【最新】佐世保のおすすめ観光地17選!グルメやパワースポット紹介

佐世保には魅力的な観光地がたくさんあります!定番のテーマパークや、神秘的なパワースポットまで家族旅行やデートにぴったりです。今回は、佐世保のおすすめ観光地を17選ご紹介!ご当地グルメやインスタ映えスポットもあるので、是非参考にしてみてくださいね!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

佐世保は港街で絶品グルメもある国際色豊かな観光地!

佐世保市は長崎県の北部に位置し、西海国立公園「九十九島」をはじめとする自然豊かな港町として知られています。かつては旧海軍の軍港として栄えていましたが、現在は「佐世保米海軍基地」として運営されている国際交流のある町です。

そんな港町の佐世保には数多くの人気観光地があります!佐世保観光で外せない定番のテーマパーク「ハウステンボス」や、綺麗な海と絶景が堪能できる「長崎鼻」など魅力ある観光地ばかり。
また、絶品ご当地グルメ「佐世保バーガー」も忘れてはいけません。今回は、そんな魅力溢れる佐世保のおすすめ観光地を17選ご紹介!是非、旅行の参考にしてみてくださいね。

1. 佐世保の人気観光地!日本最大のテーマパーク「ハウステンボス」

aumo編集部
最初にご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、日本一広いテーマパーク「ハウステンボス」。佐世保で絶対に外せない観光地です。広大な面積を誇る「ハウステンボス」のパーク内は、オランダの街並みが再現されています。(※"ハウステンボス 公式HP"参照)

「ハウステンボス」内には、テーマ別に6つの王国に分かれているので1日中満喫できる観光地です。お得な「ハウステンボス」の入館料と、50ものアトラクションが楽しめる1DAYパスポートの料金はこちらです。

1DAYパスポート料金
大人(18歳以上)¥7,000(税込)
中人(中・高校生)¥6,000(税込)
小人(小学生)¥4,600(税込)
未就学児(4歳~小学生未満)¥3,500(税込)
3歳以下無料

※早トクサービスあり(60日前、30日前、14日前までのオンラインの購入で適用)
(詳しくはハウステンボス 公式HPをご覧ください。)

ファンタジーな世界観を満喫「アンブレラストリート」

aumo編集部
「ハウステンボス」には、インスタ映え写真が撮れるフォトスポットがたくさんあります。中でもおすすめしたいフォトスポットが「アンブレラストリート」。

「アンブレラストリート」には、約1,000本ものカラフルな傘が並んでいて中にはハートの形をした傘もあるんです。ファンタジーな世界を満喫できること間違いなし!
また、夜になるとたくさんの傘がライトアップされ、イルミネーションを楽しめるのも「アンブレラストリート」の魅力です。
(※"ハウステンボス 公式HP"参照)

ハウステンボスのシンボル「ドムトールン」

「ハウステンボス」で忘れてはいけないのが、パーク内の目印「ドムトールン」。

「ドムトールン」は「ハウステンボス」のシンボルタワーで、地上約80mのところにある5F展望室からは「ハウステンボス」の景色が一望できます。また、夜になるとライトアップされるので昼間とはまた違った雰囲気を演出してくれます。

花火が開催される日は、5F展望室と4Fプレミアムスカイラウンジは花火観覧予約席になります。
花火観覧予約席は、事前に花火特設サイトから予約が必要です。(一部、イベントを中止しているので詳しくはハウステンボス 公式HPをご確認ください。)
ハウステンボス
詳細情報を見る
jalan_kankou

2. 佐世保観光で水族館にショッピングを楽しめる複合施設「九十九島パールシーリゾート」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、「世界で最も美しい湾クラブ」にも選定された九十九島にある「九十九島パールシーリゾート」。
九十九島とは、佐世保湾の外側から北へ平戸までの約25kmに及ぶ海域のことです。また、九十九とは数多くあるという意味で実際には208もの島が存在します。

そんな九十九島にある「九十九島パールシーリゾート」は、遊覧船に水族館、レストランやショップなどが揃う複合施設。家族旅行やデートにもってこいの観光地です!
中でも人気の「九十九島遊覧船」は、港町の佐世保市だからこそ乗船することができる名物遊覧船。九十九島の間を航海できる遊覧船「パールクィーン」は、とても贅沢な船旅を演出してくれることでしょう。
(※"九十九島パールシーリゾート 公式HP"参照)

