スイーツやカレーも古墳化!?古市古墳群をグルメな角度から楽しむ!

    2019年7月6日、大阪府では初となる世界文化遺産に登録されることとなった<百舌鳥・古市古墳群>。今回ご紹介したいのは、藤井寺市から羽曳野市まで広がる古市古墳群について!世界文化遺産の周辺で出会えるグルメや体験を二回に分けてお伝えさせていただきます。第一回目は「古墳グルメグリ」編!
    提供:近畿日本鉄道株式会社
    この記事の目次

    古墳散歩はただ古墳を見るだけにあらず!

    きょん。

    住宅地や街中などなど、駅から歩いて行ける身近な場所に、古くから形を変えずそこに在り続ける古墳。だからこそ、特別意気込まなくても、気軽に行けちゃう距離感の近さがうれしいところ。
    しかも、その道中にカフェやショップでThe 古墳なアイテム、グルメとの出会いもあったりと、古墳散歩の楽しみ方は多種多様なのです!

    【古墳グルメ】Mammaドーナツ

    きょん。

    津堂城山古墳から徒歩圏内にあるドーナツ専門店。「え?お家?」とも思えるナチュラルな佇まいは、閑静な住宅街に漂う落ち着いた雰囲気とも見事に調和していて、店内のカフェスペースもその空気感に呼応するかのように穏やかな時間が流れています。

    きょん。

    豆乳とおからを使用し作られたドーナツは、モチっとした食感と延々と頬張れてしまいそうな程よい甘さが特徴的。プレーンやチョコレートなど、多種類揃ったフレーバーの中に、唯一丸型ではないドーナツの姿が…。
    それがこちらの「古墳ドーナツ」¥160(税込)!

    きょん。

    抹茶チョコレートで表現された古墳の青々とした色合いと、ドーナツらしからぬ愛らしいフォルム。そのまま食べずに飾っておきたいくらいの可愛さです。

    【Mammaドーナツ】
    住所:大阪府藤井寺市小山1-11-7
    定休日:日・月・祝日
    営業時間:9:30〜16:30
    Instagram:https://www.instagram.com/mamma_doughnut/

    【古墳グルメ】パティスリーバロン恵我之荘店

    きょん。

    異国情緒の漂う、真っ白な外観が目を引く恵我之荘駅前にあるパティスリー。
    サロンのような店内は、駅前にあるということを忘れてしまうほど優雅な時間が流れており、ゆっくりじっくりケーキを食べたいな、という時にももってこい。

    きょん。

    あれも!これも!と指差したくなる可愛いスイーツがたくさん並んだショーケースの中に、発見しました今回のお目当て「もずふる」¥400(税込)!

    きょん。

    淡い緑をベースとした古墳型のケーキは、お花を散りばめイチゴを添えた、色彩豊かな可愛さがポイント。
    軽めな優しい味わいは、紅茶とも好相性です!

    【パティスリーバロン恵我之荘店】
    住所:大阪府羽曳野市南恵我之荘8丁目1-3
    定休日:なし(1/1、1/2、12/26除く)
    営業時間:8:00〜20:00
    HP:http://www.patisserie-baron.com

    【古墳グルメ】パティスリーフラワー 竹内街道軽里店

    きょん。
    きょん。

    スイーツやフード、パンなども数多く揃った、いつどのタイミングで訪れても嬉しいカフェ。
    窓の向こう側には「芦が池」という池があり、自然の景色も楽しめる広々とした店内は、一度腰掛けてしまうと何時間でも居座ってしまいそうなほどの居心地の良さ。ここから歩いて白鳥陵古墳まで行くことができるので、古墳散策前、もしくはその後にゆったりとしたティーブレイクはいかがでしょうか?

    きょん。

    こちらで提供されている古墳グルメは、なんとカレーライス!
    俯瞰で見ることで、その偉大な全体像を把握できるあたりもまた古墳らしい「古市古墳群カレー」¥918(税込)は、優しい口当たりでありながら、後からじんわりと辛さが追いかけてくる、飾らないアットホームな風味がGood。

    また、カレー以外にも「はにわパン」¥250(税込)という気になって仕方がない存在もベーカリーにて発見…!

    きょん。

    【パティスリーフラワー 竹内街道軽里店】
    住所:大阪府羽曳野市軽里2丁目73-1
    定休日:なし(1/1除く)
    営業時間:9:30~19:30 カフェ利用 9:30~17:00
    HP:http://www.cf-flour.jp

    【古墳グルメ】朝日堂琮源

    きょん。

    藤井寺駅から歩いてすぐの駅前北商店街内にある、1964年創業の老舗和菓子屋さん。
    目印は一見すると和菓子屋さんのようには見えない、割烹のような黒を基調とする落ち着いたトーンの店構え。店内では、買ったばかりの和菓子とともに喫茶を楽しむことができます。

    きょん。

    気になる古墳メニューは、手作りの特製ういろを生かした「古墳ういろ」¥162(税込)。
    綺麗に型抜きされ、ぴたっと当てはまった白×緑の配色が、より古墳感を際立たせています。モチっと、さらにプルっとした特有の食感がなんとも心地良く、控えめな甘さが毎日食べたいレベルでやみつきに。
    オーダー後に点て始める本格派の「お抹茶」¥486(税込)と組み合わせれば、ういろの美味しささらにアップ!

    きょん。

    【朝日堂琮源】
    住所:大阪府藤井寺市岡1-13-16 吉岡ビル1階
    定休日:不定休
    営業時間:10:00〜19:00(土:18:00)
    Instagram:https://www.instagram.com/asahidosougen1964/

    個性豊かな古墳グルメをぜひその足で!

    個性豊かな古墳グルメの数々、いかがでしたでしょうか!
    古墳を「見て楽しむ」以外にも「食べて楽しむ」ことができるのもまた、古市古墳群散策の大きな魅力の一つ。ほかにもキッシュやスコーンなど、まだ見ぬ多種多様な古墳グルメがあるそう。詳しくは、世界文化遺産へ登録されたことを記念して実施されている近鉄エリアキャンペーン「こふんまち」のHPを要チェック!

    次回は「古墳探訪」編です!お楽しみにーっ!

    ※掲載されている情報は、2019年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    1. 1夏の登山。天気が心配…。登山初心者の私を救ってくれた、…
      aumo編集部
    2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
      aiko1019
    3. 3【定番から穴場まで】横浜観光ならここだ!観光スポット2…
      sykxa14
    4. 4【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
      dyna6390
    5. 5【静岡観光スポット22選】穴場から絶景まで!幻想的で魅…
      yao83
    • aumo
    • 近畿
    • 大阪
    • スイーツやカレーも古墳化!?古市古墳群をグルメ…