【佐世保観光】定番から穴場まで!おすすめスポット14選

教会やテーマパーク、絶景が楽しめる人気観光スポット、長崎県佐世保市。軍港としての歴史が長いですが、活気づいた街も魅力的です!この記事では、佐世保のおすすめ観光地を14選ご紹介します♪最後におすすめグルメも紹介しているので、是非チェックしてください!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

1. 日本最大のテーマパーク!佐世保の人気観光地「ハウステンボス」

aumo編集部
始めにご紹介するのは、「ハウステンボス」です。日本一広いテーマパークで、オランダの街並みをイメージしてつくられています。

「ハウステンボス」はテーマ毎に6つの王国、「花の王国」・「光の王国」・「ゲームの王国」・「音楽とショーの王国」・「健康と美の王国」・「ロボットの王国」に分かれており、ハーバーゾーンと呼ばれるエリアのみの入場であれば、リーズナブルに「ハウステンボス」を楽しむことができてお得です◎(※"ハウステンボス 公式HP情報"参照)

インスタ映えスポット1「アンブレラストリート」

aumo編集部
是非足を運んでほしいのが、「アンブレラストリート」。通りには様々なアンブレラが敷き詰められています。雨が降っている日は雫と共にアンブレラがキラキラ見えて綺麗なんです!とてもカラフルなので、インスタ映えするフォトジェニックな写真を撮っちゃいましょう!

インスタ映えスポット2「ドムトールン」

「ハウステンボス」で忘れてはならないのが「ドムトールン」。「ドムトールン」は、「ハウステンボス」の象徴的なシンボルタワーで、高さ約105mもの高さがあります。展望室は地上約80mのところにあり、とりわけ夜には幻想的な風景が一望することができます。
ハウステンボス株式会社
詳細情報を見る
jalan_kankou

2. 佐世保観光で海を堪能できる複合施設!「九十九島パールシーリゾート」

続いてご紹介するのは、「九十九島パールシーリゾート」です。
遊覧船に水族館、レストランにショップなどが揃う複合施設で、デートにもファミリー旅行にももってこいの観光スポットなんです◎

とりわけ、「パールクィーン」や「海賊船 海王」のような九十九島遊覧船は佐世保名物!九十九島の間を縫うように航海する遊覧船はとても贅沢です…!

遊覧船に乗った後は、海の中の生き物と触れ合おう♪

また、近くに「西海国立公園 九十九島水族館 海きらら」という水族館も併設されています。こちらの水族館は、九十九島に生息する魚たちを飼育していて、イルカやクラゲ・ウミガメなどバラエティーに富んだ魚を観賞できます◎体験プログラムも豊富で、「九十九島お魚教室」や「こどもひろば お楽しみ会」など、お子様が魚に興味を持てるようなプログラムまで充実☆普段都会暮らしをしている方でもぐっと海が身近な存在であると再認識できますよ♪
九十九島パールシーリゾート
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou

3. 佐世保の世界遺産・教会を観光しよう♡「黒島天主堂」

次にご紹介するのは、九十九島の1つである「黒島天主堂(くろしまてんしゅどう)」です。

佐世保市の相浦港からはフェリーで約50分のところにあり、佐世保に長期滞在する方におすすめ◎1902年に完成した「黒島天主堂」は国の指定重要文化財であるほか、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の一部として世界遺産に登録されています。

内部の見学もできますが、ミサや行事等で見学できない場合もあるので、事前の連絡を忘れずに。(見学受付時間は9:00~12:00・13:00~16:00)(※"長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター"公式HP参照)

(※2018年11月1日~2020年10月末まで、保存修理工事のため敷地内への立ち入りを制限します。工事期間中は見学台の一部設置や特別公開を予定)
黒島天主堂
詳細情報を見る
jalan_kankou

4. 佐世保のつつじでインスタ映え♡観光におすすめ「長串山公園」

続いてご紹介するのは、「長串山公園(なぐしやまこうえん)」です。

「長串山公園」は鹿町町にあり、西海国立公園の一角を占める公園です。公園からは北九十九島と平戸島を一望することができます。昭和44年より植えられ始めた久留米つつじや平戸つつじなどは、約10万本!また、4月〜5月にかけて「長串山つつじ祭り」が開催されます。(※"長串山公園 公式HP情報"参照)
長串山公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

5. 駅近で観光しやすい!佐世保市街にそびえたつ「三浦町カトリック教会」

続いてご紹介するのは、「三浦町カトリック教会」です。

「三浦町カトリック教会」の起源は1897年に設立された教会で、現在の教会は1931年に造られたもの。こちらの教会の特徴は、佐世保駅のすぐ側にあること!なので、佐世保に来たら気軽に訪れたい観光スポットです。

