【赤坂】"和食"の尊さを知った夜。若い世代に行ってほしい「赤坂とゝや魚新」

"老舗の和食屋"-いつか行ってみたいと思いつつ、中々気軽に行けず…。そんな私が出会ったのは赤坂の「赤坂とゝや魚新」でした。マナーや料理の知識ゼロでも、食を楽しみたい心さえあればOK!五感で"和食"の美しさを味わった「赤坂とゝや魚新」での体験をお伝えします♪
提供:赤坂とゝや魚新
この記事の目次

【赤坂とゝや魚新】赤坂駅から徒歩約3分!趣深い玄関がお出迎え

aumo編集部
赤坂駅から徒歩約3分の「赤坂とゝや魚新」。
飲食店やオフィスビルでひしめく通りのはずれに佇みます。

ささやかな植物が添えられた立て看板が、駅周辺の喧騒を忘れさせてくれます。

「赤坂とゝや魚新」は明治23年に赤坂で開業した鮮魚店がルーツ。老舗中の老舗です。
噂では和食を"気軽に"堪能できるらしいが…本当なの?

少しドキドキしつつ、正統派和食を頂くのは初めてなのでワクワク!
今回は、和食に対する意識が180度変わった夜の話を、お伝えします!

基本情報

店名:赤坂とゝや魚新(あかさかととやうおしん)
住所:東京都港区赤坂5-1-34 The Quarter House 1F
電話番号:050-5268-7845
アクセス:赤坂駅より徒歩約3分、赤坂見附駅より徒歩約5分
営業時間:【月~金】ランチ 11:30~14:00(L.O)、ディナー 17:30~21:00(L.O) 【土】ランチ 11:30~14:00(L.O)、ディナー ご予約のみ
定休日:日曜、祝日

【赤坂とゝや魚新】和と温もりを感じる店内の空間

aumo編集部
「赤坂とゝや魚新」の店内に入ると、木の温もりが気持ちよく感じられる空間が広がります。

カウンター席からは厨房の様子を見ることができます。
奥行きがあるのでとても開放的。

あれ?意外と緊張感ゼロ…!
私はすぐに肩の力が抜けました。リラックスして食事ができそう♪

個室スペースもあり◎

aumo編集部
奥には座敷の個室スペースも!

こちらのお部屋は、宴会利用や記念日利用にも使われることが多いのだそう。
畳の上で和食というのも、なかなか風情があって憧れますよね。

個人的には、結婚の時の家族同士の顔合わせがここだったら素敵だな…と、あるか分からない未来の妄想を膨らませてしまいました(笑)

間近で調理を見られるカウンター席がおすすめ

aumo編集部
選んだのは、やっぱりカウンター席。
すぐ目の前で料理を作ってくれるのが新鮮なのと、店主さんに和食の事を聞けるチャンスだと思ったのが理由。

そんな"お得感"のあるカウンター席で、和食を満喫しちゃおうっと!

【赤坂とゝや魚新】新鮮な季節物で彩られる、自慢のコース料理

赤坂とゝや魚新
「赤坂とゝや魚新」の和食の魅力を知るには、コース料理を頼むのがおすすめ!

ディナーコースは¥8,000(税抜)、¥10,000(税抜)、¥12,000(税抜)から選べます。

「コース料理は何が出てくるんですか?」と店主さんに質問すると、なぜか少しお困りの様子に。
そう、「赤坂とゝや魚新」のコース料理は、毎日お決まりのメニューではないんです!

"その日に仕入れた季節物"の食材を用いた料理を出すので、もはや日替わり。
そこが「赤坂とゝや魚新」が長年愛される秘訣と言っても、過言ではありません。

今回は、私が食べたコース料理の1部をご紹介しますが、料理は来店日によって異なることをご了承ください。

"喰い切りコース【らん】¥12,000(税抜)"の構成

・先付け 前菜3種
・お椀
・お造り 4種盛り
・焼き物
・肴
・煮物
・ご飯もの
・デザート

※内容は季節、旬に合わせて変わります。

【赤坂とゝや魚新】優美な和食を心から愉しむ。コース料理の1部をチラ見せ!

