GWは日帰りで富士急ハイランド!おすすめアトラクション4選★

まもなくGW!学生の方も社会人の方もファミリーの方もそろそろ遊びの計画を立て始める方も多いのでは?ぜひ日帰りでお考えのあなたにおすすめしたいのが富士急ハイランド!絶叫大好き♡aumo編集部では是非いったら乗ってほしいおすすめアトラクションを絶叫度別にまとめてみました!
この記事の目次

1.新オープン!自分で動かす新感覚絶叫マシーン『テンテコマイ』

(絶叫度 ★★)

2016年にオープンしたばかりの『テンテコマイ』こちらなんと自分で動かす絶叫アトラクションなんです★自分で動かす=絶叫度も自分次第!しかもうまく風をつかむとライドがコントロールが利かなくなり『テンテコマイ』な状態でかなりの絶叫度!

自分で動かしてゲーム感覚で操作できるので他の絶叫にはないワクワクも★

2017年3月1日からは『みんなでテンテコ回転チャレンジ』というイベントも開催しており、「テンテコマイ」に乗車した24名(1運行)全員の合計回転数に合わせて、乗車したお客様24名全員に賞品のプレゼントがあります!

ライドの操作にはコツがいるので是非乗る際は並んでいるときに事前に流れる操作方法映像をよく理解してから乗車してくださいね。

2.富士急といえばの代名詞!20周年です『FUJIYAMA』

(絶叫度 ★★★★)

開業当時、「最高速度」「最大落差」「最高部の高さ」「巻き上げ高さ」の4項目でギネス世界記録に認定、20年の歴史を誇りながらいまもなお富士急ハイランドの代名詞といえるキングオブコースター『FUJIYAMA』。

最高地点79mでは目の前に富士山が下をのぞくとミニカーほどの大きさになった車が。日本最大の山、富士山の中腹くらいに目線が来るので余計高さを感じスリルが増します(笑)

またFUJIYAMAの魅力は何度乗ってもまるで初めて乗った時のような感覚!怖さゆえでしょうか(笑)天気によってもスリルが違うのでそんなところも魅力。

絶叫大好きな怖いもの知らずの方は夕暮れ時に乗るとスリルが余計増すのでおすすめですよ♡(※あくまで個人の感想です)

3.こちらも富士急の代名詞!「最恐戦慄迷宮 -暗黒病棟-」

(絶恐度 ★★★★★)

『FUJIYAMA』と並んで富士急ハイランドの代名詞となるのが最恐戦慄迷宮。こちらも7月にリニューアルしたばかり。今回のリニューアルは人間の感じる恐怖を徹底的に追及。

闇、音、におい、圧迫感など人間の本能的な恐怖部分を突く、真っ暗な闇を歩く『暗黒通路』、逃げ場のない『監禁部屋』が新設され、また歴代最恐を誇る最終部屋『巨大人体実験室』。各メディアでも罰ゲームなどでも使われるこちらの絶叫ならぬ絶恐アトラクション。

ぜひご体験ください!

4.絶叫度MAX!後ろ向きに回転する無重力空間『ええじゃないか』

(絶叫度 ★★★★★★★)

絶叫マシンの王国富士急ハイランドでも特にaumo編集部内絶叫好きの中で最強と呼び声が高いのが、ええじゃないか。

後ろ向きにガタガタと上へあがるのでいつ落とされるかわからない恐怖、そして落ちる最中もコースター自体が回るので、どの角度で自分が落ちているかわからない恐怖と共に猛スピードで駆け抜けます。

絶叫好きを誇る猛者たちもええじゃないかだけは怖い、、、なんて方も。

普通の絶叫じゃ物足りない!なんて方に是非プッシュしたい最叫コースターです。

絶叫するならここ!GWは日帰りで富士急へ!

いかがでしたか?

他にも富士急ハイランドにはご紹介しきれなかった『高飛車』や『鉄骨番長』などたくさんの絶叫マシーンやお子様が大好きな『トーマスランド』等もあります。

aumo編集部

バラエティにあふれた魅力がたっぷりの富士急ハイランド。是非GWに日帰りで行ってみてくださいね♡

【富士急ハイランド】
住所:山梨県富士吉田市新西原5丁目6−1
電話番号:0555-23-2111

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2019年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【1分で巡る絶景】目の前に広がる鮮やかな3色「元乃隅稲…
    aumo編集部
  2. 2関東編【5月24日(金)~26日(日)】休日に行きたい…
    aumo編集部
  3. 3【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908
  4. 4金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  5. 5【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390