「三浦町カトリック教会」は真っ白な壁なのが特徴的ですが、太平洋戦争の際には空襲を避けるため真っ暗に塗られ、結果的に空襲を避けられたんだとか…!内部の見学も可能ですが、ミサや行事の関係で見学できない場合もあるので、早めの確認が必須です。(※"ながさき旅ネット 公式HP情報"参照)
三浦町カトリック教会
詳細情報を見る
jalan_kankou

6. 佐世保観光で九十九島を間近で一望しよう!「船越展望所」

続いてご紹介するのは、「船越展望所」です。
「船越展望所」は「九十九島パールシーリゾート」と「九十九島動植物園森きらら」の間に位置する、佐世保の絶景が楽しめる観光スポットです。

こちらの展望台は、佐世保に数ある展望台の中でも比較的標高が低いのが特徴で、迫力ある景色が一望できます!九十九島を展望台の地図と照らし合わせると楽しいですよ◎また、段差がなくバリアフリーな設計なのも嬉しいポイント。駐車場は無料で収容台数は11台です。
船越展望所
詳細情報を見る
jalan_kankou

7.佐世保観光でインスタ映え!逆さ〇〇が見える「寿福寺」

続いてご紹介するのは、「寿福寺(じゅふくじ)」です。
「寿福寺」は1582年に創建された歴史あるお寺で、当初「長福寺」として存在していたものの、後の江戸幕府第9代将軍徳川家重の幼名と重なっていたため現在の寺名に変更されたんだとか…!佐世保市中心部から北の方へ離れており、佐世保市街地や佐世保らしい海や島の景色とはまた違った風景が楽しめます◎(※"たびらい 公式HP情報"参照)

期間限定の「逆さ〇〇」を写真に納めて…♡

「寿福寺」の名物は「逆さ○○」で、初夏には「逆さ新緑」・秋には「逆さ紅葉」が期間限定で楽しむことができます!期間中、広間の畳の一部をはがしてアクリル板をはめ込み、庭園を映すという仕組みになっています◎インスタ映え間違いなしの「逆さ紅葉」で幻想的な風景を撮っちゃいましょう♪
寿福寺
詳細情報を見る
jalan_kankou

8. 佐世保のパワースポットで観光しよう!「眼鏡岩公園」

続いてご紹介するのは、「眼鏡岩公園」です。
「眼鏡岩公園」の「眼鏡岩」はまるで橋のようですが、かつてここ一帯が海だった頃に波の浸食を受けて石橋状になった場所のことを指しています。空海がこちらを通る時に岩面に千手観音像と梵字を刻み、仏教を広めようとしたんだとか…!アーチの下はくぐることもでき、抜けると普通の公園となっています。こちらも平戸八景の1つです。
眼鏡岩公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

9. 佐世保の人気展望台で観光を楽しもう!「展海峰」

続いてご紹介するのは、「展海峰(てんかいほう)」です。
「展海峰」は佐世保市内で比較的人気な展望台で、俵ケ浦半島の中腹に位置しています。駐車場の収容台数はなんと114台と多く、安心して訪れやすいのが魅力です。それだけでなく、駐車場そばには円形花壇があり春には菜の花・秋にはコスモスが植えられています◎南九十九島観光には欠かせない観光スポットです♪
展海峰
詳細情報を見る
jalan_kankou

10. 穴場観光スポット!佐世保のアーケード商店街「させぼ四ヶ町商店街」

続いてご紹介するのは、「させぼ四ヶ町商店街(よんかちょうしょうてんがい)」です。

「四ヶ町商店街」は1953年に誕生した全長は約516mほどの商店街ですが、連続している三ヶ町商店街を合わせると約960mと1km弱もの長さを誇ります。佐世保駅より徒歩約5分という好立地にある「四ヶ町商店街」は老舗洋食店から大型百貨店まで約90ものお店が集結しています。(※"させぼ佐世保四ヶ町 公式HP情報"参照)
四ヶ町商店街協同組合

11. 佐世保観光で渦潮を観賞しよう◎「西海橋」

続いてご紹介するのは、「西海橋」です。

「西海橋」は1955年に造られた橋で、全長約316mにも及ぶアーチ式の橋です!建設当時は東洋1位、世界でも3位の大きさの橋だったんだとか…!