最後の1滴まで味わいたい、伊勢海老しんじょのお吸い物

aumo編集部
和食の汁物で定番のお吸い物。
出てきた瞬間、透き通った汁の艶に目が奪われました。

竹の子の下の伊勢海老の"しんじょ"は、真珠のように身を潜めます。
こちらの"しんじょ"、伊勢海老に加え山芋や魚などをすり身にしたものなんだとか。
プリプリのなめらか食感の中に、しっかり伊勢海老の歯ごたえも感じられ、満足度◎

『お吸い物は家でも簡単に作れますよ。使うのは醤油と塩だけ。』と店主さんが一言。
しかしレシピを聞いてみると、ダシを取るのに適した温度調節にかなり手間をかけている模様。

「赤坂とゝや魚新」ならではの、絶品のお吸い物なのだと再認識しました。

(※料理は季節、旬に合わせて変わります。)

1枚ずつ丁寧に味わいたい、刺身の盛り合わせ

aumo編集部
旬の刺身の4種盛り。
恥ずかしながら、刺身なんてどこで食べてもほぼ同じだろう、と高を括っていた私。
そんな私は、「赤坂とゝや魚新」で刺身の繊細さを思い知ることに。

店主さんが厳選したアイルランド産のまぐろは、程よい脂がのり、柔らかくて心地良い舌触り。
鯛は、プリッとキレのある歯ごたえに、ちょうど良い脂が後に残るだけ。ねちょっとした感じが全くなく、さっぱり!
人生初のさゆりは、木の葉型に切ってある見た目が素敵。表面の銀色がキラキラ光り、小ぶりで食べやすい!
赤貝は、コリコリした食感と爽やかな磯の香りが新鮮。

上品に添えられた生ワサビは、"生"なだけにキツい辛味はゼロ。
ワサビそのものの甘さと香りが刺身と調和して、ワサビ嫌いの私でも美味しいと思えてしまいました。

正しい食べ方は、お刺身の上に少量のワサビを乗せて醤油に付けるのだそう。
和食マナーを1つ知り、レベルアップした気分♪

(※料理は季節、旬に合わせて変わります。)

ノドグロ初体験!ほろほろ柔らか焼き魚に舌鼓。

aumo編集部
こちらはノドグロ焼き。

店主曰く『ここまでしっかりした量で出すところはありませんよ。』と。
そんな店主自慢のノドグロ焼き、確かに肉厚!

焼き魚の骨は基本あらかじめ取ってくれるので、箸を入れるとすぐにほぐれる柔らかさ。
シンプルな塩の味付けで、すだちをかけても相性抜群!

ノドグロ初心者でしたが、口の中でホロホロと崩れる感触が気持ち良く、皮まで食べられてしまう美味しさでした。

(※料理は季節、旬に合わせて変わります。)

【赤坂とゝや魚新】"和食"をもっと気軽に。次世代に繋げたい、日本文化。

aumo編集部
「赤坂とゝや魚新」で感じたのは、"和食の尊さ"。

それまでは無意識にハードルの高さを感じ、あえて和食屋さんに行くことのなかった私。
ですが「赤坂とゝや魚新」での食事を通して、純粋に食を味わうことの楽しさを知りました!

