おしゃれなフォトブックのおすすめ7選!選び方や役立つフリー素材も解説

本記事ではおしゃれなフォトブックを7選ご紹介。思い出を残すのはもちろん、プレゼントにもおすすめのおしゃれなアイテムを厳選しました。フォトブックの選び方やレイアウトに役立つフリー素材などもご紹介するので、自分だけのオリジナルフォトブックを作る際の参考にしてみてください。
この記事の目次

フォトブックを選ぶときのポイント6つ

テンプレートの充実度、レイアウトの自由度が高いものを選ぶ

フォトブックを選ぶ際にまず注目したいのが、サービスに搭載されたテンプレートの種類の多さ、写真やデザインをレイアウトする際の自由度。テンプレートの種類が多いほど自分好みのおしゃれなフォトブックの作成が可能になります。

テンプレートには主に「デザインテンプレート」と「レイアウトテンプレート」の2種類があります。既存のデザインに写真をはめ込むだけのデザインプレートは初心者向け、写真と文字の枠のみが設定された「レイアウトテンプレート」は自由度やオリジナリティがある分上級者向けとなります。

フォントの種類が多いものを選ぶ

おしゃれなフォトブックのデザイン面で重要なのがフォントです。フォトブックのサービスにより、フォントの種類はさまざま。

なるべく種類の多いもの、自分が考えるフォトブックのデザインに合ったものを選ぶのがおすすめです。また、フリーフォントをダウンロードして使用できるサービスもあるので、事前にチェックしましょう。

紙質で選ぶ

自分の考えるフォトブックに合わせた紙質選びも、おしゃれなフォトブック作りに欠かせないポイントです。基本的には光沢、半光沢、無光沢の用紙からなり、写真の光沢感を選びます

加工の仕方によって写真の色味がガラッと変わることもあるので、好みのものがあるサービスを見つけてみましょう。

綴じ方の種類で選ぶ

フォトブックの綴じ方は、実はレイアウトを考えるうえで重要になってきます。基本的な綴じ方は「無線綴じ」「合紙綴じ」の2種類で、どちらを選ぶかによってフォトブック全体のレイアウトづくりにかかわります

無線綴じは綴じてある部分が開きにくく、中央部分が見えなくなってしまうため見開きをまたいだ大きな写真を載せるのには向きません。
そういった場合は、フォトブックをフルフラットに開くことができる合紙綴じがおすすめです。

表紙・本体の種類で選ぶ

フォトブックの第一印象となる表紙から選ぶのもおすすめです。しっかりとした作りで特別な日にぴったりなハードカバーや、お手軽でちょっとしたプレゼントにおすすめのソフトカバーは定番。

また、メーカーによって表紙の素材にも個性があったり、リングタイプのフォトブックを展開していたりするので自分好みの1冊をチョイスしましょう。

制作・注文方法で選ぶ

フォトブックを作る際には、制作・注文方法にも注目してみてください。基本的な注文方法はウェブか店頭になりますが、制作方法にはいくつか種類があります。

▼フォトブックの制作方法
ウェブソフト各サービスのウェブサイトに搭載されたソフトから編集する
ダウンロードソフト各サービスが提供する編集ソフトをダウンロードして使用する
アプリ各サービスのアプリをダウンロードしてアプリ内で編集する
店頭お店にある注文機器から作成する
※このテーブルは左右にスクロールできます。

おすすめのおしゃれフォトブック7選

7種類比較表

しまうまプリント富士フイルムマイブックBONMags Incノハナトロット
特徴・198円(税込)から作成できる
・サイズ、ページ数、タイプの種類が豊富
・フォトブックにQR動画を付けられる
・劣化しにくい印画紙で作成できる
・リングタイプのフォトブック有
・ディズニー素材あり
・ページ数が豊富
・テンプレート充実
・本文加工選択可能
・表紙が「クラフト紙」「麻布」仕様
・デザイナー監修のフォトブック
・本の背にタイトルラベルを付けられる
・スマホアプリから作成
・キャラクター素材豊富
・絵本のような「ボードブック」タイプ有
・銀塩印画紙使用
・複数のテンプレートを組み合わせてレイアウトできる
・PP素材スリーブケース付き
・マットコート紙使用
・カバー&ケース付き
ハードカバー価格1,498円(税込)~3,190円(税込)~2,980円(税込)~1,980円(税込)~4,070円(税込)~3,980円(税込)~
ソフトカバー価格198円(税込)~980円(税込)~2,470円(税込)~550円(税込)~390円(税込)500円(税込)~
送料メール便:130円(税込)
宅配便(ゆうパック):690円(税込)
メール便:送料無料
宅配便:610円(税込)
メール便:220円(税込)
宅配便:660円(税込)
メール便:180円(税込)~
宅配便(XLサイズのみ)1,000円(税込)
ネコポス:220円(税込)
宅配便(ヤマト運輸):660円(税込)
メール便(通常フォトブック):275円(税込)
宅配便(ヤマト運輸):610円(税込)
無料
綴じ方の種類無線綴じ合紙綴じ、無線綴じ合紙綴じ、無線綴じ、糸綴じ合紙綴じ無線綴じ、中綴じ、合紙綴じ合紙綴じ無線綴じ
用紙の種類無光沢
半光沢
無光沢
光沢
無光沢
光沢
無光沢光沢
半光沢
半光沢無光沢
スマホ対応
公式サイトhttps://www.n-pri.jp/https://pg-ja.fujifilm.com/homehttps://www.mybook.co.jp/https://bon-book.jp/https://www.magsinc.jp/jpnhttps://nohana.jp/https://tolot.com/jp/photobook/
※このテーブルは左右にスクロールできます。

