【鹿児島】集成館事業を見に行こう!江戸時代から残る、寺山炭窯跡

薩摩藩主、島津斉彬の命令によって造られた寺山炭窯跡(てらやますみがまあと)。集成館事業で木炭を作るために1858年に建てられました。(※“鹿児島県観光サイト”より)無料駐車場完備、小さな休憩所もあります。
この記事の目次

寺山炭窯跡

miho
miho

この寺山炭窯跡は、鹿児島市吉野町にあります。奥行き約3.6m〜4.5m、高さが約3m近くあるとても大きな炭窯です。1500℃もの高熱に耐えられるように凝灰岩で造られています。金属を溶かすためにはそれだけの熱や長い火力が必要だったため、こんなに大きな炭窯を使っていたそうです。

南洲翁開墾地の碑

miho

炭窯跡の近くには南洲翁(なんしゅうおう)開墾地の碑への案内がありました。そこへ続く遊歩道を歩いていくと、このような石で囲まれた古風な池がありました。

miho

池から数歩進むと、南洲翁開墾地の碑があります。南洲翁とは、あの有名な西郷隆盛のことです。

集成館事業の時代を見に行こう

集成館事業に使われていた大きな炭窯の跡と、南州翁開墾地の碑。休憩所に置いてある資料を見ると、その時代の人々がどんなことをしていたのか知ることができます。昔の産業を覗きに行ってみませんか?

寺山自然遊歩道
詳細情報を見る
jalan_kankou
※掲載されている情報は、2019年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  2. 2【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908
  3. 3【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  4. 4【完全版】東京のタピオカ店をご紹介♡モチモチ食感が美味…
    aki2801
  5. 5【沖縄】山の上の城。この景色を見ずには帰れない!