【一度は訪れたい絶景】年に1度の絶景。物語の中のような「コムローイ」

「コムローイ」と呼ばれるお祭りをご存じだろうか。無数のランタンが夜空を浮かび上がっていく写真を目にしたことがある方は多いはずだ。今回は、年に1度だけ、11月にタイで見られる絶景をご紹介する。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

年に1度、満月の夜の幻想的な風習

タイでは、毎年陰暦12月(10~11月頃)の満月の夜に行われる「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りで、1年の収穫への感謝と願いを込めて灯籠を川に流すのが風習となっている。

ロイクラトンの中でも、チェンマイで行われるものを「イーペン」と呼び、「イーペン祭」では灯籠を流すだけでなく、「コムローイ」と呼ばれる和紙でできたランタンを夜空に飛ばすため、日本では「コムローイ祭り」という名で親しまれているのだ。

2019年は、11月11日(月)、12日(火)頃に各地で開催が予定されている。
「コムローイ」には、現地人が参加する「イーペン・サンサーイ」と、外国人(観光客)が参加する「イーペン・ランナー・インターナショナル」の2種類が存在する。

会場では、自らランタンを打ち上げることができるため、大切な人と訪れれば忘れられない思い出となること間違いなしだ。
無数のランタンが一斉に浮かび上がる様子は、まるで物語の中にいるような気分になるほど、幻想的で美しい。

開催地チェンマイの魅力

チェンマイは、バンコクの北方約720kmのところに位置する古都。
堀と城壁に囲まれた「チェンマイ旧市街」には、格式の高い「ワット・プラシン」など多くの由緒ある寺院が点在している。

チェンマイでは、「コムローイ」だけではなく、1年を通して多くのお祭りが開催され、中でも旧正月を祝う「水掛け祭り(ソンクラーン祭)」も有名だ。

お祭りを楽しんだら、ぜひ寺院も観光してみてはいかがだろうか?
ワットプラシン

映画のモデルにもなった絶景

「コムローイ」の絶景は、世界中から愛される映画のモデルにもなったと言われているほど。
ぜひ、大切な人と訪れて、感謝と願いを込めてランタンを打ち上げてみてはいかがだろうか。

まさに一度は訪れてみたい、一度訪れたら忘れることのない絶景である。
※実際に海外旅行をされる場合には、外務省 海外安全ホームページのご確認をお願いいたします。

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【最新】元店員おすすめのスタバタンブラー22選!割引や…
    mhp120
  2. 2【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  3. 3【7月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得…
    chanyama
  4. 4【新大久保の韓国料理◎】安いのに美味し過ぎる!穴場店1…
  5. 5大阪グルメの真骨頂!本当においしいおすすめのお店13選!
    ysk81