佐世保の人気水族館「九十九島水族館 海きらら」

「九十九島パールシーリゾート」には、「九十九島水族館 海きらら」という水族館も併設されています。

こちらの「九十九島水族館 海きらら」は、九十九島に生息する魚たちを飼育していて、イルカやクラゲ・ウミガメなど数多くの海の生き物たちが迎えてくれます。
また、飼育員の方が海の生き物たちの生態を説明してくれる「九十九島お魚教室」や、折り紙や本の読み聞かせが楽しめる「こどもひろば お楽しみ会」などの体験アクティビティも充実しています!

入館料
大人(高校生以上)¥1,470(税込)
小人(中学生~4歳まで)¥730(税込)
3歳以下無料
九十九島パールシーリゾート
九十九島水族館 海きらら

3. 佐世保観光で綺麗な海が広がる絶景を見に行こう「長崎鼻」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、薩摩半島の最南端に突き出た岬「長崎鼻」。
無料駐車場も完備している「長崎鼻」からは、穏やかな海と薩摩半島の絶景が楽しめます。

天気の良い日には、屋久島や竹島を一望することもできます。「長崎鼻」から見える夕日はとても綺麗なので、デートにもおすすめの観光地です!
(※"いぶすき観光ネット 公式HP"参照)
長崎鼻

4. 佐世保観光で渦潮を鑑賞しよう「西海橋」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、日本三大急潮の渦潮が見られる「西海橋」。
「西海橋」は1955年に造られた橋で、全長約316mにも及ぶアーチ式の橋です。建設当初は東洋で1位、世界でも3位の大きさを誇っていました。

また「西海橋」の真下には「針尾瀬戸(はりおせと)」と呼ばれる水域があり、干潮の際には渦潮を観賞できます。その勢いについ圧巻されることでしょう!
「鳴門海峡」や「関門海峡」と並んで日本三大急潮の1つとしても有名で、毎年春と秋になると「うず潮まつり」が開催されるので多くの観光客で賑わっています。
(※"ながさき旅ネット"公式HP参照)
西海橋

5. 佐世保湾に広がる九十九島を一望できる観光地「展海峰」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、九十九島を一望できる「展海峰(てんかいほう)」。
「展海峰」から見える九十九島の大自然と、綺麗なブルーのコントラストが絶景なので多くの観光客で賑わっています。

また「展海峰」は春には菜の花、秋には約15,000株のコスモスが咲き誇ることでも有名。季節によって咲く花が違うので、訪れるシーズンによって四季を楽しむこともできます!是非「展海峰」で、絶景と一緒に咲き誇る花々の美しさも満喫してくださいね。
展海峰

6. 佐世保観光で透き通る海を見ながらお散歩しよう「大浜海水浴場」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、九十九島にある自然豊かな海水浴場「大浜海水浴場」。
「大浜海水浴場」は2006年に環境省が選定した「快水浴場百選」にも選ばれた白い砂浜と、透き通るように綺麗な海が特徴の海水浴場です!

また、サンセットが美しいことでも有名の観光地。ロマンチックな光景なので、夕日に染まる海の中をお散歩しながらデートを楽しむのもおすすめです。キャンプ場も隣接されているので、キャンプと海水浴の両方が満喫できる観光地となっています!
(※"ながさき旅ネット 公式HP"参照)
大浜海水浴場

7. 秋におすすめの佐世保観光地!逆さ紅葉を見に行こう「寿福寺」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、日本の四季を満喫できる「寿福寺(じゅふくじ)」。
「寿福寺」では、秋になると「逆さ紅葉」が見ることができます!畳の一部をはがしてアクリル板をはめ込み、庭園の紅葉が映しだされる仕組みになっているので、まるで絵画のように美しい紅葉を楽しめます。

また初夏には「逆さ新緑」を見ることができるので、紅葉とは違う新緑の美しさと涼しさを体感できます。「逆さ紅葉」と「逆さ新緑」の公開時は、拝観料¥500(税込)必要です。インスタ映え間違いなしの「寿福寺」で幻想的な風景を写真に収めましょう!
寿福寺

