【札幌】これぞインスタ映え!女性人気が止まらないカフェ!

「インスタ映え」を取り入れたカフェ「FREAKY WARDROBE COFFEE(フリーキー ワードローブ コーヒー)」さん。2階建のお店はどこを見てもおしゃれで、階段までインスタ映え!ボトルドリンクを置いているカフェはよくありますが、ここのカフェはなんとパック!?女性に人気、インスタ映えカフェをご紹介します!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

【シンプル×おしゃれ】店内風景

はらだ
はらだ
2階建てのカフェ「FREAKY WARDROBE COFFEE」さん。1階はシンプルな作りです。

カウンターが3席・2人がけ席が3つ・4人がけ席が1つとなっています。

テーブルの感じや、外を眺めながら食事ができるカウンターはワクワクしますね♪

階段が異世界のアート空間に

はらだ
はらだ
2階へ上がろうといざ階段に行こうとすると、壁一面に斬新な絵が!

シンプルな1階からは想像がつかない、何とも斬新で派手さのある絵が描かれています。

札幌には中々このような斬新さのあるカフェは珍しいので、これも1つ魅力としていいと思います。

2階に行くと…

はらだ
はらだ
2階へあがるとこれまた違った雰囲気に。

1階・階段・2階と、変わっていく様子は単調ではなく変化を楽しめますね♪

2階はベッドの席や4席のカウンター。そしてこれまた斬新な鏡に向かって座る2人がけ席。

店内どこをとっても斬新さと、どこかシンプルさがあり、ギャップがすごいカフェです。

人気はチーズバーガー!

はらだ
ハンバーガーが看板メニューらしく、今回はハンバーガーの中でも人気のチーズバーガー:¥1,100(税込)を食べてきました♪

ふわふわのバンズに挟まるのは、チーズ・輪切りの玉ねぎ・ケチャップマスタード・レタスにトマト。そして何と言っても肉肉しさがすごいパテ。

食べて印象的だったのはパテでした。

「肉汁のすごいパテ」をどうしても想像してしまいますが、ここのカフェは「肉肉しさのすごいパテで」これがまた美味しいです!

脂っこさが少ないので、クドさもなく、ボリュームもちょうどいいのでサラッと完食できますよ!

注文時にフライドポテトとフライドオニオンを選択できます。

インスタ映えすると教えていただき今回はフライドオニオンをつけました。

フライドオニオンは外がサクッと、中は甘みのある玉ねぎで、ハンバーガーと交互に食べるとたまらなかったです。

インスタ映えするドリンク♪

はらだ
はらだ
ボトルドリンクはよく見聞きしますが、こちらはパックドリンクを。

中々珍しく、インスタやSNS映えするドリンクということで、頼む方も多いだとか。

見た目がとにかくかわいく斬新で、インスタ好きは頼まずにいられない商品ですね♪

6種あるなか、今回は人気のいちごみるくを。

味はというと、ミルクは非常にあっさりしていて、いちごのソースと混ぜて飲むとちょうどいい甘さに。

クドさがないために最後まで飲みやすいドリンクでした!

ナイトメニューも!

はらだ
16時からはナイトメニューでフルーツサワーとヨルパフェが!

セット価格もありお得になります♪

どこをみてもおしゃれ

はらだ
はらだ
どこをみてもおしゃれなカフェ「FREAKY WARDROBE COFFEE」さん。

壁にはメニューが書いてあり、色々な場所がフォトジェニックスポットに♪

ランチとして、一休みに、お酒を飲みに。様々な楽しみ方ができます!

2階の貸切や、事前予約をすれば(10名~)ですがスペースレンタルも対応しています。

ぜひカフェとして友達と、友達の誕生日会などに、ご利用してみてはいかがでしょうか?
FREAKY WARDROBE COFFEE
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2020】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  3. 3【2020最新】都内デートでゆったり過ごす♪おすすめス…
    myon48
  4. 4【2020年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  5. 5第5弾!【総額10万円分】のギフト券「#山分け」フォト…
    aumo編集部