「世界の朝ごはん」が頂けるレストラン、原宿に4月26日OPEN!

「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトとして、世界各国の多種多様な朝ごはんを紹介するカフェレストラン『ワールド・ブレックファスト・オールデイ』。外苑前店につづき、来たる2018年4月26日には原宿店が待望オープン!レギュラーメニューも3カ国メニューから6カ国メニューへと増えて、早くも話題のスポットとなりそうな予感。今回は、そんな注目のレギュラーメニューをご紹介♡あなたは何を食べたいですか?
この記事の目次

世界の朝食を頂けるあの話題店が、2号店をOPEN

一説では、国ごとの食文化の違いが色濃く表れるとも言われている“朝食”。
カフェレストラン『ワールド・ブレックファスト・オールデイ』では、「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトとして、そんな世界各国の多種多様な朝ごはんを紹介してきました。

これまでに世界30カ国の朝ごはんメニューを紹介してきた外苑前1号店に続き、来たる4月26日(木)には原宿に第2号店がOPENするのだそう。

2ヶ月ごとに国を変えて世界各国の朝ごはんを特集するという基本スタイルはそのままに、レギュラーメニューが3カ国から6カ国にバリエーションも増加!

レギュラーメニューに選ばれた6カ国(イギリス、台湾、 メキシコ、アメリカ、スイス、スコットランド)のメニューを、早速ご紹介します♪

アメリカの朝ごはん

まずは王道メニュー(?)からご紹介♪
こちらは「アメリカの朝ごはん」。

“外国料理”とわざわざ身構えずとも、慣れ親しんでいる人も多いのでは?
ゆっくり過ごす週末のブランチに、カフェやダイナーで頂くイメージの、パンケーキが乗ったアメリカの朝ごはん。

カリカリに焼いたベーコンにもシロップをたっぷりかけて食べるのがアメリカンスタイルです。
ちょっとギルティな甘じょっぱさが最高に美味しい1品です♡

イギリスの朝ごはん

http://www.world-breakfast-allday.com/

こちらの「イギリスの朝ごはん」は、もともと貴族が食べていたというメニュー。
産業革命の頃から一般的に広く食べられるようになったのだとか。

“フルブレックファスト”と呼ばれるボリューム満点の朝ごはんをいただけば、1日元気に働けること間違いなし!
野菜に豆、卵に肉といった豊富な食材使いは、見た目からしても満足度高めのはず♪

台湾の朝ごはん

こちらの朝ごはんは、ご近所国・台湾から。

なんと、“1日3食外食”が基本の台湾。
朝ごはんも屋台などで、台湾風玉子焼きの「ダンピン」、具沢山の餅米おにぎり「ファントワン」、豆乳スープの「シェントウチャン」などから、各自が好きなものを選んでいただくスタイルなのだそう。

異国情緒たっぷりながらも、日本人の舌にも合うと評判の台湾料理。
ぜひ朝食版も、試してみてはいかが?

スイスの朝ごはん(提供期間:4月~9月)

続いては「スイスの朝ごはん」。
見慣れないこちらのメニューは、もともとアルプスの羊飼いの携行食であったものをスイス人医師が改良した、オーツ麦のシリアルなのだとか。

火を使わずに仕上げた、健康的な朝ごはんは食欲がないときにもおすすめです◎

メキシコの朝ごはん

ラテンの国・メキシコの朝ごはんは見た目もちょっと楽しげ♪

主食のトウモロコシで作るトルティーヤには、2種類のサルサと目玉焼きをのっけて。
黒いインゲン豆のフリホーレスとアボカドのワカモレ(サルサの1種)付きなので、飽きることなく食べられるのも嬉しいポイントです◎

スコットランドの朝ごはん

こちらもあまり日本人にとっては見慣れない、「スコットランドの朝ごはん」。
中身はスコットランドなどヨーロッパの北部で食べられている、オーツ麦の温かいお粥なのだとか。

冷たいミルクをかけて食べるのが伝統だそうで、日本人にとっては新食感となること間違いなし◎
ぜひ話のタネに、一度オーダーしてみてはいかが?

朝ごはんは、1日の始まりを楽しくする秘訣

朝から美味しいものをいただけば、ちょっと幸せ。
朝から外国のごはんをいただけば、ちょっと新鮮で楽しい気持ちに。

『ワールド・ブレックファスト・オールデイ原宿』で、いつもと違った朝ごはんを食べて、1日の始まりを楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか?


『ワールド・ブレックファスト・オールデイ原宿』
オープン日:4月26日(木)
住所:東京都渋谷区神宮前6-15-14-1F
TEL : 03-3406-7008(4月23日開通予定)
営業時間:7:30-20:00(ラストオーダー19:30) 不定休

ワールド・ブレックファスト・オールデイ原宿

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2018年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  3. 3【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新26選…
    yuri1020
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【関東 紅葉】1度は行ってみたい、穴場〜名所までおすす…
    yufujito