8. 佐世保観光で軍艦クルーズが体験できる「佐世保港」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、軍港として栄えた「佐世保港」です。現在は、アメリカ海軍と海上自衛隊が軍港として栄えた「佐世保港」の一部を使用していますが、港の近くにはショッピングモール「させぼ五番街」もあり観光客で賑わいをみせています。

そんな「佐世保港」では、「佐世保軍港クルーズ」に乗ることができるんです。ガイドさん付きで「佐世保港」を巡ることができますが、毎週土日祝のみ運航になっています。佐世保港から徒歩約5分のところにある、JR佐世保駅で乗船券を購入することができます。

※2020年7月15日現在、佐世保軍港クルーズは欠航となっています
(詳しくは、佐世保市 公式HPをご覧ください。)
佐世保港

9. 佐世保の絶景を一望できる観光地「弓張岳展望台」

次いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は「弓張岳展望台(ゆみはりだけてんぼうだい)」。
「弓張岳展望台」は佐世保の大自然が一望できる展望台です。佐世保の市街地を一望できるばかりでなく南には佐世保港、西には五島灘と九十九島の島々と佐世保の様々な観光地を見つけることができます!

また「弓張岳展望台」から見える夜景は、地元の人から観光客まで大人気。キラキラと光る佐世保市街地は幻想的で、見る人を魅了します!駐車場も完備しているので車で訪れても安心。幻想的な雰囲気なので、デート終盤に訪れたいおすすめの観光地です。
弓張岳展望台

10. ローカルな雰囲気を楽しめる観光スポット「佐世保朝市」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、早起きして行きたい「佐世保朝市」。新鮮な魚や果物などが多く並び、深夜から早朝まで営業しているので佐世保の台所としても定着している観光地です。約40軒のお店が並ぶ「佐世保朝市」は、0:00~9:00まで開催されています。お買い物や食事を楽しむには5:00~7:00に訪れるのがおすすめ!「佐世保朝市」で朝ごはんを食べるのが人気です。

また「佐世保朝市」では、毎月第2・4土曜日はイベントが行われていて、全国でも珍しいお客さんが飛び入りで参加できる「せり」が体験できます。威勢のいい声と、市場に並んでいる商品が高額で取引される場面を見て楽しんでくださいね!
佐世保朝市

11. 佐世保観光でインスタ映えするつつじ畑を見に行こう「長串山公園」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は「長串山公園(なぐしやまこうえん)」。
「長串山公園」は西海国立公園の一角を占める公園で、北九十九島と平戸島を一望することができます!

昭和44年より植え始められた久留米つつじや平戸つつじが約100,000本あるため、春にはピンクの世界が一面に広がります。また、4月〜5月にかけて「長串山つつじ祭り」が開催され見頃を迎えます。(※"長串山公園 公式HP"参照)
長串山公園

12. 佐世保で九十九島を間近で一望できる観光地「船越展望所」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は「船越展望所」です。
「船越展望所」は佐世保の数ある展望台の中でも標高が低いので、九十九島を間近で見下ろすことができます!無料駐車場も完備しているので、気軽に車でアクセスできるのも嬉しいポイント。

また、雨の日は晴れている景色とは違う水墨画のような光景を楽しむことができます!「船越展望所」は九十九島の絶景を楽しめる佐世保のおすすめ観光地です。
(※"させぼ・おぢかの観光情報サイト 公式HP"参照)
船越展望所

13. 佐世保観光で行きたいパワースポット「眼鏡岩公園」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、鬼が作ったと言われている佐世保の昔話に出てくる名所「眼鏡岩公園(めがねいわこうえん)」。
上の写真のように、「眼鏡岩」はまるで橋のようですが、かつてここ一帯が海だった頃に波の浸食を受けて石橋状になりました。

「眼鏡岩」は、その昔に平戸藩のお殿様も愛した「平戸八景」の1つでもあります。眼鏡のようになっているアーチの下をくぐり抜けると公園になっているので、現在はパワースポットとして人気の佐世保の観光地です。
(※"ながさき旅ネット 公式HP"参照)
眼鏡岩公園

