熱海のゲストハウス「MARUYA」が安くて、オシャレで楽しい件♡

熱海に泊まるなら温泉付きの旅館!そう思っていた私が、最近ハマっているゲストハウス「guest house MARUYA(ゲストハウス マルヤ)」さんをご紹介。1泊¥3,600(税抜)〜という激安価格ながら、とってもオシャレで楽しい。これまでにない熱海の楽しみ方を提案してくれるお宿なんです。テーマは「泊まると熱海がくせになる」。熱海との距離がなんだか近く感じられるかも♪
この記事の目次

交流が生まれる熱海のゲストハウス「MARUYA」

釣りアンバサダー中川めぐみ

熱海駅から徒歩15分、ビーチから徒歩5分。
熱海の銀座商店街のなかにある、こちらの建物が「guest house MARUYA」です。

釣りアンバサダー中川めぐみ

入り口にはカフェ&バーもあり、静岡の地酒や地ビールなど地域のオススメ商品を楽しむことができます。

こちらには地元の人もよく訪れるので、熱海の方とお話してみたい…なんて方にもオススメです。

釣りアンバサダー中川めぐみ

共用のリビングスペースには広々としたソファーやキッチンがあり、ゲストはこちらで自由に料理して食べることもできます。

こちらではゲストもスタッフさんもごちゃ混ぜで食事などを楽しんでおり、自然な交流のなかでオススメスポットの情報などをきくことができます。

私はここで常連のゲストさんと仲良くなり、近くの居酒屋へ一緒に食事しにいきました。

MARUYAの施設ご紹介

釣りアンバサダー中川めぐみ

MARUYAは、「ゲストと熱海の人や暮らしをつなぐ」を目標にしているので、熱海のさまざまな情報を提供する仕組みをつくっています。

こちらは熱海のオススメスポットのチラシなどがまとめられた場所。

この他に、手書きでオススメ情報をまとめた地図があったり、スタッフさんが丁寧に相談に乗ってくれたりします。

部屋はとにかくシンプル。

こちらが1番安いシングルルーム(¥3,600(税抜)〜)の部屋。

釣りアンバサダー中川めぐみ
釣りアンバサダー中川めぐみ

布団を敷くとそれだけで部屋がいっぱいになってしまいますが、鍵付きの個室なので、荷物置き&寝るだけにはじゅうぶん。

MARUYAの魅力は部屋に閉じこもることでなく、他のゲストやスタッフ、街とどんどん触れ合うことにあるのです。

釣りアンバサダー中川めぐみ
釣りアンバサダー中川めぐみ

シャワーや洗面所・トイレなどは共用ですが、いずれも綺麗に管理されています。

お風呂はシャワーのみですが、近くに日替えり温泉がたくさんあるので、そこに入りにいくことを想定されています。

MARUYAは宿の中だけで完結するのではなく、熱海の街との繋がりを大切にしているので、それがいいのだそうです。

guest house MARUYA

街を巻き込んだ朝食が楽しい♪

釣りアンバサダー中川めぐみ

「街への繋がり」を大切にするMARUYAは、夕飯は用意がありません。

ゲストは熱海で食材を買ってきてキッチンで料理するか、スタッフさんや地元の方にオススメのお店を聞いて、外へ食べにいくのです。

そして朝食でもおもしろい取り組みが。
なんとゲストが自分で街へ干物を買いにいき、それを自分で焼いて食べるというもの。

釣りアンバサダー中川めぐみ

私も宿泊した翌日は、朝からMARUYAの近くの干物屋さんへ買い物に。

釣りアンバサダー中川めぐみ

「お母さんのオススメは何ですか?」なんて会話を楽しみながら、美味しそうな干物をGETしました♪

釣りアンバサダー中川めぐみ

干物はMARUYAの入り口にあるグリルで焼きます。

それにセルフサービスで用意されているご飯・お味噌汁を組み合わせて…、

釣りアンバサダー中川めぐみ

素敵な朝食が完成しました!

自分で干物を買ってきて、焼いて食べるという仕組み。

非日常な体験をしたような、熱海の日常を体験したような…。
なんだか不思議で楽しい気持ちになれた朝食でした。

小澤ひもの店

MARUYA目の前にオシャレなお店♡

釣りアンバサダー中川めぐみ

ちなみにMARUYAの目の前には、「RoCA」というオシャレな商業スペースがあります。

釣りアンバサダー中川めぐみ

こちらには、コーヒーやアルコール・軽食を販売している「caffè bar QUARTO (カッフェ バール クァルト)」や、

釣りアンバサダー中川めぐみ
釣りアンバサダー中川めぐみ

フォトジェニックで美味しいジェラート屋「ラ ドッピエッタ」さんが入っています。

小腹が空いたときは、こちらを覗いてみてはいかがでしょう。

caffè bar QUARTO
ラ ドッピエッタ(La DOPPIETTA)
詳細情報を見る
tabelog

熱海を「もうひとつの日常」にしてくれるゲストハウス

いかがでしたか?

もちろんサービスの整った宿泊施設でゆっくりするのも素敵ですが、たまにはこうした「地域と繋がれる宿」に泊まってみるのはいかがでしょう。

きっと今までに気付けなかった、地域の新たな魅力を味わえるはずです。

旅行のような地元の暮らしのような、日常のような非日常のような、不思議な感覚を楽しんでみてください♪

※掲載されている情報は、2018年08月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【汐留×イルミネーション】ディズニープリンセスの世界が目の前に♪yufujito
  2. 2新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…oseraboch21
  3. 3【大阪】感動の可愛さ♡映えまくりのクリスマススイーツ4選!sachiko-sweets
  4. 4海外でも話題!「地図から消された島」ウサギ島の魅力とは?sk
  5. 5原宿といえばパンケーキ!人気の【ふわふわ×絶対オススメ店】11選stmtmt.0616