【大阪】1万本のロウソクが灯る、お盆の恒例行事「万灯供養」

2019年8月9日~16日まで四天王寺では、戒名や先祖代々と書き入れたロウソクに火を灯す万灯供養法要が行われます。平安時代から続いているという、このお盆の恒例行事をご紹介します。
この記事の目次

1万本のロウソクに火を燈し、ご先祖様を供養

ig_mika.w

万灯(まんどう)供養は四天王寺の中心伽藍(がらん)で行われます。
18時ごろからロウソクの火入れが始まりますが、先祖の霊名が記されたロウソクは、かなり大きく、炎も特大ですので、約1万本のロウソクに火が燈ると、辺りは驚くほどの熱気・暑さにつつまれ、迫力があります。

このロウソクの間を、僧侶が般若心経を唱えて歩き、僧侶の後ろに一般の方がついて練り歩く「万灯供養法要」が1日4回行われます。

極楽門の献灯灯籠(けんとうとうろう)

ig_mika.w

万灯供養の期間中、ほぼ境内全域において、お盆特製の灯籠が飾られています。
中でも西大門(極楽門)に飾られた灯籠は数が多く、見ごたえがあります。
この西大門は昭和37年に松下幸之助氏の寄贈により再建されて、極楽に通ずる門の意味から極楽門とよばれるようになったそうです。

五重塔とあべのハルカス

ig_mika.w

この行事の一番のおススメポイントは、万灯の「ライトアップ」で夜空に照らし出された「五重塔」と、その後ろに見える「あべのハルカス」という新旧の建物の対比というを見ることができることです。
歴史的な建物と近代的な建物を一緒に見られるのは、大阪らしい素晴らしい景観だなと思います。

大阪で歴史を感じる!

約1万本という大型のロウソクで彩られるキャンドルナイトは、先祖供養のために行われるため、梅田等で行われているキャンドルナイトのようなものではありません。
しかし、平安時代から続いているという歴史、建物・景観の美しさ、炎の迫力は素晴らしいものがあります。

この行事を一度ご覧いただき、歴史や日本の文化を感じていただければと思います。

四天王寺
詳細情報を見る
jalan_kankou

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2大阪のラーメン厳選10店!ランキング常連から隠れた名店…
    kftwest69
  3. 3【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  4. 4【大阪】食べ歩きをするならココで決まり!筆者のおすすめ…
    takaya
  5. 5新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…