歴史と自然を満喫できる☆埼玉県の小さな城下町を散策しよう!

埼玉県さいたま市の岩槻(いわつき)は、江戸時代に譜代大名の大岡氏が大名である岩槻藩の城下町でした。今は人形の町として知られていますが、城下町の遺跡が街中にのこされています。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

人形の町と小さな城下町の岩槻に到着。

青木 孝文
岩槻駅は東武アーバンパークライン大宮駅から各駅停車で6駅目、急行で1駅目です。
東口には多くの人形店の看板が見えます。

街中にある岩槻藩の藩校の遷喬館。

青木 孝文
遷喬館(せんきょうかん)は儒学者の児玉南柯(こだまなんか)の私塾で後に藩校になりました。「岩槻にはすぎたるものが2つある。児玉南柯と時の鐘」という言葉もあります。簡素な造りですが、多くの子弟が学んだ歴史があります。("さいたま市公式HP"より)
岩槻藩遷喬館
詳細情報を見る
jalan_kankou

川越の時の鐘のほかにも岩槻の時の鐘があった!

青木 孝文
東京近郊では川越の時の鐘が有名ですが、実は岩槻にも時の鐘があります。今でも朝夕に鐘が打たれて時を知らせてくれます。("さいたま観光国際協会公式HP"より)
時の鐘
詳細情報を見る
jalan_kankou

季節の彩りとお城の遺跡がのこっている公園!岩槻城址公園。

青木 孝文
青木 孝文
岩槻城址公園には黒門と言われる城門や空堀が遺されています。空堀は散策路になっていて、なかを散策することができます。公園には多くの桜が植えられていて、春には綺麗な花が咲きます。
("さいたま観光国際協会公式HP"より)
岩槻城址公園

鶏や孔雀もいるクイズの神様!武州岩槻総鎮守久伊豆神社。

青木 孝文
青木 孝文
武州岩槻総鎮守久伊豆(ひさいず)神社の境内には孔雀や鶏がいます。久伊豆は「くいず」とも読めるためクイズの神様として参拝する方もいます。("武州岩槻総鎮守久伊豆神社公式HP"より)
久伊豆神社
詳細情報を見る
jalan_kankou
筆者は岩槻駅から遷喬館、時の鐘、岩槻城址公園、久伊豆神社の順序で散策しました。春は桜、秋には紅葉など季節ごとに景色が変わる散策路です。皆様も小さな城下町の岩槻を散策してみてはいかがですか。

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner
  2. 2【外出できない今こそ】「モッピー」で"ポイ活"してお得…
    aumo Partner
  3. 3【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  4. 4【最新から定番まで】埼玉県民が教えるハズレなしのお土産…
    kanako0215
  5. 5【大阪】青の絶景!一面に広がるネモフィラ畑へ行こう♡
    coco_camera