【香川県琴平町】非日常で過ごす贅沢プライベート空間のお宿

香川県琴平にある琴平花壇は、通称「こんぴらさん」で親しまれている金毘羅宮のふもとにある老舗旅館です。中でも、今回宿泊した 2019年に全面リューアルが完成した「山翠閣」はどれをとってもとっても素敵な空間でした!「贅沢なプライベート空間」とは、まさにこのこと!!ご褒美旅行にもってこいなお宿の感想と魅力をお伝えしていきます。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

琴平花壇の基本情報とアクセス方法

ゆるふわOL
「琴平花壇」は香川県仲多度郡琴平町にある創業400年の歴史ある老舗旅館です。敷地内には4つの異なるの宿泊施設があり、手入れが行き届いた日本庭園の中にある「数奇屋造りの離れ」、その庭園を囲むようにして、部屋タイプや景色の希望に合わせて「富士見台」「松月テラス」「山翠閣」の3つが用意されています。

最寄駅は?どう行くのが便利?

ゆるふわOL
車以外のアクセスは空港からと公共交通機関の利用だと思うので、その2点をお伝えしていきます。まず、最寄り駅は「JR琴平駅」と「琴電 琴平駅」になります。この2つの駅からお宿までは無料送迎バスのサービスがあります。駅から徒歩でも15分程度なので、歩ける距離ではありますが、これから観光もするなら体力は少しでも残して置きたいですよね。

車以外のアクセス方法

ゆるふわOL
飛行機の場合:
四国には3つ空港がありますが、同じ香川県にある空港「高松空港」を利用するのが便利でした。飛行機からの「JR琴平駅」まで行く「琴平バス」が、ANA・JALの飛行機の到着時刻に合わせて運行しているのでバス待ちの時間のロスを気にすることがないのが嬉しいところです。

飛行機以外の場合:
高速バスと電車があります。琴平行きのバスは各方面から出ていますが、お迎えに来てくれるのは「JR琴平駅」と「琴電 琴平駅」なので、琴平のどこで降車になるかは確認が必要です。道が心配な人はお迎え駅を目指すのが安心だと思います。

ほっと一息・落ち着きのあるロビー

ゆるふわOL
「こんぴらさん」のお参りを午前中に計画していたので、到着時間がかなり早めでしたが、荷物の預かりをしてくれます。この日はひな祭りが近かったのでロビーには七段飾りの雛人形の飾りがありました。春を感じさせる気遣いに心が和みます◎これもおもてなしのひとつですよね。
ゆるふわOL

チェックイン・お出迎えのおもてなし

ゆるふわOL
観光から戻ってきて、ロビー後ろのソファーに座って待っていると、おしぼりとお茶が運ばれてきました。
暖かいおしぼりと初めて飲んだほんのりとした甘さのあるお茶が歩き疲れた体にじんわりとしみます。
お部屋・館内・ラウンジ・食事の時間・貸切露天風呂と一通りの説明を受けたら、ついに待ちに待った別館のお部屋に案内していただきます♪

山翠閣のご紹介!庭園のその奥にあるモダンな空間

ゆるふわOL
今回、宿泊した「琴平花壇 別館 山翠閣」のお部屋を紹介していきたいと思います。宿泊は2月の金曜日、お部屋は「専用露天風呂付・和洋室C」にしました。決め手は露天風呂の横にゆったりとしたテラスあったこと!テラスからの見晴らしが気持ちよさそうだったからです。これから1つずつ紹介して行きますが、本当に何もかもが素敵でここに泊まれてよかったと思いました。

和の外観に洋が溶け込んだ客室数10以下の贅沢なつくり

ゆるふわOL
ゆるふわOL
ゆるふわOL
ロビーから一度外に出て、中庭の横にある赤い橋を渡り、階段を登っていったその先が「別館 山翠閣」のエントランスです。客室数から考えても広すぎるエントランスはお洒落なマンションのようでした。専用の靴箱にしまい、あとは用意されたスリッパと外履きで敷地内を歩きます。荷物はすでに部屋に運ばれているので完璧です。

扉を開くと期待以上の空間

ゆるふわOL
ゆるふわOL
ゆるふわOL
ゆるふわOL
開けたその先はHPで見ていたままの素敵なお部屋が広がっていました!お部屋はセミダブルベットが2台の広々としたツインルーム、ローソファーにローテーブルが置かれた8畳の和室、そして、露天風呂付きテラスの3つに分かれています。ベットは2台ですが、お布団もあり定員が5名のお部屋なので、2人だと広すぎるくらいの大きさですが、贅沢旅にはちょうど良い広さだと思います。

お部屋でくつろいでもらうためのおもてなし

ゆるふわOL
ゆるふわOL
居間にはウェルカムスイーツの和三盆を使った優しい味のおまんじゅうが用意されていました。ドリンクもコーヒー、紅茶、ハーブティーと種類が多く用意されているもの嬉しいおもてなしです。個人的にはコーヒーがネスプレッソマシーンでカプセルが数種類あったのがコーヒー好きの私は嬉しさ2倍でした。

いつでも入れる私だけのお風呂

ゆるふわOL
ゆるふわOL
洗面所、洗い場、その奥に客室付きの露天風呂が続きます。澄んだ空気と少しひんやりとした外からの風がとっても気持ちいいです。露天風呂とテラスは繋がってるので、境目にある可動式の仕切りを取り払えば雄大な讃岐平野や阿讃山脈が一望できます。

