Instagramで町おこし。葉山町Instagramが美しいワケ

今回は、葉山町長・山梨 たかひと氏と葉山インスタグラマー、HALUさん【@haluchn】に対談インタビューを敢行しました。葉山町が公式に運用するInstagramのフォロワーは1万7000人(2018年5月現在)を突破し、推奨ハッシュタグ『#葉山歩き』の投稿は3万9000件(2018年5月現在)を突破するなど、葉山町は"インスタ映えする町"としても認知を広げています。お2人にはInstagramから見える葉山の美しさや、葉山のインスタ映えスポット、そしてInstagramに通ずる地域活性について語っていただきました。
この記事の目次

町長が語る魅力とインスタグラマーが語る魅力

葉山町長・山梨 たかひと氏×葉山インスタグラマーHALUさん

aumo編集部

今回お話しいただくのは葉山町長・山梨 たかひと氏と葉山出身のインスタグラマーであり、葉山の魅力を伝えるYoutubeチャンネル『葉山る』の運営なども行うHALUさん。

____________________ . HAPPY NEW YEAR 2018🌞✨ . . 2018年、年越しは大切な人と神社で迎え、しょっぱなから大吉のくじを引かせていただきニヤニヤしてしまいました😌😋 . . 今年はどんな素敵な出逢いが まってるのかな?✨ . . 写真は昨年撮っていただいた 葉山の海でのデータ🏖 . . 大好きな場所ではやっぱり いい表情がとれますね☺️ . . 2018年ももっともっと面白いことをしていくので楽しみにしていてね🐕♡ . . みんなはおみくじなにひいたのかな?😁 . ____________________ #新年#newyear #あけましておめでとう #海#beach #beautylifedesigner #HALU

A post shared by BeautyLifeDesigner-HALU (@haluchn) on

今回の対談では山梨氏には町長だからこその目線を通した"葉山"。
HALUさんにはインスタグラマーだからこその目線を通した”葉山"をお話しいただきます。
2人の目線から新たな"葉山"の魅力と、Instagramを通しての地域活性化の可能性を紐解きます。

葉山町の美しさとInstagramの適応性

aumo編集部

葉山町長である山梨 たかひと氏とインスタグラマーであるHALUさん。
全く立場の違う2人ですが、両者から共通して感じたのが”葉山町への愛情”です。
そんな愛する葉山の魅力を、いうならば2人の"正反対"の視点でそれぞれぶつけていただきました。

地域の方の愛が作り出した景観

HALUさん:葉山町にはチェーン店があまりありません。
唯一無二のお店や、葉山でしか見れない1枚が撮れるというところが1番の魅力ですね。
Instagramの投稿で意識していることが、その画像の美しさと独創性をしっかりと見せること。
葉山のそこにしかないという魅力や空気感が、Instagramの世界にとても適応していると感じます。

山梨町長:葉山の景観は、地域の方が作ったお店や町並みがほとんどです。
だからこそ、葉山にしかない空気、葉山にしかない色が映し出されるのかなと思います。
地域の方の愛が作り出した景観ですね。

抜群のロケーションとハイセンスさが光る町、葉山

山梨町長:葉山は日本でも数少ない自然観光の住宅地です。
北側と南側には山、そして西側にビーチがある地形はアメリカの西海岸に近しい地形です。
だからこそ、強風も少なく、気候も安定しています。
波が打ち寄せてこない穏やかな海は、葉山の景観を作り出す大きなポイントの1つです。

HALU:山梨町長のお話を聞いて、改めて自分が葉山に魅力を感じている理由がわかりました。
葉山のロケーションは本当に最高です。
沈む夕日も、綺麗な砂浜も穏やかな空気感も全部私が大好きな景色。
気候が穏やかだから、富士山や江ノ島も見えてついついカメラを構えちゃうんです。
あとそのロケーションに加えて、葉山の町って本当にハイセンス。
穏やかな空気感が、そんな感性を養うのかなと今納得しました。

葉山のインスタ映えスポット

aumo編集部

続いては、HALUさんおすすめの葉山インスタ映えスポットをピックアップいただき、山梨町長にそのスポットに紐付いた魅力や知識をお話しいただきました。
今回インタビューロケーションとしてピックアップした葉山町の『エンガワカフェ』をはじめとした、『なぜインスタ映えするのか』、『何が美しいのか』を辿ります。

aumo編集部

また『エンガワカフェ』でもHALUさんが"インスタ映えテク"を発揮。
HALUさんには各スポットの"インスタ映えテク"も合わせてお話しいただきます。

エンガワカフェ

HALU:いや、本当におしゃれなカフェですよね。
入口の趣きや、縁側の窓枠、インテリア1つ1つもおしゃれ。
このちゃぶ台のレトロさもツボ。
差し込む光を利用しながらインテリアを含めて撮影すると素敵かな、と思います。
私の大好きな古民家の雰囲気が詰まっていて大好きなカフェです。

山梨町長:この『エンガワカフェ』のある土地は、葉山の文化と歴史が根強く残る土地なんです。
かつて明治天皇陛下が葉山御前会議を行っており、地域の方も誇りを持って土地を守っています。
そんな葉山を愛する方々が作り出した空気感が、この『エンガワカフェ』にも残っていると思います。

真名瀬のバス停

HALU:真名瀬のバス停は、私の大好きな葉山の雰囲気が詰まったスポットだと思います。
冬場は富士山が見えるので、富士山と写したり、夕日と一緒に撮るのも葉山のどこかほっとする雰囲気が伝わるんじゃないかな。
あと、バス停の前の小道を含めて撮影するのも趣きがあって映えると思います。