マナーや食材の知識は後付けでOK。大切なのは、和食の味を感じることだけ!
「赤坂とゝや魚新」では、店主さんが料理の事を面白く話してくれます。

色々なシーンで、あえて"和食"を選びたい!

aumo編集部
次世代を担う若者にとって、"和食"は人とのコミュニケーションツールの1つにも。

世界の無形文化遺産にも登録されている"和食"に触れ、"和食"を知り、発信する必要は高いのでは?
ビジネスシーンでも外国人との関わりが増える今、"和食"を通したコミュニケーションは身に付けておいて損はないかも。

記念日、デート、家族との食事、接待…様々なシーンで"和食"を選びたい!と思えました。

老舗の和食を気軽に味わうなら「赤坂とゝや魚新」で

aumo編集部
和食って純粋に、こんなにカジュアルに楽しめるんだ!
「赤坂とゝや魚新」で、改めてそう実感しました。

100年以上も続く老舗の「赤坂とゝや魚新」でなら、古くから伝わる日本の食を味わいつつも、高級感に気後れすることなく和食が楽しめます◎
ぜひ大切な日に、何でもない日常に、ご褒美に、「赤坂とゝや魚新」の和食を味わいに行きませんか?
人気
魚介料理・海鮮料理郷土料理(その他)
赤坂とゝや魚新(あかさか ととや うおしん)
東京都赤坂
★★★★★
★★★★★
4.03
1件
1件
¥2,000~
¥15,000~
日曜・祝日
赤坂とゝや魚新(あかさか ととや うおしん) 1枚目赤坂とゝや魚新(あかさか ととや うおしん) 2枚目赤坂とゝや魚新(あかさか ととや うおしん) 3枚目
『とゝや 魚新』は、明治23年赤坂で鮮魚店『魚新』として開業。 120年以上に渡り鮮魚店、仕出屋を経て料理屋へと育まれてきました。 老舗でありながら、敷居が高いイメージのある日本料理を気軽に堪能できるお店としてご利用いただけます。 当日仕入れた最上級の食材を使い、職人の技で四季を留めた和食へと誂えました。 すべてのお料理が職人の手によるものです。日本情緒溢れる空間で、和の真髄を感じるお料理をお愉しみください。
利用シーン
ランチディナー
住所
東京都港区赤坂5-1-34 The Quarter House 1F
アクセス
■東京メトロ 千代田線 赤坂駅 より徒歩3分■東京メトロ 丸の内線・銀座線 赤坂見附駅 より徒歩5分 赤坂駅から213m
営業時間
[月~金] ランチ:11:30~14:30(L.O14:00) ディナー:17:30~22:30(最終ご入店19:30) [土] ランチ:11:30~14:30(L.O14:00) ディナー:ご予約のみ
ユーザーのレビュー
東京都300投稿
あんよ
敷居の高い日本料理もランチなら私でも楽しめる♡そんなわけで行ってきたのは【赤坂とゝや魚新】さん。なんとランチが¥1100からって、嬉しすぎるお値段ワァ─ヽ(*゚∀゚*)ノ─イ私は銀鮭塩焼←¥1100お茶は温かいものと冷たいものを選べました、嬉しい!暑かったので冷たい方でお願いしました。本日の小鉢は筑前煮。ほわほわに焼きあがった銀鮭に、昆布の佃煮と大根おろしが添えられ、ともに出てきたのは温かいごはん、出来たてのたまごやき、きんぴらごぼう、おつけもの、お味噌汁。銀鮭は大きくてふっくらほわっほわ!!あぶらっこくもなく、パサパサでもなく、塩辛くもなく、最高すぎる。昆布の佃煮や大根おろしも楽しめて、小鉢や付け合せも美味しく、ご飯はオカワリできるそう。お味噌汁も塩分控えめな優しいお味。おあげとお豆腐、ネギが入っていました。隣の方は鯖塩焼き。鯖は2切でそれも美味しそうだったな♡かなりお得なランチ!!ご馳走様でした。
投稿日:2022年9月13日
aumoログイン&予約でaumoポイントGET
他のサイトを見る
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2023年1月29日

  1. 1【2023年1月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
    chanyama
  2. 2日本初!3階建てのメリーゴーラウンドがオープンしたハウ…
    mk0211
  3. 3【Qoo10メガ割】2023年次回開催はいつ?お得なク…
    ytim09
  4. 41月27日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  5. 5【比較21選】マイナポイント紐付けにおすすめの決済サー…
    kabutan