【徳島といえばここ】絶対に外せない観光スポット7選!

徳島といえば全国的には阿波踊りが有名ですね。 しかしこの県はまだまだ知られざる様々な魅力がぎゅっと詰まったところなんです。 今回は、そんな「徳島といえばここ!」というようなこれだけは外せない観光地を7つに厳選して紹介して行きます。

1. 眉山(びざん)

眉(まゆ)の山と書いて「眉山(びざん)」。
そのユニークネームの由来は各方面から見ると眉毛の形に見えるからと言われています。

山頂からは徳島市内を一望でき、徳島市のシンボル的存在となっています。
その証拠に市内の学校の校歌には「眉山」の単語が多く登場するらしいですよ。

山頂まではロープウェイが走っており、山頂へのアクセスも楽チン。
筆者のオススメはやっぱり夜です!
ご覧の通りの徳島市内の美しい夜景が出迎えてくれますよ。

【眉山】
住所:徳島県徳島市加茂名町庄山
電話番号:088-652-3617(眉山ロープウェイ)

2. 祖谷(いや)

はるか昔、平家の隠れ里があったという伝説が残る「祖谷」。
またの名を「妖怪の郷(さと)」とも言ったりと、なんとも知的好奇心がそそられる響きですね。

そんな祖谷は秘境と言われるだけあって、数々の美しい景観が残っています。
中でもオススメなのは、「ひ」の字に大きくカーブした川と紅葉が美しい「ひの字渓谷」と先人の知恵の結晶である「かずら橋」です。
どちらもしないからは少し離れているのでレンタカーを借りていくのがオススメですよ♪

【ひの字渓谷】
住所:徳島県三好市西祖谷山村田ノ内

【かずら橋】
住所:徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
電話番号:0120-404-344

3. 吉野川の潜水橋

衝動的に「どこか遠い田舎へ行きた〜い」となることはありませんか?
そんな都会の喧騒に少し疲れてしまった方には「吉野川」がオススメです。

日本有数の急流に数えられる吉野川はしばしば水位が上下するため、水位が橋を超えることを想定して作られたいわゆる「潜水橋」がたくさんあります。
そんな潜水橋は構造上柵がなく、一直線にスッと伸びる橋は眺めるだけでノスタルジックな気分に浸れます。

黄昏時(たそがれどき)に訪れればより一層どこか懐かしい気持ちに。
恋人と2人で思い出話でもしながら渡ってみてはいかがでしょうか?

【川島潜水橋】
住所:徳島県吉野川市川島町川島

4. 大川原高原

大川原高原は標高1,019mを誇る旭ヶ丸(あさひがまる)山頂から東になだらかに広がる高原。
視界は360度開けており、晴れていれば徳島平野、阿讃(あわ)山脈、紀伊(きい)水道などが見渡せます。
いくつもの風力発電の風車がいい味を出していますね♪

晴れていなくてもご心配なく。
この地域は霧がよくかかるのでタイミングが合えば、ご覧のように雲海のような幻想的な風景を見ることができます。
7月には900m付近におよそ3万株の紫陽花(あじさい)が咲き乱れ、その綺麗な紫色がより一層幻想さを引き立てますよ。

【大川原高原】
住所:徳島県名東郡佐那河内村上大川原

5. 鳴門の渦潮

徳島と聞いてやはり外せないのがここ「鳴門の渦潮」!
淡路島と四国の間の鳴門海峡では潮流の速さの違いによってこのように渦が出来上がります。
中には直径30mを超えるものもあり、遊覧船から見れば自然のパワーをその身に感じられますよ♪

鳴門海峡の上にそびえるのが「大鳴門橋」。
なんと大鳴門橋には「渦の道」という遊歩道があり、ガラスでできた床の一部から覗くと、渦を真上から見れちゃうんです。
ヒヤヒヤワクワクを体験してみましょう!

【大鳴門橋】
住所:兵庫県南あわじ市福良丙ー徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦間
電話番号:078-291-1033

6. 大轟の滝(おおとどろのたき)

徳島県のちょうど真ん中あたりにある「大轟の滝」。
総落差20mの三連滝で、その珍しい景観から多くの観光客が訪れます。
特に春の新緑の頃と秋の紅葉の頃は、その景観がより鮮やかに!

残念ながら駐車場はないですが、国道193号の脇から眺望できるためドライブのついでにはもってこいの観光スポットです。
ぜひ時期に狙いを定めて行ってみてください。

【大轟の滝】
住所:那賀郡那賀町沢谷
電話番号:0884-65-2111(那賀町木沢支所)

7. 樫原の棚田(かしはらのたなだ)

「樫原の棚田」はその美しい景観に加え、周辺施設の保存状態などが評価され、農林水産省に「日本の棚田百選」に認定された由緒正しき棚田です。
朝昼夕の景観の移ろいに加え、四季折々にもその姿を変えるので、いつ行っても新鮮な棚田風景が見ることができますよ。

我が国の中山間地域に広く分布する棚田は、その立地条件を活かした特色ある農業生産の場として国民生活に寄与しているのみならず、急峻な地形を巧みに利用した農業生産活動を通 じて、国土・環境の保全、農村の美しい原風景の形成、伝統・文化の継承等多面 的な機能を発揮しております。
  このように棚田は国民の健康的でゆとりある生活を確保する上からも大きな役割を果 たしていることから、農林水産省は、多面的機能を有している棚田について、その保全や、保全のための整備活動を推進し、農業農村に対する理解を深めるため、優れた棚田を認定することとしました。

出典:www.acres.or.jp

近くには落差80mの「灌頂ヶ滝(かんじょうがたき)」があるので合わせて行きたいスポットですね♪
たまには自然に身を包まれるドライブなどはいかがでしょうか?

【樫原の棚田】
住所:勝浦郡上勝町大字生実
電話番号:0885-46-0111(上勝町産業課)

どこかノスタルジックな県「徳島」!

いかがでしたか?
幻想的でノスタルジックなスポットが多い「徳島県」。
アニメに出てきそうなどこか懐かしい風景が徳島にはたくさんあります♪
今回は徳島といえばココ!という鉄板スポットを紹介しました。
徳島への興味が少しでも増していただけたら光栄です。

人気記事ランキング

  1. 1【県内エリア別】雨でも心配なし◎静岡の穴場観光スポット特集gabo724
  2. 2【2018最新版】東京話題スポット総特集♡いま巷で噂なのはここ!hnk227.jp
  3. 3駒込の良さを再発見!まったりデートをして、日本文化に触れよう♪yucky3298
  4. 4春の花といえば?大阪から日帰りで行ける、春の花を見に行こう♡nyoko_o
  5. 5【2018GW】国内旅行の穴場スポットを徹底分析してみました☆aotochaaan