するそうです♡
    花びらの色によって成就する事が違いますよ~よく狙って下さいね!花の真ん中は全ての願いが叶う満願成就エリアです◎

    CAFE大阪茶会で日本茶を楽しもう♪

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    天神橋筋商店街にあるスタイリッシュなカフェ「大阪茶会」。

    厳選された緑茶や甘味が楽しめます。お店に入ると香ばしいお茶の良い香りです♪
    茶葉は全国各地から自分の好みに合った物が選べ、「セルフミキシング」と言って、自分で挽きたてのお茶を点てる事ができます。

    gaya-sachiko

    店内の大きな棚には日本各地の有名な焼き物がずらりと並んでいます。
    自分の好きな湯飲み茶碗が選べ、気に入った物が見つかれば購入することもできます。
    筆者は天神さんに因んで梅の花が描かれた湯飲みをチョイスしました。

    gaya-sachiko

    この日に頂いたのは「挽きたて緑茶セルフミキシング(和歌山のお茶)」と「栗トリビュート」。

    茶葉は朝宮茶(滋賀県)、丹波茶(兵庫県)、和歌山茶(和歌山県)、鹿児島茶(鹿児島県)の4つから選べます。
    栗トリビュートは冷やし善哉に白玉、抹茶がたっぷり振りかけられたソフトクリームにホイップクリーム、栗あんが盛り付けられています。
    フリーズドライされた小豆も付いていて、ポリポリと優しい甘さでお茶に良く合います。

    カフェ大阪茶会
    詳細情報を見る
    tabelog

    中間地点の3丁目へどんどん進みましょう!

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    天神橋2丁目のアーケード出入口には天神祭で行われる船渡御(ふなとぎょ)で御神霊(ごしんれい)を出迎える「お迎え人形」が飾られています。
    天満宮の表参道らしく、アーケードの天井には鳥居がぶら下がっています。よく見ると真朱(しんしゅ)、桔梗(ききょう)、浅葱(あさぎ)、萌黄(もえぎ)の4種類の色に塗り分けられています。

    gaya-sachiko

    3丁目のアーケードは天満宮と縁が深い梅の花です!可愛いですね~♡ 

    さて、中間地点の「たまいち土居陶器」に到着です。お店の方にお願いして申告札にスタンプを押して頂きましょう。
    筆者はその時に、一目で気に入ったヒョウ柄の有田焼のコーヒーカップを見つけました♪

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    4丁目☆英国気分でティータイム

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    4丁目ではテントウムシがお出迎えです。
    天神橋4丁目を略して「てんよん」と呼ぶのですが…。このテントウムシの点が4つになっていますね(笑)。

    ここでは本格的な英国風カフェ「西洋茶館(せいようさかん)」がオススメです♡
    店構えも商店街の並びとは雰囲気が違い、重厚な感じですね♪

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    店内は英国風のアンティーク家具や食器、小物が揃っていて、見ているだけで英国気分を楽しめます。
    紅茶やコーヒー、スコーン、自家製ケーキ、アフタヌーンティーなどメニューも豊富◎
    優雅なティータイムが過ごせます。

    gaya-sachiko

    こちらは英国のティータイムでは欠かせないお菓子ジンジャーブレッドと紅茶のセットです。

    スコーンはよく頂きますが、寒くなってきた時期は生姜風味のスパイシーなジンジャーブレッドが恋しくなります。ショーケースに並んだケーキも魅力的でした♡

    西洋茶館(セイヨウサカン)
    詳細情報を見る
    tabelog

    大阪グルメの激戦区!5丁目

    gaya-sachiko

    5丁目までやって来ると道幅が狭くなっていますので、人にぶつからないよう注意して歩きましょう。

    「JR天満駅」もすぐ近くにあります。
    この辺りお寿司屋さんが多いグルメ激戦区です!また、商店街から少し東側には安くて美味しいお店が集まり、「裏天満」と呼ばれる人気のエリアとなっています。

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    開店前から行列ができる人気のお寿司屋さん「春駒」や鰻の名店「魚伊」などコスパ良く、美味しいお店が並んでいます。朝から夜まで熱気あふれる天五で是非、お気に入りのレストランを見つけて下さい♪

    春駒
    詳細情報を見る
    tabelog
    炭焼きうなぎの魚伊 天五店
    詳細情報を見る
    tabelog

    ファッションも楽しめる!!

    gaya-sachiko

    お食事系が多い5丁目ですが、大阪ファッションも忘れてはいけません♪洋品店スエヒロは大阪マダムに大人気の豹柄…柄と言うよりもはや豹そのもの(笑)が描かれた洋服が豊富!お店の前を通るだけで豹、トラなど獣の視線を感じます~。

    洋服スエヒロ

    1番賑やかな通り「てんろく」こと6丁目

    gaya-sachiko

    大きな交差点が出入口の6丁目。アーケードはステンドグラス風でちょっとゴージャスです!

