技能実習生とは?受け入れ方や職種などをわかりやすく解説!ウズベキスタン編

    外国人技能実習制度を活用する企業が増加していますが、技能実習生とはどのような制度であるのか、漠然としたイメージのみで実際の仕組みがわからない方もいるかもしれません。今回は技能実習生とはどのような制度なのか、ポイントをおさえてわかりやすく解説します。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    技能実習制度・技能実習生とは?わかりやすく解説

    外国人技能実習制度は、平成28年11月28日に公布された制度のこと。平成29年11月1日に施行された外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)に基づいて、現在は新しい技能実習制度が実施されています。(※"厚生労働省 公式HP"参照)

    外国人技能実習制度がどのような仕組みであるのか、概要を見ていきましょう。

    外国人技能実習制度は経済発展を担う「人づくり」を目的とした制度

    「外国人技能実習制度」は、開発途上国等の外国人材が、母国では身に付けづらいとされている技能や技術、知識を日本企業で習得するための制度です。
    外国人技能実習制度を活用して、海外から日本へ学びにやって来る外国人が「技能実習生」です。

    学んだ技能を帰国後に母国で活かしてもらうことで、経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としており、2025年には実習生は50万人に増えると言われています。(※"JIC協同組合支援協会 公式HP"参照)

    技能実習生は何のために日本に来るのか?

    JIC協同組合支援協会
    日本は世界を代表する会社が多数ある国の1つです。近隣かつアジアの先進国の1つである日本は、近くて学びが多い国という点が大きな魅力です。

    発展途上国よりも得られる賃金が多い傾向があるので、母国に住む両親や家族への仕送りがしやすい点も大きなメリットといえます。

    技能実習生は何年までいられる?

    JIC協同組合支援協会
    技能実習生の雇用期間は基本的には3年です。しかし2017年の技能実習法制定で、条件をクリアすれば合計5年、つまり追加で2年技能実習期間を延長できるようになりました。

    技能実習生自身の技能試験3級合格だけでなく、受け入れる会社自体が優良認定を受けることも必要になります。どちらもクリアできれば最長5年間滞在することができるのです。

    技能実習生の最低賃金はいくら?

    JIC協同組合支援協会
    技能実習生の最低賃金は、国が定めている賃金と同様、都道府県ごとに定められている地域別の最低賃金と同じです。毎月1回以上定期的に支払わなければいけない、というルールもあります。

    技能実習制度の対象職種は何がある?

    JIC協同組合支援協会
    技能実習生が携わっている職種で多いのが、建設や食品製造、機械・金属関係。どの職種にも共通している基準が、同じことのみ行う反復作業のみではないことです。

    技能実習制度の目的は”帰国後に母国で活かしてもらうこと”なので、職種問わず有意義で学びのある仕事をしています。

    技能実習生を受け入れるメリット4つ

    企業で技能実習生を受け入れるとなると、大変なことが多いのではないかと思われる方も多いかもしれません。しかし、技能実習生を受け入れることで、企業にとっても以下のようなメリットがあります。

    1. 企業イメージアップにつながる

    国が推進している技能実習制度を活用することで、「国際貢献に積極的な企業である」というイメージアップにつながるメリットがあります。

    2. 社内の活性化につながる

    将来への希望を抱いて日本へやって来る技能実習生は若くて勤勉な方が多く、技能実習生の存在は既存メンバーへのよい刺激になります。職場をフレッシュな雰囲気にしてくれるだけでなく、技能実習生に対して既存メンバーから積極的に指導を行うことで、より社内のコミュニケーションが向上するケースも多くあります。

    3. 海外展開に役立つ

    海外展開を計画している企業であれば、海外の人材雇用はプラスになります。
    もし海外展開の進出先が決まっているのであれば、その国出身の外国人材を採用することでより具体的な実情や課題に沿って計画を立てることも可能になるでしょう。

    4. 安定的な人員の確保

    技能実習生は、同一企業において実習を行います。慢性的な人員不足に悩む我が国の人材市場に置いて、3年〜5年の長期的な人員計画が可能です。

    技能実習制度の関連機関は?

    JIC協同組合支援協会
    技能実習制度では、以下の人物と機関が関係します。

    • 技能実習生
    • 実習実施者
    • 送出機関
    • 外国人技能実習機構
    • 入出国在留管理庁

    技能実習生の受け入れ方式は「企業単独型」と「団体監理型」の2パターン

    技能実習生の受け入れ方式は以下の2パターンがあります。
    1. 企業単独型実習実施者が海外の現地法人や合併企業の職員を受け入れ技能実習を実施。
    コストは抑えられる傾向にありますが、監理団体を通さないため受け入れ側の企業が必要な手続き等をすべて行う必要がある。
    2. 団体監理型営利を目的としない監理団体が技能実習生を受け入れ、実習実施者である傘下の企業等で技能実習を実施
    ※こちらの表は右にスクロールできます。

    ほとんどの受け入れ企業が団体監理型を採用しています。
    団体監理型は企業単独型に比べてコストはかかりますが、在留資格証明申請や実習計画の作成指導などを監理団体が行ってくれるため、企業側の負担が少なくて済むメリットがあります。

    技能実習生制度の実態とは?

