沖縄でのダイビングライセンス取得のメリット4選!基本情報をご紹介

綺麗な海と自然豊かな沖縄でダイビングライセンスを取得したい方も多くいるかと思います。一人でのライセンス取得が不安な方や、初めての沖縄でのダイビングが心配な方に向けて、情報をまとめました。この記事を参考に、沖縄でダイビングライセンスを取得しましょう!
提供:アクティビティジャパン
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

沖縄がおすすめ!ダイビングライセンスを取得するメリット4選

沖縄でダイビングライセンスを取る際の4つのメリットを紹介します。魅力的な観光地である沖縄で、ダイビングライセンスを取得したいと思っている方は、新しい趣味の発掘に向けて、ぜひチェックしてみてください。

1. 綺麗な海で練習ができる

沖縄でダイビングライセンスを取るメリットの1つ目は、「綺麗な海で練習ができる」という点です。一年を通して温暖な沖縄は、年間を通してダイビングが可能な絶好のダイビングスポット。

沖縄の海は透明度が高く、鮮やかなブルーカラーが特徴。多くの海洋生物、ダイビングポイントが存在している沖縄の素敵な海で練習ができるのは、嬉しいポイントです。

2. 沖縄観光も楽しめる

沖縄でダイビングライセンス取得するメリットの2つ目は、「ダイビングライセンス取得と併せて、沖縄旅行や観光も楽しめる」という点です。

ダイビングライセンスの目的で沖縄に訪れれば、合わせて空き時間やライセンス取得の前後の日程で沖縄観光や旅行も可能です。

沖縄の観光スポットを訪れることも可能ですし、ゴーヤチャンプルやもずく料理などのグルメを楽しんだりと、リゾートでの旅行気分を味わうこともできるはず。
単なるダイビングライセンス取得だけでは気乗りしない方にも、沖縄でのライセンス取得はおすすめの方法です。

3. 沖縄を満喫しながら最低2日間で取得可能

沖縄でダイビングライセンス取得するメリットの4つ目は、「数日の休みを活用すれば、ダイビングライセンスの取得が可能」という点です。

事前のeラーニングなどを活用すれば、沖縄現地での海洋実習は最低2日間での取得が可能な場合も!旅行と一緒でも4泊5日の日程があれば、比較的ゆとりをもってライセンス取得ができます。

夏休みなどの長期休みや、土日と有給を活用して、ダイビングライセンスを取得してください。

4. 日本国内のダイビング仲間ができる

沖縄でダイビングライセンス取得するメリットの4つ目は、「日本全国にダイビング仲間ができるチャンスがある」という点です。

一年を通して温暖な沖縄はダイビングをするのに最適。透明度が高く美しい海には多くの海洋生物、ダイビングポイントが存在しているため、日本全国からダイビングライセンスを取得したい方々が集まります。

沖縄でダイビングライセンスを取得すれば、ダイビングショップの方や、同じ時期にダイビングをしている方と仲良くなれる可能性も!

沖縄好きや海が好きな人が集まる地ですので、ダイビングを始めるにはもってこいの場所です。

ダイビングライセンス(Cカード)とは

ダイビングライセンスとして発行されるCカードは、Certification Card(サーティフィケイト カード)の略称で「認定証」という意味です。

ダイビングライセンス(Cカード)は、国家資格ではなく、民間団体が発行しています。ダイビングライセンスを持っていなくても「体験ダイビング」は可能ですが、複雑な地形や深い場所に潜るためにはダイビングライセンスが必要です。

Cカードを取得すれば、海で潜れるスポットが増えるので、海の更なる魅力を発見したい方はぜひダイビングライセンスを取得してみてください。

代表的なダイビングライセンス(Cカード)を発行している民間団体

ダイビングライセンスを発行している団体は、世界に約40ほど存在しています。団体によって講習内容や潜れる条件などが異なるので、自分の希望や講習条件にあわせてどの団体のCカードを取得すべきかを事前にチェックしてみてください。

代表的な団体としては、PADI(パディ)やNAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)などが挙げられます。

日本でもメジャーなのは世界シェア約60%を占める、アメリカの指導団体PADIのCカードです。PADIのCカードがあれば海外でもダイビングが楽しめる箇所が広がるので、迷ったらPADIを選択肢に入れると良いでしょう。

沖縄でのダイビングライセンス取得の流れ

沖縄でのダイビングライセンス取得に関する一般的な流れを紹介します。

  • 沖縄に行く前:事前学習
  • 講習1日目:学科講習、プール実習
  • 講習2日目:海洋実習
  • 講習3日目:海洋実習、資格申請手続き、ダイバー認定

また、タイトなスケジュールで沖縄に訪れる際には、復路便(帰りの便)に注意してください。ダイビング後は、飛行機搭乗までに最低でも18時間以上は空ける必要があります。これは減圧症という気圧の変化で生じる障害を予防する為です。可能な限り、夕方以降の便で帰宅することをおすすめします!