    大阪メトロ「天神橋筋六丁目駅」や大阪市の公社などがあり都会的な雰囲気です。すぐ隣に「住まい情報センタービル」があり、その8階にちょっと楽しい博物館があります♪

    大阪くらしの今昔館

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    大阪市立住まいのミュージアム8階にある「大阪くらしの今昔館」は大阪のくらしに関する歴史と文化をテーマとする博物館です。

    江戸時代後期から明治、大正、昭和の住居に関する資料や模型が展示されています。着物体験ブースがあり、男性も女性も施設内を着物で見学できますよ♪
    SNSの影響で外国人にも大人気の博物館です!

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    8階の入り口から10階へ続くエスカレーター。登っていくと時代も遡りタイムスリップしていきます!
    エスカレーターではちょっと上を見て下さいね~。江戸時代の人が壁から飛び出してますよ。
    大きな窓を覗くと、江戸時代のなにわの街を見下ろすことができます!

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    9階、ここは江戸時代!「なにわ町屋の歳時記」という展示場です。

    当時は「大阪」ではなく「大坂」と書いたそうです。大坂の賑やかな商家の店先が再現され、シアターやワークショップなども開かれ子供から大人まで楽しめます。

    筆者のオススメは入場口で¥100(税込)を支払いレンタルできる音声ガイド、桂米朝(かつらべいちょう)師匠のゆったりした口調で当時のなにわ文化を解説してもらえます◎

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    8階には明治、大正、昭和の大阪の街がジオラマで展示されています。かなり精巧です♡

    明治や大正の街並みや人々の生活が観察できます。天神祭の模型や、昔懐かしい足踏みミシンやラジオなども展示されていて、レトロな雰囲気です。

    大阪くらしの今昔館
    詳細情報を見る
    jalan_kankou

    ゴールに到着!7丁目

    gaya-sachiko

    いよいよゴール間近の7丁目「てんひち」です!

    この辺りからアーケードも無くなり商店もまばら…。でも心配せず進みましょう~!
    平日のゴール地点「カフェ・ド・タイムリー天神橋店」に到着です!コーヒーの良い香りがします~

    gaya-sachiko
    gaya-sachiko

    ゴールしました!お店の方にお願いしてスタンプを押してもらい、「満歩状」という賞状を頂きました♪
    名前もちゃんと書いて頂けますよ~♪

    満歩状が完成するまでに少し時間がかかります。お店の方も営業中ですからね。カフェに来たのだからコーヒーを飲まずにはいられない筆者です♡

    gaya-sachiko

    カフェ・ド・タイムリーでは店内でコーヒー生豆を焙煎しておられ、炒り立てのコーヒー豆も購入できます。
    店内にイートインスペースがあり、リーズナブルなお値段で本格的なコーヒーが頂けます。ドリンクの種類も豊富です◎

    日曜・祝日のゴールはこちら!!

    gaya-sachiko

    日曜・祝日のゴールはこちらです。青い看板が目印!洋菓子のお店「Alcyon(アルション)」です。
    大阪で人気のスイーツと紅茶のお店ですので是非、店内も見て下さいね~。モンブランケーキは特に絶品と有名です♡

    アトリエアルション(Alcyon)
    詳細情報を見る
    tabelog

    まだまだ新たな発見!ぶらり歩き

    gaya-sachiko

    いかがでしたでしょうか?
    天神橋筋商店街には約600店ものお店が建ち並び、何でも揃う!と言われています。

    まだまだ紹介しきれない面白いお店もたくさんあります。是非、商店街をぶらり歩きしてグルメやショッピングのお店を発見して下さいね♪

    ※掲載されている情報は、2018年11月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    1. 1【新宿ランチ】平日がおすすめ◎お得に楽しめる人気店10選
    2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポットご紹介♡
      aiko1019
    3. 3新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…
    4. 4【1分で巡る絶景】まるで『塔の上のラプンツェル』のよう。闇に浮…
      aumo編集部
    5. 5渋谷でおしゃれなお土産を!見た目の可愛いおすすめお土産20選