14. 佐世保の世界遺産を観光しよう!大きな教会「黒島天主堂」

続いてご紹介する佐世保のおすすめ観光地は、国指定重要文化財に指定されている「黒島天主堂(くろしまてんしゅどう)」。
佐世保市の相浦港からはフェリーで約50分のところにあるので、佐世保旅行で長期滞在する方におすすめの観光地。

1902年に完成した「黒島天主堂」は国の指定重要文化財であるほか、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の一部として世界遺産に登録されています。
内部の見学もできますが、ミサや行事等で見学できない場合もあるので事前の連絡を忘れないようにしましょう。(2020年7月15日現在、保存修理工事のため見学不可)
(※"ながさき旅ネット 公式HP"参照)
黒島天主堂

15. 絶対に外せないご当地グルメ「佐世保バーガー BigMan 京町本店」

佐世保観光で絶対に外せないグルメと言えば、「佐世保バーガー」。昭和25年頃、米海軍基地から直接レシピを聞き作り始めたのが佐世保バーガーのはじまりです。また、佐世保は「ハンバーガー伝来の地」とも呼ばれています。

そんな佐世保バーガーのおすすめ店は、1970年創業の「佐世保バーガーBigMan 京町本店」。佐世保バーガーの老舗店とも言われていて、地元の人や観光客に愛されているお店です。
中でも人気メニューは「元祖ベーコンエッグバーガー」¥700(税抜)。こだわりの手作りベーコンと卵の相性は抜群でボリューム満点の1品です!
(※"させぼ・おぢかの観光情報サイト 公式HP"参照)
テイクアウト可
佐世保バーガー BigMan 京町本店 (佐世保バーガービッグマン)
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

16. 佐世保観光でレモンステーキを食べよう「下町の洋食 時代屋」

次にご紹介する絶品ご当地グルメは、佐世保発祥の「レモンステーキ」。薄切りの牛肉を醤油ベースと、たっぷりのレモン果汁と一緒に食べるステーキです。〆には鉄板の上にご飯を入れ、余ったステーキソースと絡めて食べるのが佐世保流。

数あるお店の中でも、レモンステーキの生みの親とも言われている2人の兄弟シェフが生んだお店「下町の洋食 時代屋」がおすすめ。佐世保観光で是非、「下町の洋食 時代屋」に足を運んでみてくださいね!こだわりのつまった絶品「レモンステーキ」¥1,350(税抜)を堪能してください。
("下町の洋食 時代屋 公式HP"参照)
下町の洋食 時代屋 (シタマチノヨウショク ジダイヤ)
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

17. 佐世保観光で絶品ビーフシチューを味わってみて「サンマリノ」

※画像はイメージです

最後にご紹介する佐世保の絶品グルメは、「海軍さんのビーフシチュー」。佐世保に縁が深いといわれる東郷平八郎がイギリス留学中にビーフシチューと出会い、日本にメニューを伝えたと言われています。お店ごとにアレンジされ、佐世保のローカルフードとして定着してきました。

そんなビーフシチューのおすすめ店は、佐世保の老舗店「サンマリノ」。クリーミーな生クリームとデミグラスソースの相性が抜群の「シェフのおすすめのシチュー&ハンバーグセット」は絶品です。野菜とお肉が柔らかく煮込まれていて、佐世保でしか出会えない味です!佐世保観光で是非、「サンマリノ」に足を運んでみてくださいね。
サンマリノ

佐世保は家族旅行やデートにもおすすめの観光地

いかがでしたか?
今回は、魅力溢れる佐世保の観光地やグルメを17選をご紹介しました。定番の「ハウステンボス」や、外せないご当地グルメの「佐世保バーガー」まで見どころ盛り沢山でしたね。

佐世保は、子供から大人まで遊べる観光地です。是非、この記事を参考に佐世保観光を楽しんでくださいね!

あわせて読む
長崎で1度は行きたい観光地20選!離島や子供と楽しめるスポットも
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ミスド福袋2021の中身を徹底予想!発売日や予約はいつ…
    kabutan
  2. 2【2020年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  3. 3【2020】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗からメニ…
    Nalumi_uyu
  4. 4【最新】GoToイートキャンペーンを徹底解説!東京都の…
    aya89
  5. 5【2020最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama