【青山一丁目】都内にこんな映えスポットが!明治記念館が“レトかわ”すぎたので拡散したい

鎌倉に川越に小樽。レトロ可愛い略して“レトかわ”な写真はやっぱり撮りがいがある!そんなレトロ可愛いスポットがなんと青山一丁目に。その名も明治記念館。このスポット、フォトスポットだらけだった…!しかもあんな体験も、こんな体験も…♡撮れ高が多すぎて、大満足だった明治記念館での1日をまるっとご紹介いたします◎
提供:明治記念館
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

都内にこんな場所が!?こんなにいっぱい撮れ高

Instagramに投稿した7枚の写真。
これがいいねやコメントの嵐に。
そんな7枚の写真は、1つの場所で撮影したもの。
和洋折衷、ゴージャスだったり可愛かったり、開放感抜群だったり。
色んな場所で撮ったと感じるほどバリエーションに富んでいますが、本当に1つの場所だけで撮影したんです!
まずはそんな写真たちをご紹介♡

pic.1

aumo編集部

pic.2

aumo編集部

pic.3

aumo編集部

pic.4

aumo編集部

pic.5

aumo編集部

pic.6

aumo編集部

pic.7

aumo編集部

こんなおしゃれpicたちが撮れるのは…?

aumo編集部
この写真たちを撮ったのは「明治記念館」。
JR信濃町駅より徒歩約3分、地下鉄青山一丁目駅徒歩約6分、地下鉄国立競技場駅より徒歩約6分と新宿や渋谷などからもアクセス抜群な立地。
昭和22年に明治神宮の結婚式場として開館。
本館の「憲法記念館」は明治14年に国賓を迎える迎賓館として建てられ、今なお当時の雰囲気を残す由緒正しい建物です。
aumo編集部
そんな「明治記念館」、正門には警備のスタッフが立っていたり、厳かな雰囲気が漂っていますが、入ってみるととっても素敵な場所!

「明治記念館って前を通った頃はあるけど、どんな施設か分からないしそもそも入れるの?」
と恐る恐るだった友人も帰りには
「やばかった!超素敵だった!」
と大興奮。

気軽なおでかけスポットとしても大活躍間違いなしなその魅力、これからたっぷりとお伝えいたします◎

pic.1 建物自体がフォトスポット♡

aumo編集部
明治記念館に入ってすぐ。
その場所が先ほどの「pic.1」を撮影した場所。
本館の玄関車寄せです。
建築から130年以上、当時は馬車が入ってきていたんだとか。
「憲法記念館」を象徴する場所ということもあり、明治の時代を感じさせるモダンな雰囲気♡
aumo編集部
この場所は、明治記念館で結婚式を挙げるご夫婦が、写真を撮る場所なんだとか。
そんな場所とあって、2人でもパシャり。
なんだか縁結びのご利益がありそうな気がしてきます。
aumo編集部
足元のタイルも可愛い!
足元だけの写真もしっかりインスタ映えしそうです♡

pic.2 内観のゴージャスさは、インスタ必至!

aumo編集部
さあ、続いては明治記念館の新館に入ってみましょう!
pic.2は明治記念館の中のとある場所の写真。
後ほど、どの場所かお教えいたします♪
まず正面玄関から入るとそこにはど迫力のシャンデリアと、シンデレラ階段♡
aumo編集部
シャンデリアだけで絶好のフォトスポット。
振り向きざまにパシャり。
なんだか写真館で撮ったような素敵な1枚に!
aumo編集部
猫足ソファで一休み。
憧れの猫足ソファの座り心地はフワッフワ♡
ちょっと自分がセレブになった気分。
aumo編集部
pic.2の正体は、2Fにあるシャンデリア!
よーくみると、1つ1つが菊の花に!
他にはどこにもない、美しいシャンデリアです。
aumo編集部
こちらはInstagramのストーリー用に。
上げたらすぐにコメントが。
「ここ、どこ〜?」
優越感です(笑)
aumo編集部
こちらは1Fのとある通路。
ただの通路でもこれだけ素敵な1枚に。
ハリウッド映画に出てきそうなゴージャスな雰囲気。
思わずちょっとキメ顔でポーズも決めてみたりしてしまう私たちなのでした。

pic.3 海外セレブのような1shotは、1F奥に♡

aumo編集部
海外セレブのようなpic.3。
こちらは1F宴会場「芙蓉」の目の前にあるテラスでの1ショット。
ヨーロピアン調の照明や階段は、まるでお姫様になった気分。
aumo編集部
ちょうど紅葉の季節ということもあり、黄色と緑のコントラストで自撮り2ショット。
思い出に残る1枚になりました♪
こちらの場所の付近にも、春には「枝垂れ桜」がピンク色に染め、夏は新緑が美しいなど、四季折々で可愛い写真が撮れる絶好のフォトスポット。
友人も感激しきりな様子。
ね、だからよかったでしょ?(笑)
aumo編集部
こちらは私のお気に入りの1枚。
こんなに都心近くなのに、もはや気分は海外旅行です。

pic.4 カフェでまったりしてても可愛いが止まらない!

aumo編集部
写真を撮りまくった私たちは、一旦休憩のために1Fラウンジ「kinkei(キンケイ)」へ。
実はこの場所、明治憲法草案審議の御前会議が行われた歴史的場所なんだとか。
そんな由緒正しい場所ですが、流れる雰囲気はなんだかほっと落ち着くレトロ感。