「西海橋」の真下は「針尾瀬戸(はりおせと)」と呼ばれる水域で、干潮の際には渦潮を観賞できて圧巻です!「鳴門海峡」や「関門海峡」と並んで日本三大急潮の1つなんだとか…!橋の近くには「西海橋公園」があるほか、「新西海橋」もあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪(※"長崎旅ネット"公式HP参照)
西海橋
詳細情報を見る
jalan_kankou

12. 佐世保で自然豊かな景色が楽しめる観光スポット!「御橋観音」

続いてご紹介するのは、「御橋観音」です。
「御橋観音」には、「御橋観音寺」・「御橋観音寺」の境内を通る「御橋観音 石橋」、そして「御橋観音寺」の敷地内に整備された公園「御橋観音公園」の3つがあります。それぞれをご紹介していきます!
御橋観音
詳細情報を見る
jalan_kankou

御橋観音寺

1つ目が、「御橋観音寺(おはしかんのんじ)」。

「御橋観音寺」は行基(ぎょうき)によって開かれた真言宗のお寺です。十一面観世音菩薩をご本尊としており、とても慈悲深い仏なんだとか…!信仰の霊地として有名なスポットです。春には桜・秋には紅葉が美しく、フォトジェニックな写真をカメラに納めることができます。

御橋観音 石橋

2つ目が、「御橋観音 石橋」。

「御橋観音」は平戸ハ景の1つに数えられていますが、第三紀砂岩層でできている石橋は迫力があり、まるで浮いているかのよう…♡自然豊かな景色は、身も心も癒されちゃいますよ◎

御橋観音公園

3つ目が、「御橋観音公園」。

「御橋観音公園」は、「御橋観音寺」の境内に整備された公園で、天然記念物に指定されているシダ群落があり、佐世保の自然豊かさが感じられる観光スポットです。

13. 佐世保の絶景を丸ごと一望できる観光スポット◎「弓張岳展望台」

次にご紹介するのは、「弓張岳展望台」です。

「弓張岳展望台」は弓張岳にある展望台で、佐世保の市街地を一望できるばかりでなく、南には佐世保港・西には五島灘と九十九島の島々と、佐世保の様々な絶景が楽しめちゃう展望台です。
「弓張岳展望台」から観える夜景はとても評判。佐世保市街地が織りなす風景は幻想的で、観る者を魅了してくれます♪駐車場も85台(うちバス8台)ものスペースがあるので車で来ても安心ですよ!
弓張岳展望台
詳細情報を見る
jalan_kankou

14. 佐世保観光で軍艦クルーズ体験しよう!「佐世保港」

最後に紹介するのは、「佐世保港」です。
軍港として栄えた佐世保港。港の近くには、商業施設が充実しています。そんな佐世保港で是非体験してほしいのは、「佐世保軍港クルーズ」。船舶が行き交う佐世保港をガイド付きで巡ることができます。毎週土日祝のみ運航なのでご注意を。チケットは佐世保港からすぐのところにある、JR佐世保駅で購入することができます。
佐世保港

【番外編】佐世保観光でこれだけは食べてほしい!おすすめローカルグルメ

1. ボリューミーなサイズ感が魅力な「佐世保バーガー」

米軍から直接レシピを聞き作り始めたのがはじまり。お店によってこだわりが違うので、佐世保バーガーの食べ比べも楽しいです!

2. 具材がゴロゴロはいった「海軍ビーフシチュー」

(※画像はイメージです。)

佐世保に縁が深いといわれる東郷平八郎がイギリス留学中に出会い、日本に伝えたといわれているビーフシチュー。お店ごとにアレンジされて、佐世保のローカルフードとして定着しました。野菜とお肉が柔らかく煮込まれた絶品です。

3. 薄切り肉をレモンでさっぱり…♡「レモンステーキ」

佐世保発祥のステーキ。薄切りの牛肉をしょう油ベースでレモン果汁たっぷりの爽やかに食べる1品です。最後にご飯に余ったソースをたっぷり絡めて食べるのが佐世保流。

佐世保の観光はこれでばっちり!

いかがでしたか?
佐世保の観光地14選をご紹介しました。佐世保には公園や展望台のようなフォトジェニックな観光スポットからテーマパーク、お寺や教会のような神聖なところまで多くの魅力が尽きません!ぜひ、この記事を参考にして佐世保の観光地を訪れてみてくださいね♪
あわせて読む
【長崎の観光名所】絶対に外さないおすすめ人気スポット10選◎
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ラグジュアリーカードは年会費以上にサービスが充実してい…
    aumo編集部
  2. 2【花粉症対策】鼻水がツラいあなたに…。オススメしたい家…
    aumo編集部
  3. 3【割引あり!】「Pledge Make Style」の…
    aumo Partner
  4. 4楽天プレミアムカードの特典とは?通販や旅行好きならメリ…
    overflow
  5. 5【話題サイト】プチプリモールであなたの欲しいものをお得…
    aumo Partner