    JIC協同組合支援協会
    技能実習生を受け入れる企業にとっては、言語や文化の違いによって思い通りに意思疎通ができずに戸惑ってしまうケースも多いはずです。結果としてニュースでも見かけることの多い、”パワハラ企業”というレッテルを貼られてしまう可能性もゼロではありません。

    コロナ禍での技能実習生の実態

    2021年から他国間での入国が停止されて、技能実習生の働く機会がなくなったのはもちろん、受け入れようとしていた日本の企業も人手不足が加速したところもあります。

    技能実習生の受け入れが滞った事はもちろんですが、すでに実習を終えた技能実習生の中には帰国できずに継続して日本にいなくてはいけなくなってしまった方がいたことも事実。コロナ禍で打撃を受けた企業にとっては、人件費削減のために雇用をカットしたところも少なくありませんでした。

    現在は国の行き来の制限が解除されましたが、予測できないことが起きた際にもフォローしてくれる団体があると心強いです。

    技能実習生制度の問題をサポートする取り組み

    JIC協同組合支援協会
    ハラスメント関係の問題や不測の出来事に対応するために大切なのが、サポート環境が整っているかです。JIC協同組合支援協会は、発展途上国からの技能実習生の受け入れを長年フォローしてきた専門団体。

    技能実習生と日本企業の従業員がお互いの働きやすさのために、雇用環境を整えたり、 専門家による勉強会やセミナーなども開催したりしています。

    技能実習生の人材紹介はプロにお任せ!「JIC協同組合支援協会」【PR】

    JIC協同組合支援協会は、日本全国の優良な「団体.組合」「個人.企業」「大学.専門学校」と海外の「大手企業」「大学」との産学連携支援を目的とする団体です。(※"JIC協同組合支援協会 公式HP"参照)

    ウズベキスタンとの良好な関係構築!

    JIC協同組合支援協会
    JIC協同組合支援協会は、ウズベキスタンへの企業進出や、日本とウズベキスタン間における貿易も支援。2021年10月18日に名古屋市で開催された団体懇親会には、ウズベキスタンの大使が参加するなど、ウズベキスタンに対する積極的な関係構築を行っています。(※"JIC協同組合支援協会 公式HP"参照)

    これからの産業を支えるウズベキスタンの人材

    JIC協同組合支援協会
    ウズベキスタンは地場産業が発展している国とは言えないものの、大統領が来日して日本のセンターを視察するほど技能実習生の制度に尽力している国です。

    そんなウズベキスタンは日本同様に四季があり、日本語センターも充実しています。その日本語センターにもJIC協同組合支援協会がバックアップしているので、事前に日本に関する知識や教育などのステップを踏んだ技能実習生を企業に送っています。

    ウズベキスタン職業訓練センターの様子は、下記のYouTubeからチェックできます。ぜひ見てみてください。

    技能実習生を探すなら「JIC協同組合支援協会」

    JIC協同組合支援協会は名古屋市に事業所を構えており、愛知県での外国人材の紹介が強味のひとつでもあります。
    愛知県で技能実習制度に興味を持たれている方は、ぜひお問い合わせフォームよりご相談してみてください。質問や詳しい内容説明、資料請求などについて、丁寧に案内してもらえます。

    定期的に説明会も開催されているので、詳しい内容を知りたい方は活用してみると良いでしょう。

    外国人材、技能実習⽣の⽅もしっかりサポート!

    就職先をお探しの技能実習生の方も、受け入れ側の企業と同様に丁寧なサポートを受けられます。

    JIC協同組合支援協会では、研修内容だけでなく、日本での実生活が大切であるとの考えのもと技能実習生を支援。実習経験はもちろん、技能実習生が充実した生活を送ることができるよう、しっかりとサポート環境が整えられています。

    日本で就職先をお探しの技能実習生の方は、ぜひJIC協同組合支援協会へ問い合わせてみてください。

    技能実習生の人材紹介はプロに任せるのがおすすめ!

    JIC協同組合支援協会
    今回は技能実習生とはどのような仕組みであるのか制度の内容やメリットなどについてまとめました。
    技能実習生を受け入れている企業のほとんどが団体監理型を採用しており、外国人材を受け入れる際はプロへの依頼がスムーズです。技能実習生の受け入れを検討している場合や、技能実習生として受け入れ先の企業をお探しの場合は専門家へ問い合わせてみると良いでしょう。
    あわせて読む
    【ウズベキスタン】遺跡好きにはたまらない♡フォトジェニック旅
    更新日:2020年11月16日
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2022年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    更新日:2022年11月29日

    1. 1【スタバ福袋2023】当選結果が11月28日配信!中身…
      kabutan
    2. 2【2022年11月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
      chanyama
    3. 3【2022】ユニクロ感謝祭が11月28日まで開催中!目…
      hmkw-07-rinn
    4. 4【比較16選】マイナポイントを紐付けできるおすすめの決…
      kabutan
    5. 5SHEINのコンビニ払いのやり方!ファミマなどでできな…
      kenken
    • aumo
    • くらし
    • 技能実習生とは?受け入れ方や職種などをわかりや…