「前に純喫茶巡りをした時を思い出すね〜」
あ、それだ!そのレトロ感だ!
aumo編集部
こちらはサイフォン方式で抽出するコーヒー。
ふわっと香るコーヒーの良い匂い。
中々見ることのできない光景に、スマホで撮影する手が止まりません。
aumo編集部
小腹が空いた私は「フレンチトースト-バニラアイス添え-」をチョイス。
バケットを使った本格フレンチトーストは、カリカリ、でもしっとり。
う〜ん美味しい。
思わずうっとりしてしまう美味しさです。
aumo編集部
ちなみに今日は天気も良かったので、テラス席をチョイス。
目の前には美しい明治記念館の庭園が広がります。
なんて贅沢なひとときでしょうか。
aumo編集部
友人は、「フルーツカクテル」と言うハーブティーをチョイス。
ティーポット、ティーカップまで可愛いのが嬉しい!
カフェタイムまで、お姫様気分です。
ティーポットから注がれるのは、ピンクの綺麗な色。
aumo編集部
さっぱりで酸味のあるハーブティー。
ケーキに合わせよう!なんて、季節のケーキを注文。
aumo編集部
マロンが入って甘酸っぱいケーキ。
全てが本格的で可愛いラウンジ「kinkei(キンケイ)」の味。
そういえば今度の女子会、おしゃれカフェに行こうなんて話してたなぁ。
ここならおしゃれ感度高めなあの子も満足するはず!
カフェ目的で今度は来てみようっと。

pic.5 こんな青空が広い場所が都会に!

aumo編集部
さて、カフェでまったりした後は庭園へ!
pic.5の絶景フォトは、先ほどのカフェタイムでテラスから見えていたこちらの庭園が舞台。
1歩踏み出すと、ものすごい開放感!
都内では中々味わうことのできない開放感にはある秘密が。
aumo編集部
それは、明治記念館の立地。
赤坂御所が近くにあるため、周りに高い建物がないのがその理由。
ビルなどがほとんど見えない青空が、都内では味わうことのできない開放感に繋がるのです。
気持ちよく芝の上をぷらぷらと歩きながら、日々のストレスもどこかに飛んでいくような爽快感。
aumo編集部
こちらの庭園は様々な花や樹木で、囲まれています。
だから四季折々顔を変えるのです。
また季節が変わった頃に、のんびりしにきたいな。

pic.6&7 ブライダルフェアで憧れを体験!気軽にできるのが◎

aumo編集部
pic.6は花嫁の和装試着体験から。
明治記念館では、体験型ブライダルフェアを毎日開催しているのですが、こちらは女性だけでももちろん参加可能!(※未開催の日もございます。詳しくは明治記念館公式HPをご確認ください)
未来の結婚式を思い浮かべながら気軽に参加できるのです。
aumo編集部
華やかな色打掛は、なんだか自分じゃないみたい。
和装婚への興味がグンと湧く瞬間。
aumo編集部
友達にしっかり写真を残してもらって大満足!
今度は未来の旦那様と一緒に来れたらいいな。
どんどん妄想が広がっていきます♡
aumo編集部
pic.7、最後の写真は明治記念館でも1番厳かな場所。
儀式殿でとった1枚です。
体験型ブライダルフェアでは、この儀式殿で模擬挙式も楽しめる!
こちらの儀式殿は、御神域となっています。
新郎新婦が神前結婚式をあげるスポットです。
pic.7は儀式殿と続く厳かな雰囲気が漂う写真です。
aumo編集部
儀式殿は感嘆の息が出てしまうような、美しい場所です。
流れる厳かな雰囲気に不思議とピシッと背が伸びます。
aumo編集部
ウェディング体験の一環でもある模擬挙式。
前では挙式を考えている新郎新婦がモデルとなって模擬挙式を行なっています。
私たちは参列者ということで参加。
ますます明治記念館での結婚式への憧れが強くなっていきます。
知らなかった世界に、また感動。

【番外編】まだまだ気になるスポットが盛りだくさん

aumo編集部
冒頭で紹介したpic以外にも魅力的なスポットを全てご紹介!
こちらは館内ケーキショップ。
先ほどのラウンジ「kinkei(キンケイ)」で食べたケーキが販売されています。
家族へのお土産に持ち帰ろうかな。
だって本当に美味しかったんだもん。
aumo編集部
新郎新婦専用のロンドンタクシー(特別仕様車)を発見!
よ〜くみてください。
こちらナンバーが「1122」なんです。
そう"いい夫婦"!
ロマンチック溢れるロンドンタクシーはまた可愛い1枚に。
aumo編集部
ウェディングドレスが飾られたショーケース。
先ほど体験したブライダルフェアで、ますます結婚式への憧れが高まる!
お相手ができたら、絶対明治記念館で結婚式を…♡
そんな思いが強くなった1日なのでした。

スマホのカメラロールも心もいっぱいの1日

家に帰ってスマホを見ると、写真でいっぱい!
今日の投稿にどれを上げたらいいのか迷う…。
明治記念館では、そんな充実度抜群の1日が体験できました。
そして今までちょっと敷居の高いイメージだったこの一帯。
いざ訪れてみると全くそんなことはなく、むしろ楽しみやすい!
次の休日は、明治記念館で“レトかわ”な1日を過ごしてみては?

明治記念館
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2020】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  3. 3【2020年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  4. 4【2020】最新韓国コスメご紹介!新大久保のおすすめコ…
  5. 5【2020年度版】雨の日でもデートがしたい!関東でおす…
    hnk227.jp