約400年の歴史!ホテルニューオータニの日本庭園を徹底紹介☆

東京都千代田区紀尾井町で一際存在感のある「ホテルニューオータニ」に、約400年という長い歴史を持つ日本庭園があるのをご存知ですか?東京名園のひとつでもある庭園は、ホテルのシンボルとして江戸時代からの風情を残し、今に伝えています。今回は、そんな「ホテルニューオータニ」の日本庭園を徹底的にご紹介します!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

日本庭園の歴史

aumo編集部
「ホテルニューオータニ」のシンボルとも言える日本庭園は約400年の長い歴史を誇ります。
かつては加藤清正の下屋敷や井伊家の庭園だったというこの日本庭園はその後、伏見宮邸宅となり緑が豊かで美しい庭園として知られました。
第二次世界大戦後、伏見宮家がここを手放すにあたり外国人の手に渡ろうとしたのを、「ホテルニューオータニ」創業者である故大谷米太郎氏が、「この由緒ある土地を外国に売り渡すのは惜しい」として買い取り、自邸に。
そして1964年、大谷米太郎氏が政府の依頼に応じて、東京オリンピックのため「ホテルニューオータニ」を建設したことで日本庭園は「ホテルニューオータニ」の一部となりました。

現在は…

そんな歴史ある日本庭園は現在、東京名園のひとつに選ばれています。
さらに、毎日何組も入れ替わりで結婚式の前撮りをするカップルが訪れており、その合計は約5万人にも!
外国人観光客も多く訪れ、国を越えてたくさんの人から愛されていることが分かりますね♡

見どころ満載の日本庭園!

aumo編集部
「ホテルニューオータニ」の日本庭園は、約4万㎡、1万坪という広さ!
その約6割を緑が占めていて、四季折々の草花が咲き乱れます。
池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)という池とその周囲を巡る園路を中心に作る、江戸時代に発達した日本庭園の一様式であるこの庭園。
たくさんある見どころの中から、「ここははずせない!」というスポットをご紹介します♪

創業者 大谷米太郎氏のコレクション

aumo編集部
ホテルから、日本庭園に出てすぐにある大きな赤い石!
「赤玉石」と言って、佐渡島の金山というところから運ばれた高価な石で、現在は門外不出なんだとか…。
「ホテルニューオータニ」にあるこの石は、なんと日本国内で最大級の大きさだそうです☆
他にも化石化した木や灯篭など、庭園内には創業者である大谷米太郎氏のコレクションがたくさんあります。
パンフレットに記載してるので、日本庭園を見る際にはぜひ探してみてください♪

太鼓橋

aumo編集部
「赤玉石」の次に出迎えてくれる「太鼓橋」は、橋の朱色が庭園のとても良いアクセントになっています。
こちらの橋は庭園を訪れた人に人気のフォトスポットになっており、これからの季節は紅葉をバックに記念撮影ができるのでオススメ☆

清泉池

aumo編集部
先ほど説明したように「ホテルニューオータニ」は池泉回遊式なので、この池を中心に作庭されています!
そんな日本庭園の中心である「清泉池」には、なんと約350匹の鯉が☆
長生きな鯉だと、「ホテルニューオータニ」と同い年のものもいるんだとか…。

紀尾井窯

庭園内で、より日本文化に親しんでもらうためにと設けられた「紀尾井窯」。
お盆やGWといったイベントの時期には、宿泊客を対象に陶芸教室が開かれます♪
ファミリーでも楽しめるのが嬉しいですね!

高さ6mの大滝

aumo編集部
庭園内の一番の見どころとも言える「大滝」は高さ約6mで、勢いよく流れる様子は迫力満点!
滝の近くにはベンチがあるので、マイナスイオンを感じながらリラックスできますよ♡

庭園内のレストランも素敵♡

aumo編集部
aumo編集部
「ホテルニューオータニ」の日本庭園内には、庭園を望みながら食事ができるレストランがあるんです♡

1本の太い柱を中心に鉄板があり、目の前で調理する様子を見ることが出来る「石心亭」
ゆったりとしたテーブルで落ち着いた食事ができる「清泉亭」
大人数でも利用することができ、気の合う仲間だけで食事が楽しめる「もみじ亭」

この3店舗は宿泊者でなくても、食事を楽しむことができちゃうんです!
誕生日や少しリッチなデートなど、特別な日にぴったりですね◎

50周年記念のライトアップ☆

「ホテルニューオータニ」は2014年9月に開業50周年を迎えました。
それを記念して「50年の感謝の気持ちを未来につないで」をキーワードにスタートしたのが、日本庭園のライトアップ。
照明デザイン監修は、なんと東京タワーやレインボーブリッジ、歌舞伎座を手掛けた日本を代表する照明デザイナーの石井幹子氏!
さらに、今回は環境に配慮したLEDの使用で消費電力量を従来より70%も削減!
「ホテルニューオータニ」が2005年から取り組んできた「ハイブリッドホテルプロジェクト」で、"GREEN New Otani"への進化が伺えますね☆
また、季節によって時間の変化はありますが、夜は暗くて楽しめないという概念を覆し、風情あるライティングで深夜まで楽しめます♪

「ホテルニューオータニ」の日本庭園を散歩しよう♪

aumo編集部
いかがでしたでしたでしょうか?
「ホテルニューオータニ」の日本庭園には、今回の記事では書ききれないほどの見どころがまだまだあります!
これからどんどんと庭園の木々が色づき、夏とは全く違う風景を楽しめる季節がやってきます。
ぜひ、実際に足を運んでみて五感でその長い歴史や、四季折々の魅力を感じてみてください♡
※写真はすべて、2017年10月2日に撮影されたものです
ホテルニューオータニ ガーデンタワー
GoToキャンペーンで最大55%お得!
ikyuで予約
他の宿泊予約サイトで見る
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ミスド福袋2021の中身を徹底予想!発売日や予約はいつ…
    kabutan
  2. 2【2020年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  3. 3【2020】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗からメニ…
    Nalumi_uyu
  4. 4鬼滅の刃の聖地巡礼!神社や山など雰囲気満載のスポット1…
    tunetune95
  5. 5【最新】GoToイートキャンペーンを徹底解説!東京都の…
    aya89