ローコストで羽田空港に泊まる!寝るために必要なものは?場所は?

飛行機の便を取ってから、その便が始発でも間に合わないことに気付いた!羽田空港に着いた時には既に終電がなかった…なんて経験ありませんか?始発に間に合わない方や終電を失った人に贈る!羽田空港で寝るために必要なものと、寝るベストなポディショニングを紹介します☆
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

そもそも羽田空港に泊まって寝れる?

aumo編集部
「そもそも羽田空港に泊まることは出来るのか?」というこちらの問いの答えは「Yes」。けれどターミナルによって事情は変わってくるので、そこも踏まえてご紹介します♪
まず、「羽田空港第1旅客ターミナル」と「羽田空港第2旅客ターミナル」に泊まることは出来ません。羽田空港の国内線ターミナルの営業時間は朝の5時~24時。ただし出発ロビーは最終便の出発後、到着ロビーは最終便の到着後に閉まります。(羽田空港国内線公式HPより)
空港自体は閉まっても、国内線ターミナルに隣接しているホテルには泊まることができますよ。どうしても国内線ターミナルにいたい!!という方には「羽田空港第1旅客ターミナル」の1階にある「ファーストキャビン」がおすすめ。
aumo編集部
一方、「羽田空港国際線ターミナル」は24時間営業!そのため、羽田空港で寝る・泊まることができます。24時間営業のレストランやカフェもあるので、お食事にも困りません◎
羽田空港
詳細情報を見る
jalan_kankou
FIRST CABIN 羽田ターミナル1
GW最大15000円割引クーポンが配布中
rakuten_travelで予約
1泊 5,000円〜/人
他の宿泊予約サイトで見る
あわせて読む
羽田空港周辺の格安ホテル!安くて空港に行きやすいホテル7選

羽田空港で寝るために必要なものは?

羽田空港に泊まれることが分かったら、次は寝るために必要なものを準備をしましょう。より快適な環境で寝るためにも、事前準備は抜かりなくしたいところです◎

羽田空港で寝るために忘れちゃいけない必須アイテム!「ブランケット」

羽田空港で寝るために必ず必要なのがブランケット!羽田空港国際線ターミナルは24時間なので冬でもずっと暖房はついているようなのですが、身一つで寝ると流石に寒い…。ブランケットは掛け布団として利用できるだけでなく、ソファや床に敷けばマットレスの代わりの役割も果たしてくれる優れもの。
「ブランケットはかさばるから、旅先にまで持っていきたくない」という方も少なくはないはず。そんなときは100円均一やネットショッピングで安いブランケットを手に入れましょう。安いので惜しみなく使い捨て出来ますよ◎

羽田空港でもこれがあれば寝る時の寒さも怖くない♪「もこもこソックス」

続いても防寒グッズをご紹介。あると便利なのがもこもこソックス。寝る際に靴を履いたままだと、窮屈で寝辛いので靴を脱ぎたいですよね。けれど靴を脱いだら寒い…。そこでおすすめなのが、足の寒さを防いでくれるもこもこソックス♡
こちらも先ほどのブランケット同様に100円均一などで安く購入して、使い捨てると旅先での荷物も少なく済みますよ◎

まるで寝る袋?!羽田空港にあるUNIQLO「ウルトラライトダウン」

aumo編集部
これがあれば最強!UNIQLOのウルトラライトダウン!国民的衣類と言っても過言ではない、ウルトラライトダウン。防寒性はもちろんのこと、たたむと500mlペットボトルほどの大きさになることが魅力。ウルトラライトダウンを着て寝ると、まるで寝袋で寝ているかのような温かさを感じます♪
ウルトラライトダウンを持っていない方に、ウルトラライトダウンの代替品をご紹介。それは…レインコート。中でもビニール製のものがおすすめです。ビニール製のものは熱を逃しにくく、意外にも暖かい!ジャケットやダウンの下に着ると◎

羽田空港で更に快適に寝るために♡「アイマスク」

アイマスクをすれば、更に快適に羽田空港で寝ることができます♪24時間の羽田空港では、真夜中でも照明がついていることも。明るいところでは、なかなか寝ることができない人もいるのではないでしょうか。そんな時はアイマスクで外界をシャットアウト!アイマスクは飛行機の中でも使えるので、自分のお気に入りのアイマスクを購入しても◎
付けた瞬間にほわ~っと温かくなる「蒸気でホットアイマスク」もリラックス出来て、おすすめですよ。

羽田空港で寝る時の防犯面も抜かりなく!「南京錠」

aumo編集部
最後にご紹介するのは、防犯面で役に立つ南京錠。貴重品などが入っているリュックサックなどのカバンにつけておくと安心です◎いくら安全な日本といえど、防犯対策は怠らずに!羽田空港で寝る際には、南京錠も忘れずに持って行ってくださいね。

寝る準備は出来た!では、羽田空港のどこで寝ればいい?

