【和歌山】鉄道模型が店内を駆け回る海カフェ「スハネフ14-1」

テラスでは和歌山の絶景と海を見渡しながら、店内では鉄道模型が走り回り、まるで寝台列車のようだと話題の海カフェ×鉄道を紹介します。
この記事の目次

漁港の街・和歌浦にある隠れ家にはファンが沢山!

maimunah

雑賀崎漁港を通り過ぎて、坂道をしばらく登ると見つけたスハネフ14-1。
横目で見える和歌山の景色は絶景です!

maimunah

目印は、こちらの駐車場の看板!
通り過ぎないように要注意ですよ。
週末には県外ナンバーの車で埋まってしまう程、海の見える鉄道カフェには大勢のファンが♡

人気の丼ぶり~夜のお酒のお供まで楽しめる居心地◎

maimunah

和歌山の美味しいお魚を使った丼ぶりメニューは大人気。
夜になるとアルコールメニューも用意しているので
平日のお仕事帰りでも、気兼ねなく来店できるところも嬉しいです。

maimunah

天気が良い日は、テラスでお茶タイム。
フルーツ付きのチーズケーキにティーソーダは、お子様から大人まで好きな王道メニューですよね♡
空の上では鳶が美味しいお食事を狙っているので要注意!

店内は今にも走り出しそうな鉄道列車を再現!

maimunah

入り口から、既にテンションが上がる看板が!
旅中に新幹線や電車などを利用する方が多いと思いますが、あのワクワクした瞬間を思い出しませんか?
そして、店内には路線が敷いてありカタカタと列車が走っています。
そんな音を聞きながらお食事なんて新鮮ですよね。

maimunah
maimunah

実際に走っていた列車の中で使われていたグッズが飾られています。
オークションで購入したものや、お客様から頂いたものなど…。
年季の入ったものを眺めているだけで楽しめます♪

名前の由来はあの名前の「寝台列車」から…

maimunah

和歌山の駅名にもある【紀伊】。
その昔、寝台列車が走っていたのをご存知ですか?
寝台列車好き、彩葉の「ハ」、列車の名前を組み合わせて付けられた名前なんだそう。

和歌山にお越しの際は、是非訪れてみて下さい♡

スハネフ14-1
詳細情報を見る
gnavi
※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1夏の登山。天気が心配…。登山初心者の私を救ってくれた、…
    aumo編集部
  2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  3. 3【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  4. 4【定番から穴場まで】横浜観光ならここだ!観光スポット2…
    sykxa14
  5. 5【静岡観光スポット22選】穴場から絶景まで!幻想的で魅…
    yao83