【福岡女子旅をもっと楽しも♡】天神から30分、和と芸術の街「太宰府」

福岡と言えば博多・天神。でも、そこだけで福岡観光を終えるのはもったいないですよ!実は、天神から電車で約30分で行ける観光スポット「太宰府」が、今アツいんです。"和"と芸術が楽しめる街太宰府で、女子3人旅を楽しんできました♡その様子を大公開!
提供:株式会社西日本新聞イベントサービス
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

【11:00】天神から電車で30分!太宰府に到着◎

aumo編集部
午前11:00。太宰府駅に到着!
太宰府駅は、福岡の中心地「西鉄福岡(天神)」駅から電車で約30分。
今回は電車で来ましたが、「博多」駅からはなんと直通のバスもでているんだとか!

手軽に行けるのに、天神や博多とはまた違った雰囲気を楽しめる街なんです♪

これから始まる太宰府の旅にわくわく♪

aumo編集部
駅の佇まいからも分かるように、太宰府は今もなお歴史的・文化的な趣深い雰囲気が残る場所。
"和"の雰囲気にどこかほっこりするような太宰府で、仲良し3人組による女子旅、スタートです♡

【11:30】ホテルカルティアの古民家レストランでランチ

aumo編集部
お腹がペコペコな私たちは、息つく間もなくランチへと向かいます。(笑)

せっかくなら"太宰府らしい"雰囲気のレストランに行きたいよね、と今回のランチに選んだのはこちら!
太宰府天満宮を中心に点在する古民家ホテル「ホテルカルティア」内の「レストラン ルアン」です。

まるで江戸時代に迷い込んだかのような門構えに、一同圧倒。
もちろん、記念写真を撮ってインスタ映えも狙えちゃいますよ☆

映える料理の数々にカメラを向けっぱなし!

aumo編集部
お店の中に入ってみると、古民家をリノベーションした建物とあってかなりおしゃれ。
古風な雰囲気とスタイリッシュな空間が、とてもマッチしています◎

私たちが今回チョイスしたのは、1番お手軽なハーフランチコース。¥2,800(税抜)
オードブルから始まる華やかな料理が次々と運ばれてきて、カメラを構える手が休むことはありません!(笑)

カジュアルでありながら絶品◎見た目もおしゃれでウキウキなランチコース

aumo編集部
「レストラン ルアン」でいただけるのは、地元福岡で採れた食材をふんだんに使ったフュージョンフレンチ。
カジュアルながらも、本格的なフレンチが楽しめます!
aumo編集部
aumo編集部
初体験の見た目・味に、思わず目がキラキラ。

日本庭園を眺めながらの食事は、非日常を思わせます…♡
写真の撮り合いっこなんかして、時に気取って、時にはしゃぎながら、あっという間にコースを堪能。

お腹も心も満たされました◎

【13:00】いざ、本日のメイン、九州国立博物館 特別展「フランス絵画の精華」(3月29日まで)へ!

aumo編集部
さて、お腹が満たされた後は本日のメイン、「九州国立博物館」に。

太宰府天満宮の境内から直通のアクセストンネルがあるので、アクセスも楽々なんです♪
動く歩道、通称"虹のトンネル"を通って、アートの世界へと足を踏み入れます…!

スケールの大きさにびっくり…!自分たちがちっぽけに感じる

aumo編集部
aumo編集部
「九州国立博物館」に到着するとまず圧倒されるのが、この外観。
曲線でデザインされたこちらの建物は、とても印象的。大きなスケール感に、自分たちがちっぽけに感じます。
館内では、日本の歴史を海外の国々との交流の視点から学べます。

そして、今回太宰府に来た目的と言っても過言ではないのが、こちらの「九州国立博物館」で現在開催中の特別展「フランス絵画の精華」。

17~19世紀のフランス絵画を、流れを追って鑑賞できるこちらの展覧会では、古典主義やロココ美術、新古典主義、ロマン主義を経て印象派誕生の直前までを楽しむことができます。
フランスのルーヴル美術館、オルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿美術館、大英博物館、ベルリン美術館など、世界中の有名美術館から集めた油彩画が揃っているんです!
日本初公開の作品も多く、美術ファンには必見の展覧会となっています◎

ハッとさせられるフランス絵画たち

aumo編集部
aumo編集部
数々のフランス絵画たちに魅了され、まるで異世界に迷い込んだかのよう。

両手を広げるくらいの大きさの絵画もあり、その迫力はまさに圧巻。それでいて細部は本当に細やかなんです!
華やかで豪華な美術品の数々は、日本にいたら中々見ることのできない貴重なものばかりでした…!

中には撮影OKの作品も◎

aumo編集部
中には撮影がOKな作品も。

貴重な体験を、思い出として自分のスマホにも収めることができ、大満足。

絵画以外の展示物も!見どころたっぷり◎

aumo編集部
「フランス絵画の精華」の展示は、絵画だけではありません!

なんと、会場には宝塚歌劇「ベルサイユのばら」で使用された衣装の展示も行われているんです♪
当時のヨーロッパ貴族の華やかさを、存分に鑑賞できます!

【15:00】太宰府の街に繰り出して、食べ歩きへ♪

aumo編集部
さて、美術館鑑賞を終えた後は、ぶらりと太宰府の街へ繰り出して、おやつタイム♪

ここ太宰府は、甘味処やお土産店など、寄り道スポットがたくさん。食べ歩きにぴったりな街なんです☆

名物「梅ヶ枝餅」を作っている様子に、興味津々…

aumo編集部
必食は、名物の「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」。あんこが入った餅を鉄板で焼き上げる、太宰府の定番菓子なんです♡
目の前で焼かれている様子に、全員興味深々!(笑)
aumo編集部
焼き立ての梅ヶ枝餅は、外はパリッと、中はホクホクもちもちで、たまらない美味しさ♡

素朴な味わいだからこそ、シンプルな美味しさが旅の疲れに染みます。
寒い冬にぴったりな、熱々スイーツです◎

【16:00】太宰府のスタイリッシュなスタバでほっと一息♡

aumo編集部
歩き疲れたら、見慣れたロゴのスターバックスで一息。
ふらりと入ってみると、何やら他のスターバックスとは違う雰囲気が…?!

そう、太宰府のスターバックスは特別仕様。なんと、あの国立競技場を設計した隈研吾氏の作品なんです!
デザイン性の高い外装・内装がとってもおしゃれ♪
このために訪れるスタバファンも少なくないんだとか。

思い出話に花が咲く

aumo編集部
この旅を振り返ったり、みんなでの思い出話をしたり。
今回の旅がこんなに充実していたのも、この3人で来られたから!

いつもより素敵なスターバックスで、いつもより心地良い時間が過ごせたかも♡

"和"と芸術の街、太宰府。ありがとう、また3人で来るね!

aumo編集部
これにて今回の太宰府の旅はおしまい。

美味しいご飯を食べたり、美術館で見たかった絵画を鑑賞したり、食べ歩きしながらひたすらおしゃべりしたり。
博多・天神から少し足を延ばせばこんな素敵なスポットがあるなんて。

"和"と芸術の街、太宰府。女子旅におすすめですよ♡

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月25日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  2. 210月22日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【2021年10月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ラン…
    tunetune95
  4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  5. 5【10月最新】ケンタッキーメニュー18選!ランチ情報や…
    kabutan