山梨町長:”情景”という言葉で表すなら1番綺麗だと僕自身は思います。
この一帯は葉山町が管理している漁港で、少し前は落書きがひどかったりもしたんです。
その落書きを町内会などのボランティアの方と一緒に消しました。
葉山の方々もそんな活動に賛同してくれるほど、愛されているスポットですね。
今後も葉山のシンボルとして守り抜いていきたいスポットですね。

葉山の棚田

HALU:ここは私が葉山の出身だからこそ伝えたいスポット。
葉山は海に目が行きがちなんですが、山の風景も本当に綺麗なんです。
この場所に行くと、広大さや爽快さに気持ち的にもパッと開けるような感覚をいつも味わっています。
緑の一面に、文字を真ん中に置くとよりおしゃれな写真にもなりますよね。
あと個人的には、この棚田の側のお蕎麦屋さんが美味しくておすすめです。

山梨町長:この場所は朝日新聞社で選定している「にほんの里100選」にも選ばれた土地です。
また棚田本来の役割として、地域の方がこの棚田で採れるお米を使用して『田遊び』という日本酒を作ったり、アイスクリームを作ったりもしています。
地域の方々が、丁寧に心を込めてお米を作っているからこそ生み出せる景観なのかもしれません。

葉山タイム

HALU:この場所は”インスタ映え”という点では1番おすすめしたい場所です。
画像でわかる通り、とにかく可愛くてアートなこの壁はまさに"インスタ映え"。
この近くには『The Gazebo』(ザ ガゼボ・葉山のフィッシュ&チップス専門店)やおしゃれなコーヒーショップもあるので食べ歩きやちょっとした休憩のついでに訪れるのも良いかもしれません。
おすすめは『inuit coffee roaster』(イヌイットコーヒーロースター)のコーヒーをテイクアウトして壁と一緒に写す撮り方です。

山梨町長:この辺りは葉山元町商店会の近くですね。
昔ながらの葉山のお店がたくさん残っており、葉山にとってはメインストリートだと思います。
『葉山女子旅きっぷ(※1)』で葉山を訪れた方をはじめとした様々な観光目的の方で賑わっています。
また森戸海岸も近いので、海も感じられる観光目的の方には持ってこいのスポットですね。

Instagramでの地域活性が現実になる時代

aumo編集部

ここまで、Instagramから見える葉山の美しさや、葉山のインスタ映えスポットをお2人にはお話しいただきました。
最後に、インスタグラマーとして活動するHALUさん、そして葉山公式Instagramアカウントが話題の葉山町の町長である山梨氏にInstagramで行う地域活性化の可能性についてお話しいただきます。

aumo編集部

HALU:葉山のいいところはとにかく"人”だと思っています。
葉山の町は地域の方が守っていたり、地域の方がひとつずつ作り出していたり。
そしてその基礎となる"人”がみんな魅力溢れる人ばかりだから、葉山は素敵な町なんですよね。
そんな町の雰囲気、空気、景観を伝えるのにInstagramは本当に良い手段だと思います。

リアルな葉山を切り取って画像や動画などで、「残す」ということが重要なんじゃないか、そしてそのコンテンツを発信して、なおかつ地元の人と外の人が交わる場所としてInstagramは本当に素敵な場所ですね。
Instagramを通して伝えたリアルな葉山の魅力によって、葉山に訪れたり住む人が増えて、また葉山の魅力を作って伝えていく…そんなサイクルを回していきたいです。

aumo編集部

山梨町長:葉山町の本当に素晴らしいところは、葉山町のみんなが葉山を好きなことです。
その点については僕自身も本当に助けられているし、甘えています。
だからこそ、葉山町には葉山のいいところをわかっている方に住んで欲しいと思っています。
これからのSNSはInstagramを含めて、個人が主体のツールです。
だからこそ”リアル”な町を伝えることができる。
そして本当の葉山の良さを伝えることができる。
今後は"リアル"を意識しながら合理形成していき、Instagramでアウトプットしていくことが地域活性化に繋がると思います。

葉山町長 山梨 たかひと

1977年3月16日生まれ
大学卒業後は3年間、スポーツ選手として活動
引退後は会社員生活

2007年4月の葉山町議会議員選挙において、得票数第一位(1447票)で当選

2011年4月 2期目当選同年12月 町長選挙出馬を表明 議員辞職
2012年1月 7911票の支持にて、葉山町長(現在は2期目)

HALU

HALU

1993年生まれ24歳。SHEworks(シーワークス)入居者。
フリーランスではビューティースイーツクリエイター、デザイナーとしても活動中。

※1 葉山女子旅きっぷ
京急電鉄が発行している切符。
京急線電車往復乗車券&京急バスフリー乗車券と逗子・葉山ごはん券、選べるお土産券がセットとなった切符です。

(取材地・協力:エンガワカフェ)

エンガワカフェ

近辺のホテルを探す

jalan hotel
rakuten travel
ikyu
booking.com
agoda

人気記事ランキング

  1. 1【パンケーキ】ふわふわパンケーキ&もりもりナポリタンで食い倒れ!ぱんもん
  2. 2【北海道】見たことのない絶景!おすすめサイクリングスポット♪okt184
  3. 3金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポットご紹介♡aiko1019
  4. 4【大分の紅葉】名所から穴場まで観光で訪れるべき絶景スポット8選♪hbk16
  5. 5新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…oseraboch21