※値段は変更される場合があります。

1. しまうまプリント

出典:公式HP
しまうまプリント
198円(税込)
『しまうまプリント』のフォトブックは、198円(税込)からおしゃれなフォトブックを作れるところが魅力のひとつ。お手頃価格で作成できるので、特別な日の思い出作りにはもちろん、日常のふとした時をフォトブックにして残したいときにもおすすめ。

新登場した「動画QR」サービスでフォトブックに動画視聴用のQRコードを差し込めるほか、1冊50円でしまうまプリントの社名ロゴを消せるサービスも展開。よりオリジナリティのあるおしゃれなフォトブックが作成できます。

▼しまうまプリントの詳細
ハードカバー価格1,498円(税込)~
ソフトカバー価格198円(税込)~
送料メール便:送料無料
宅配便:610円(税込)
アプリ・ソフト(PC)App StoreGoogle PlayWebソフト
※このテーブルは左右にスクロールできます。

2. 富士フイルム

出典:公式HP
富士フイルム
980円(税込)
『富士フイルム』のフォトブックは「写真仕上げ」で作成してくれるのがポイント。特にハードカバーのフォトブックは写真が劣化しにくい銀塩印画紙を使用し、印刷とは違った鮮やかな写真を楽しむことができます

ラインアップも豊富で、長方形・正方形の形が選べるのはもちろん、リングタイプのフォトブックも展開。編集画面では写真のテイストを変えられるフィルタやエフェクトも充実しているので、おしゃれなフォトブックづくりにぴったりです。

▼富士フイルムの詳細
ハードカバー価格3,190円(税込)~
ソフトカバー価格980円(税込)~
送料メール便:130円(税込)
宅配便(ゆうパック):690円(税込)
アプリ・ソフト(PC)App StoreGoogle PlayWebソフトダウンロードソフト
※このテーブルは左右にスクロールできます。

3. マイブック

出典:公式HP
マイブック
2,470円(税込)
『マイブック』のフォトブックはレイアウトの自由度が魅力。特にパソコンにダウンロードして使用するソフトはテンプレートやデザインの種類が豊富で、自分好みのおしゃれなフォトブックを作成しやすく、かつ操作も難しくないのがうれしいポイントです。

凝ったフォトブック作成を考えている方は、ダウンロード版ソフトでの編集がおすすめ。ダウンロード方法やソフトの使用方法は公式HPに記載されているので、ぜひチェックしてみてください。

▼マイブックの詳細
ハードカバー価格2,980円(税込)~
ソフトカバー価格2,470円(税込)~
送料メール便:220円(税込)
宅配便:660円(税込)
アプリ・ソフト(PC)App StoreGoogle PlayWebソフトダウンロードソフト
※このテーブルは左右にスクロールできます。

4. BON

出典:公式HP
BON
1,980円(税込)
『BON(ボン)』のフォトブックは、無印良品が展開するMUJIBOOKSの推奨サービスです。グラフィックデザイナーである田中義久さんが監修した、洗練されたナチュラルなブックデザインが特徴。

表紙はSサイズがクラフト紙、M・XLサイズは麻布を使用したあたたかみのあるデザインになっています。写真のレイアウトだけでなく、外装にもこだわりたい方におすすめのおしゃれなフォトブックです。

▼BONの詳細
ハードカバー価格1,980円(税込)~
ソフトカバー価格
送料メール便:180円(税込)~
宅配便(XLサイズのみ)1,000円(税込)
アプリ・ソフト(PC)Webソフト
※このテーブルは左右にスクロールできます。

5. Mags Inc.

出典:公式HP
Mags Inc.
550円(税込)
『Mags Inc.(マグスインク)』のフォトブックは、スマホアプリから簡単におしゃれな製品の作成が可能です。編集ソフトはアプリ1つなので、難しい操作がなく編集が苦手な方でも使用しやすいのがポイント。