講習初日

まずは自宅学習した問題の答え合わせをします。不明点や不安な点はインストラクターに確認して解決しましょう。学科学習を受講した後は、テストが実施されます。

学科テストが終わったら、次はプール実習です。ダイビング器材の組み立て方法を学んだ後、足の着く浅瀬で練習を開始し、徐々に深い場所へとチャレンジしていきます。

プール実習では主に、基本的な技術、緊急時の対処方法などを学習します。

2日目〜ライセンス取得まで

講習2日目は、海洋実習を行います。海で4回のダイビングを実施しますが、1日に4回潜ることは困難なため、2日間に分けて海洋実習を行うのが一般的です。

ダイビングショップによっては、海洋実習をビーチエントリーで行う場合とボートエントリーで行う場合があります。どちらかを選べるなら、ボートエントリーへのチャレンジがおすすめ。沖合に出るので、サンゴの群生、魚の群れなど沖縄の海を感じられ、足が付かない場所からの一般的なダイブ方法に慣れることができます。

講習3日目は、2日目と同様、海洋講習でダイビング。無事にすべての講習カリキュラムが修了したら、資格申請手続きを行います。

約1カ月でご自宅にCカード(ダイビングライセンス)が到着。一般的に水深18mまでの潜水と、ライセンス保持者として機材のレンタルや購入が可能となり、見える世界が広がります!

ダイビングライセンスを取得した後に出来ること!

メジャーな団体のCカード「ダイビングライセンス」が取得できれば、日本はもちろん海外のさまざまなスポットでダイビングが可能になります。一般的に水深18mと体験ダイビングよりも深い水深に潜れるので、新しい海の魅力を堪能することができるでしょう。

水中世界で言語の壁もないダイビングという共通の趣味を通して、世界中に仲間を見つけてみてください。

どのくらい見積もる?沖縄でのダイビングライセンス取得の資金準備

一般的には現地で3日間が必要です。観光などと一緒に余裕を持って楽しむのであれば4泊5日あれば、問題ないでしょう。

事前に自宅に講習用教材が送られてくる場合が多いので、特に最短取得を目指す場合などは、事前のeラーニングの実施や現地講習までに予習しておきます。実際に現地で学習できる時間も少ないので、自宅学習を推奨しているダイビングショップを選ぶことがおすすめです。

沖縄でダイビングライセンスを取得する際の料金について

ダイビングライセンス取得は、約5万円~10万円の講習料金が相場です。宿泊料金や教材費が含まれているかなど、申し込みの際には、ダイビングライセンス取得するまでの総額を確認しましょう。

ダイビングショップによっては下記が別途費用としてかかる場合があるので、チェックしてください。
  • 講習用教材代(eラーニング代)
  • ボートダイビング代
  • レンタル器材代
  • Cカード申請代
  • 送迎代、レンタカー代など

沖縄でダイビングを楽しんでみたい方は「アクティビティジャパン」で予約がおすすめ

アクティビティジャパンでは、沖縄で楽しみたいダイビングツアーや観光ツアー・アクティビティの予約が可能です。場所やアクティビティ種目ごとにツアーを探せるので、ぜひチェックしてみてください。

ダイビングライセンスを取得した方は、ライセンス必須のファンダイビングツアーを探せます。まだライセンスを取得していない方も体験ダイビングも体験ダイビングで充分美しい沖縄の水中世界を堪能できますよ。

ダイビングよりも気軽に楽しめる「シュノーケルツアー」もおすすめ!

ダイビングは気になるけど勇気が出ない人におすすめなのが、沖縄で楽しめるシュノーケルツアー。海でのアクティビティが初めての方や泳ぐのが苦手な方にぴったりの体験です。

子供は浮き輪に乗ったり箱メガネを使ったりしながら水中を観察できるので家族で楽しめます。泳ぎが得意でない方も常にインストラクターがサポートしてくれるので安心して参加できます。

海の魅力を目一杯楽しめるダイビング!自然豊かな沖縄でライセンスを取得しよう

沖縄でダイビングライセンスを取得する際の情報を紹介しました!自然溢れる沖縄では、多様な魚やサンゴなどの水中世界を満喫できます。

沖縄には青の洞窟が楽しめる真栄田岬や、慶良間(けらま)ブルーが楽しめる慶良間諸島など、魅力的なダイビングスポットが点在しています。ダイビングライセンスを取得して、ぜひ綺麗な沖縄の海を心ゆくまで楽しんでください。宮古島や石垣島などの離島に足を運べば、また違った魅力を感じられます。

リゾート観光を楽しみながら、季節に関係なく潜ることができる絶好のダイビングスポット沖縄で、ぜひライセンスの取得を検討してみてください。

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年9月27日

  1. 1新しいおいしさの白ビールがキリンから誕生!感動的なおい…
    aumo編集部
  2. 2【比較16選】マイナポイントはどの決済がお得?おすすめ…
    kabutan
  3. 39月26日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  4. 4【2022年9月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
    chanyama
  5. 5レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
    k__
  • aumo
  • サービス
  • 沖縄でのダイビングライセンス取得のメリット4選…