羽田空港で寝るためのアイテムは準備できましたか?次は羽田空港のどこで寝るのが良いのかをご紹介♪

羽田空港1階で寝る時には、「エントランスプラザ」

1階のエントランスプラザには24時間営業のローソンがあります。24時間のコンビニがあるのは嬉しいですよね♪こちちらの場所は人通りが少ないので寝る際も◎
椅子を使って寝る際は、上の写真のように手すりのないものがおすすめ。椅子は羽田空港で寝る人達の間で争奪戦になるので早めに確保を!ただしあまり1人で幅を取り過ぎないよう、周りの方への配慮もしてくださいね♪
あわせて読む
24時間営業!早朝・深夜便でも大丈夫♡羽田空港で快適に休もう♪

羽田空港の2階の到着ロビーで寝るのも◎

次におすすめするのは2階の到着ロビー。こちらのフロアにはシャワールームやセブン銀行のATM、カフェなどがあります。
aumo編集部
15室あるシャワールームは24時間営業!タオルやシャンプー、ドライヤーなどのお風呂に必要なものは無料で貸し出してくれますよ◎
汗を流してから寝たい!という方に嬉しい施設です。
あわせて読む
【羽田空港周辺】お風呂、シャワーならココ!5つの施設をご紹介♪

羽田空港5階「TOKYO POP TOWN」で寝るのもおすすめ◎

人気がなく、静かな眠りにつけるのが5階にあるこちらの「TOKYO POP TOWN(とうきょうポップタウン)」。日中はちょっとしたショッピングモール的な通りになっていますが、どこのお店も夜になると閉まってるので、夜は静寂な空間になりますよ。
あわせて読む
羽田空港で買い物だけしたい!おすすめのグルメ&ショッピング10選

~番外編~羽田空港から離れて温泉で寝るという選択◎

最後に、羽田空港の外に出たい!という方におすすめな夜の明かし方をご紹介!実は羽田空港から1時間ほどで、極上温泉に入ってから寝ることが出来るんですよ♡
それがこちらの「お台場 大江戸温泉物語」。「大江戸温泉物語」入館料と「羽田空港国際線ターミナル」行きのバスのセットが3,480円(税込)と超お得!!
大浴場とサウナは11時から次の日の朝8時まで入れるので、温泉に使って時を過ごすも良し。横になって寝たい方はリクライニングルームもあるので、そこで仮眠を取っても◎
羽田深夜到着便プランと羽田空港早朝出発便プランがあるので、終電を失った時でも始発がない時でも使えますよ◎

あわせて読む
「お台場大江戸温泉物語」を徹底解説しちゃいます!宿泊もできる!

意外と快適?!羽田空港で寝る事も視野に入れよう♪

いかがでしたか?事前に羽田空港で寝るためのアイテムを確認しておけば、意外と羽田空港で快適に寝ることが出来るかもしれません◎羽田空港で寝る際は周りの方やスタッフの方への配慮をして、マナーを守って寝てくださいね♡
あわせて読む
【羽田空港特集】国際線旅客ターミナルのおすすめスポットまとめ☆

海外旅行に行くなら「イモトのWiFi」がオススメ!お得なレンタル情報をお届け♪

旅行先で目的地やお店の場所を調べたり、今はどこへ行くにもスマホが必須の時代です。
しかし海外旅行ではホテルやカフェのフリーWiFiを使えるものの、通信速度が遅かったり、そもそも繋がらないことも少ないありません。

そんな時におすすめなのが、海外用レンタルWiFiの「イモトのWiFi」。電波もつながりやすく通信速度も速い上にコスパも◎レンタル方法も簡単で、困った時は専任の日本人スタッフによるサポートが24時間いつでも受けられるから旅先でも安心!

海外旅行は「イモトのWiFi」で快適な旅を楽しんでください!
下記のリンクからはお得に申し込み可能です!今すぐクリック♪

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1転職市場への新型コロナウイルスの影響は? 採用に前向き…
    OVO(オーヴォ)
  2. 2【先着200名様へギフト券!】「#春」フォト投稿キャン…
    aumo編集部
  3. 3こんなティラミス見たことない!?泉北で見つけたティラミ…
  4. 4【有楽町】ガード下の飲み屋街はここが熱い!おすすめ居酒…
  5. 5【当選発表!】東京メトロオリジナルグッズをGETしたの…
    aumo編集部