体験ルポ!LUXE DINING HAPUNAのブッフェに舌鼓♪

優雅な空間で贅沢な料理の数々がいただける“ホテルブッフェ”。とはいっても、なかなか訪れる機会がないだけに、いざ行こうとしてもどこへ行ったらいいのかわからないものですよね。そこでおすすめなのが、品川プリンスホテルの「LUXE DINING HAPUNA(リュクス ダイニング ハプナ)」!今回は実際に、LUXE DINING HAPUNAのディナーブッフェを体験してきました!ぜひ参考にしてみて下さい♪
この記事の目次

「LUXE DINING HAPUNA」とは

aumo編集部

「LUXE DINING HAPUNA(リュクス ダイニング ハプナ)」(以下HAPUNA)とは、品川プリンスホテル1階にある大人数収容のリュクスなダイニングレストラン。
ブッフェ形式ながら、音と光、映像で演出される空間はガヤガヤしすぎず、大人のリラックスタイムにぴったりの雰囲気。
場内にはゆったりとしたサウンドが流れ、アイコニックな中央の柱のディスプレイ画面には、緑豊かな自然風景が映し出されます。

HAPUNAのディナーブッフェを体験してきました!

aumo編集部

今回は、そんなHAPUNAのリュクスなブッフェを体験すべく、実際に訪れてみました!

扉を開くと、まず目に飛び込んでくるのはモダンリゾート風のゆったりとしたエントランス。
HAPUNAのロゴを照らすブルーのライトが水のようにも見え、非日常的な雰囲気を醸し出します。

“ホテルレストラン”の格式高いイメージに気圧され、実は少し緊張していた筆者。
開放感のある空間と“自然”を感じさせる演出に思わず張りつめていた気がほっと緩むのを感じました。

aumo編集部

エントランスを抜けて会場に入ると、そこには想像以上に広々とした空間が広がります。
390席という座席数の多さには目を見張るものが!
センターコート、フロントコート、カップルなどでゆったりとくつろげるアッパーラウンジなど、シーン別に合わせた座席設計となっており、居心地の良さを提供。

大胆な空間の使い方こそ、本当の“贅沢”。
そんなことを改めて感じさせられます。

aumo編集部

場内に歩を進めると、まず最初に目を奪われるのは、空間を仕切る役割も果たしている大型ワインタワー。
聞けば、高さ4m×幅6mという大型設計で、ワインを600本所蔵できるのだそう。

太陽・大地・水のパワーを表現したレインボーカラーと、向こう側が透かし見える抜け感が非日常的な雰囲気を醸し出します。

aumo編集部

より静かに過ごしたい方のために、個室のご用意も。
レストラン奥に位置し、間仕切り扉で完全に遮られたプライベートな空間は、記念日やイベントに利用するのにぴったり◎

お待ちかね!ブッフェコーナーをご紹介!

aumo編集部

さて!次はいよいよお待ちかねのブッフェコーナーのご紹介♪

ショーケースやサテライトキッチンにずらりと並べられた料理の数々は、どれも目移りするくらいに魅力的!
野菜も豊富に並べられているので、“まずはサラダ”な方も、“野菜が不足気味”な方も心ゆくまで食べられます。

また調味料も、定番のイタリアン・ごま・シーザー・青じそといったドレッシングから、フランボワーズビネガーやバルサミコ酢まで、女性が喜びそうな充実ぶり!

カニに刺身、お寿司…豊富な海鮮類に目移り!

aumo編集部

海鮮コーナーには、普段はなかなか食べる機会のない(であろう)カニも、大量に積まれた状態でスタンバイ!
もちろん、何本食べてもOK。

aumo編集部
aumo編集部

マグロ・カツオ・サーモンといった刺身、マグロやエビの寿司も大量に並びます。
筆者も食しましたが、とろけるような舌ざわりと肉厚っぷりに思わずお替わりしたほど…!

このほか、天ぷらやうどん、さつま汁など、和食派に嬉しい定番料理もきちんとご用意が◎
洋食に馴染みの薄い年配の方と行っても、選択肢が豊富なので安心ですね♪

調理パフォーマンスが見られるサテライトキッチン

aumo編集部

ガラス張りのサテライトキッチンには、洋食メニューがずらり!
ブレッド・スープ・アペタイザー・ミートディッシュと4つのセクションに分かれており、香ばしい食事系パンや甘めのパン、おしゃれな前菜に、程よいサイズに調理された肉料理などなどが並びます!