テンプレートと製本ラインアップが豊富なのはもちろん、「ボードブック」と呼ばれる絵本のような丈夫な素材でフォトブックを作成することもできます。

▼Mags Inc.の詳細
ハードカバー価格4,070円(税込)~
ソフトカバー価格550円(税込)~
送料ネコポス:220円(税込)
宅配便(ヤマト運輸):660円(税込)
アプリ・ソフト(PC)App StoreGoogle Play
※このテーブルは左右にスクロールできます。

6. ノハナ

出典:公式HP
ノハナ
390円(税込)
『ノハナ』のフォトブックは、専用アプリから作成が行える編集のお手軽さが特徴。通常フォトブックとプレミアムフォトブックの2種類を展開しており、そのうち通常フォトブックは1冊390円(税込)という価格もポイントです。

洗練されたデザインやレイアウトは、シンプルなおしゃれさが好みの方におすすめ。記念日や季節限定の表紙デザインの実装があるため日々の思い出を残すのにぴったりです。

▼ノハナの詳細
ハードカバー価格3,980円(税込)~
ソフトカバー価格390円(税込)
送料メール便(通常フォトブック):275円(税込)
宅配便(ヤマト運輸):610円(税込)
アプリ・ソフト(PC)App StoreGoogle Play
※このテーブルは左右にスクロールできます。

7. トロット

出典:公式HP
トロット
500円(税込)
『トロット』のフォトブックは、アプリを使用した簡単編集ながらもおしゃれで個性の光るものを作れるのが特徴。アートな風合いのマットコート紙を使用しており、Instagramで加工したような写真にもぴったりの質感です。

画質にもこだわっており、銀塩写真に迫る画質の鮮明さもポイント。おしゃれさと写真の解像度の両方とも譲れない、という方におすすめです。

▼ノハナの詳細
ハードカバー価格
ソフトカバー価格500円(税込)~
送料無料
アプリ・ソフト(PC)App StoreGoogle Playauスマートパス
※このテーブルは左右にスクロールできます。

おしゃれなフォトブックづくりにおすすめの無料アイテム

ここからは、おしゃれなフォトブック作りに役立つ無料アイテムをご紹介します。自分のPCやスマホにダウンロードすることで、編集ソフトなどで使用することができます。
自分の作りたいフォトブックに合ったアイテムを見つけましょう。

フリーフォント、フリー素材は商用利用ができないものが多くあります。
商用目的のフォトブックを作る際には使用しないようにしましょう。

おすすめのおしゃれフリーフォント【FONT FREE】

『FONT FREE(フォントフリー)』は作成したフォントを掲載できる、フォントの投稿サイトです。もちろん、投稿されたフォントは無料でダウンロード可能

とくに日本語フォント中心に展開していて、流行りの手書き風文字の種類も豊富なのでおしゃれで「エモい」フォトブック作りが叶いそうです。

おすすめのおしゃれフリー素材【時短だ】

『時短だ』はおしゃれでちょっとシュールなフリー素材を配布しているサイト。スタンプはもちろん飾り枠の種類も豊富で、写真の装飾に役立ちそうです。

なお20個以上のアイテムを使用する場合は、運営者の設ける条件(※)をクリアする必要があるようなのできちんと確認しましょう。

※参照:時短だ公式HP

おしゃれなフォトブックに関するQ&A

Q1. おしゃれなフォトブックを作るには編集技術が必要?

A. 基本的に難しい編集技術は必要ありません!

各サービスのソフトごとに差異はありますが、基本的にはフォトブック作りの初心者でも編集ができるような簡単に扱えるアプリ・ソフトがほとんどです。

使用方法やレイアウトの例を掲載してくれているサービスもあるので、初めのうちは自分の作りたいデザインとレイアウト例を照らし合わせながら真似していくのがおすすめです。

Q2. 既存の素材でフォトブックを作ってもいいの?

A. フリーフォント・フリー素材の使用はOK!

ネット上で無料ダウンロードが可能なアイテムに関しては、商用利用でない限り(アイテムによる)使用可能です。
著作権のあるキャラクターや肖像権のある芸能人の写真などは、サービス側から作成NGとされる場合があるので注意しましょう

オリジナルフォトブックで思い出をおしゃれに残そう

本記事ではおしゃれなフォトブックのおすすめをご紹介しました。オリジナリティあふれるフォトブックを作って、大切な思い出をおしゃれに残しましょう!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2023年2月9日

  1. 1【2023年2月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
    chanyama
  2. 2【Qoo10メガ割】2023年次回開催はいつ?お得なク…
    ytim09
  3. 3【比較21選】マイナポイント紐付けにおすすめの決済サー…
    kabutan
  4. 4【2023年2月】ミスド食べ放題の実施店舗はどこ?メニ…
    Nalumi_uyu
  5. 52月8日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)のお…
    chanyama
  • aumo
  • くらし
  • おしゃれなフォトブックのおすすめ7選!選び方や…