充実のアメニティー類

ゆるふわOL
一般的なアメニティー以外にスキンケア類も用意されていました。中でも、嬉しいなー。と思ったのは、バスローブにフェイシャルパックがあったのと、伽羅の香りがするオリジナルのシャンプー、コンディショナー、ボディソープ一式が高級感があるお宿にマッチしてました。

山翠閣 宿泊者のみの貸切露天風呂

ゆるふわOL
客室付き露天風呂があるから、正直あまり期待はしていなかった「杜の湯」でしたが、それは大間違いでした!
時間予約制で45分貸切ができます。期待以上だったのは、森の緑に囲まれた広々とした露天風呂もそうですが、ゆったりとした湯上り処が快適でした。熱くなったら、畳に腰掛けて、お水を飲んで、湯冷ましを繰り返したら時間はあっという間に過ぎていきました。タオル類から化粧水まで揃っているので、手ぶらでOKです。

食事も個室でゆっくり。四季の味覚を楽しむ豪華夕食

ゆるふわOL
食事は「けやき」でいただきました!「けやき」にはテーブル席と個室あるようですが、今回は個室のお座敷でした。
食事を最後まで讃岐三畜(オリーブ牛・オリーブ豚・オリーブ地鶏)のコースと悩みに悩みましたが、瀬戸内海の海の幸もやっぱり捨てがたくて・・香川の厳選された山の幸・海の幸が散りばめた特選会席「香川が誇る四季の味覚を散りばめた旬の特選プラン」に決めました。
ゆるふわOL
ゆるふわOL
食事は特選会席して大正解でした!山・海どちらかに偏る事なく、いいとこ取りできたなというのが私の感想です。中でも見た目と味はホタテに似ているけど、身が締まった食感の「平木貝」の甘さ、さしが綺麗にはいったオリーブ牛のローストは忘れられません。

食後は「ガーデンラウンジ」でもう一杯

ゆるふわOL
プランにはラウンジでのコーヒー・紅茶のサービスも含まれていたので、食後に立ち寄りました。21時からはバーラウンジとなり、スパークリングワインをワンドリンクサービスしてもらえます。せっかくなので、素敵な空間で乾杯♡としたかったのですが、お酒が強くないので紅茶をお願いしました。快く対応してくださいました。テラスには足湯が備わっているので、月を眺めながら今日の思い出話しもいいですよね。

品数豊富なバランスのとれた和定食

ゆるふわOL
ゆるふわOL
朝食も夕食と同じ「けやき」の椅子の個室でいただきました。和定食という事だったので、正直あまり期待をしていなかったのですが、小鉢・だし巻き卵、湯豆腐と次々に運ばれてくるおかずを見ていると急激にお腹も空いてきます。
自分で焼く焼きたての魚、温かい状態でいただける湯豆腐はより一層美味しく感じました。
食べきれるかな。とも思いましたが、どれも優しい味つけなのでそんな心配は不要でした!

食後に〆のデザートが♡

ゆるふわOL
なんと食後にはデザートとドリンクのサービスがありました♪
和定食だったので、デザートを期待していなかったので、運ばれてきてテンションが上がってしまいました。
この時のデザートは牛乳プリンとコーヒーか紅茶でした。
朝からすっかり幸せな気持ちにさせてもらい、帰りたくないな。と思いはじめてしまいました。

五感の全てが癒される老舗のお宿

ゆるふわOL
「琴平花壇 別館 山翠閣」はいかがでしたでしょうか?
和と洋のモダンな広々としたお部屋に客室付き露天風呂、香川の四季の味覚をふんだんに詰まった夕食に朝から食欲が湧く朝食数々。

どれをとっても特別で贅沢な宿泊となりました!

非日常なプライベートな時間を過ごすしたいと思ったら、ぜひ宿泊してみてくださいね。

周辺観光のスポット

愛称「こんぴらさん」の金刀比羅宮

ゆるふわOL
むかしより「一生に一度はこんぴらさん」と言われ、今も多くの人がご利益を求め訪れます。
金刀比羅宮がある象頭山の中腹までは、参道口から御本宮までは785段、奥社までは1368段の石段が続きます。
石段を登るのはなかなか大変ではありましたが、参道にはお店や資料館があるので、立ち寄りがら登っていくのでが楽しく登れます。それに、登って行くと景色がどんどん綺麗になっていくので、とても気持ちいいですよ。

香川県で味わう銀座の名店の味「神椿」

ゆるふわOL
疲れてくると甘いものが食べたくなりませんか?
驚いたのですが、「こんぴらさん」の森の中に資生堂パーラーがあるんです。
店内は名店の味が楽しめるレストランと軽食とスイーツが味わえるセルフのカフェになっています。
中でもカフェで味わえるさぬきの素材を使った人気No1の神椿パフェはオススメです。
ここまでくれば御本宮まであと少し!元気をチャージして登っちゃいましょう!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年10月7日

  1. 1【2022年10月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  2. 2【比較16選】マイナポイントはどの決済がお得?おすすめ…
    kabutan
  3. 310月7日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  4. 4レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
    k__
  5. 5【2022年10月】ミスド食べ放題の実施店舗はどこ?メ…
    Nalumi_uyu