また、シェフがお客様を前にして調理パフォーマンスを行う場面もあるので、ライブ感を楽しむこともできますよ◎

aumo編集部

思わず写真を撮りたくなるくらいフォトジェニックなピンチョスも♡
また、奥の「ペンネと小海老のサラダ ゴルゴンゾーラ風味」は、チーズの豊かな風味が口いっぱいに広がる逸品!

aumo編集部

女性に人気のアヒージョも発見!
この「シーフードときのこのアヒージョ」、エビがふんだんに使われており、ワンスクープでこんなにとれるほど…!とっても贅沢ですよね♪

aumo編集部

ミートディッシュコーナーにはチキンやポーク、ビーフ料理が並びます。
ちなみに、手前に見えるチキン料理は「チキンの鹿児島県産麦味噌風味焼き」。

麦味噌の焼けた香ばしい香りがあたり一帯に漂います♪

フォトジェニックさ極まるスイーツセクション♡

aumo編集部

ブッフェのもうひとつの楽しみ方である“スイーツ”!
HAPUNAではスイーツも、料理に負けず劣らずの品数が所せましと並びます。

ケーキにジェラート、ブリュレ、フォンデュ、ファウンテン…まるでお菓子の家に迷い込んだような見栄えは、フォトジェニックの極み!

そして、注目すべきはディテール。
ジェラートを1つとっても、上部にレモンやイチゴなどのフルーツがトッピングされた愛らしさ♡

aumo編集部

ショーケースには、実に様々なバリエーションのケーキが。
「ロールケーキいちご」、「イチゴとブラウニーのトライフル」、「イチゴミルクシフォン」など。
スイーツといちご好きには魅惑的であろう、このラインナップ。

ミニサイズなので、色んなお味を楽しめるのも魅力的ですよね♪

もちろん、モンブランやシトロンフロマージュといった、いちごフレーバー以外のスイーツもありました。

aumo編集部

また、スイーツセクションのショーケースでは、ブリュレがバーナーで焼きあがっていく過程を見ることもできます◎

表面が次第にこんがり焼けていく様子は、ついついぼーっと見入ってしまうもの。

aumo編集部

こちらはまるで“お菓子の国”にでも迷い込んだかのようなフォトジェニックさの「ストロベリーファウンテン」。
トップから延々と伝い落ちていくストロベリーソースが優雅♡
サイドには、付け合わせとなるマシュマロやシュークリーム、スティックゼリーなどが並び、思わず写真に収めたくなる可愛さです♪

いざ、実食!!

aumo編集部

気になる料理をお皿にとり、いよいよ実食です!!

このローストビーフ、口に入れるとその柔らかさにびっくり…!
そして噛むごとに肉汁が染み出すジューシーさ…!

ローストビーフって“パサつきがち”、“美味しい状態をキープするのが難しい料理”という先入観があったのですが、最後の最後まで美味しくいただくことができました。
薄切りなので、ぺろりと食べられてしまうのもまた魅力的。

どれも筆舌尽くしがたい美味しさではあったのですが、とくに印象に残ったもうひとつの料理は「安納芋とニョッキのグラタン」。
グラタンのミルキーな味わいに、安納芋の素朴な甘みとニョッキのもちっとした食感が混ざり合い、思わず何度も“おいし~”と口にしてしまう味でした!

aumo編集部

料理を心ゆくまで堪能したら、お次はお待ちかねのデザート♡

さっきバーナーで焼かれていたブリュレもしっかり確保してきました!
とろりとしたカスタードと、カリっとした歯ごたえのコントラストがたまらない…♪

チョコムースにロールケーキといった柔らかい食感から、タルトやベイクドケーキといった硬めの食感まで代わるがわる楽しめるので、最後まで飽きることなく楽しめました!

モダンリゾート空間で美食に酔いしれるひとときを…♡

aumo編集部

いかがでしたか?
音と光、映像で演出された空間でいただくこだわりのお料理は、格別なもの。
自分へのご褒美や、友達とのちょっと贅沢なディナー、デート、お祝い事などさまざまな場面にフィットするので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【ディナーブッフェ概要】
開催時間:17:30~22:00
料金:
大人¥6,000(税込)
こども(小学生)¥3,800(税込)
幼児(3才~未就学)¥2,000(税込)〜

※以上にご紹介したメニューは3月31日(土)までとなります。
それ以降のメニュー詳細については、下記「LUXE DINING HAPUNA」内より公式サイトをご確認ください。

リュクス ダイニング ハプナ
詳細情報を見る
gnavi
tabelog
hot-pepper-gourmet
ikyu_restraunt
他のサイトで見る
※掲載されている情報は、2018年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新26選…
    yuri1020
  3. 3京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【関東へ紅葉狩りに行こう!】穴場から名所まで1度は行き…
    yufujito