石垣島から日帰りでも!日本の南に位置する【波照間島】の魅力

日本の南に位置する有人島、波照間島。石垣島から高速船で60~80分で行ける島です♪何も無い景色が見たい時ってありますよね。そんな時におススメ!美しい海と自然を堪能できる島です。何も無いからこそ感じられる、自然の素晴らしさと日常生活からの開放感を感じに行きましょう♡さいはての島とも呼ばれる波照間島へ日帰りで行ってきました♪(※掲載されている情報は変わる可能性がありますので、必ず事前にお調べ下さい。)
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

実は石垣島から日帰りで行ける”波照間島”

さいはての島と呼ばれる、波照間島。
南十字星や満天の星空が見れる島として知られていて、宿泊しなくては行けないイメージですが、実は石垣島から日帰りでも行けるんです♡
※石垣−波照間の高速船は非常に欠航が多いので、天気や波の状況によっては行けてもスケジュール通りに戻ってこられないこともあります。(もちろん宿泊した場合でも起こり得ます。)
波照間行きの予定は全日程の中日に設定するなどして、余裕を持っておくことをお勧めします♪
乗り物酔いしやすい方は忘れずに酔い止めを用意してくださいね。

島に着いたらまず自転車レンタル♪

ayaka
石垣島離島ターミナルから高速船に乗り約80分。
波照間島に着いたらまず初めに移動手段を決めましょう♪
ターミナルに着いたら、レンタルバイクショップのお店の方が値段の書いてあるボードを置いて立っているので、すぐに見つけることができますよ。
波照間島は歩いて周るには広く、アップダウンも激しいので必ず自転車等をレンタルすることをお勧めします♪

ご自分の体力とお財布と相談して自転車・電動自転車・原付から選ぶことができます。
筆者は体力もゴリラ級、貧乏旅行にも慣れているのでもちろん普通の自転車を選びました。
炎天下の中、急な上り坂の自転車立ち漕ぎはとてもいい運動、いい思い出となりました♡
なぜか子供を乗せる用の自転車が手元に来て、決してフォトジェニックとは言えませんでしたが、ドローンやシュノーケルセットで荷物がかさんでいたので結果とても重宝しました。

最初に訪れるべき絶景”ニシ浜”

ayaka
自転車を借りた後、まず訪れるべき先はニシ浜!
綺麗に舗装された上り坂を上がると、目の前に真っ青な海が広がります♡
この瞬間、きっとこの色が”波照間ブルー”と呼ばれる意味がわかるはずです。
まるで地球を上から見下ろしているような美しさに思わず自転車を停めてしまいます。 
ayaka
キラキラの海は、透明度も抜群!!
たくさんの魚たちにも出会えます。
運が良ければウミガメにも会えるそうです♪
筆者はウミガメにこそ出会えませんでしたが、大きな魚が群れで泳いでいる様子を見たり、サンゴ礁を超えて砂地をスキンダイブしたりととても気持ちの良い時間を過ごしました。
海の中でも波照間島は人を飽きさせることを知りません♪
ニシ浜
詳細情報を見る
jalan_kankou

ランチは集落にある”ひまわりcafe”でひとやすみ。

ayaka
綺麗なニシ浜でたくさん遊んだ後は、集落までサイクリングを楽しんでランチにしましょう♪
お目当てのお店がある場合、事前に営業時間や定休日をチェックしておきましょう。

海で遊びすぎてうっかりお昼時を過ぎてしまうと、開いているお店を探すだけでひと手間かかってしまいます。空腹と坂道の自転車移動での食料探しは旅人にサバイバルを思わせる経験となることでしょう。筆者の実体験です。

私がランチをいただいた「ひまわりcafe」は、おばあのお家に来たかのような居心地の良い内装。外観は素朴で見つかりにくいですが、小さな看板と白い建物を目印にするといいでしょう。
お値段もお手頃で美味しい定食がいただけます♡
ひまわりcafe (カフェ)
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る

日本の最南端の碑を目指そう♪

ayaka
集落から最南端の碑がある”高那崎”("沖縄観光情報WEBサイト"より)を目指してサイクリングです。
身長の2倍ほどもあるサトウキビ畑を通り抜け、舗装されてないでこぼこ道を通り、下り坂を思い切り走るとこのような開けた道へ出ます♪
高那崎には”日本最南端平和の碑”、”日本最南端の碑”、”波照間の碑”があります。
”日本最南端平和の碑”は終戦50周年を記念して建てられたそうです。

断崖絶壁!圧巻の”高那崎”

ayaka
”ニシ浜”の穏やかなブルーとは正反対とも言える”高那崎”の荒々しい波と断崖絶壁。
まるで違う惑星に来てしまったかのような岩肌の下に広がるコバルトブルーの海と白波も、波照間島のもうひとつの表情です♪
高那崎

”パーラーみんぴか”のかき氷で疲れを癒そう♪

ayaka
大自然を満喫した後は、冷たくて甘いものが食べたくなりますね。
かき氷店”パーラーみんぴか”では、美しいニシ浜を眺めながら美味しいかき氷がいただけます。
筆者は、かき氷はイチゴと決めているので食べていませんが、ここのお店では「波照間黒みつスペシャル」や「はてるまブルー」など、みんぴかならではのメニューも選べます♡
パーラーみんぴか
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る

魅力いっぱいの波照間島に行こう♡

いかがでしたか?
今回は日帰りでも自然をたくさん満喫できる波照間島の魅力をお伝えしました。
普段、なかなか感じることの出来ない何もないからこそ聞こえる自然の音、こんなに広かったんだと感じる真っ青な空、そしてうっとりしてしまうほどの波照間ブルーの海に是非訪れてみてください♡
きっと人生の中でも忘れることの出来ない時間になるはずですよ♪
波照間島

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【その想いに感動】幼い頃の記憶はずっと残るからこそ大切…
    aumo編集部
  2. 2【2020年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  3. 3【2020】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  4. 4【2020年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  5. 5【2020最新】都内デートでゆったり過ごす♪おすすめス…
    myon48