多摩センターのイルミネーション♪見どころや周辺情報を徹底解説!

多摩センターのイルミネーションがすごいんです♪京王線や小田急線、多摩モノレールも通っているのでアクセスも抜群!今回はそんな多摩センターのイルミネーションの見どころをご紹介しつつ、周辺のデートスポットについても触れていきたいと思います◎
この記事の目次

「多摩センターイルミネーション」って?

aumo編集部

まず最初に「多摩センターイルミネーション」の詳細についてご紹介します!

開催時期ですが、2018年度の開催期間は以下の通りとなっております。
2018/11/10(土)~2019/1/6(日) 16:30~22:30
※初日は18:00から点灯
※サンリオキャラクターイルミネーションは毎日21:30まで

次に開催場所についてですが、京王・小田急線の多摩センター駅をでてすぐのパルテノン大通りで開催されます。イルミネーションで彩られる大通りは、南北に400メートル、東西に200メートルもあるクロスストリート!かなり広い範囲がイルミネーションによりライトアップされます♪まさに「光の道」ですね!

「多摩センターイルミネーション」の見どころ♪

次に、多摩センターイルミネーション」の見どころについて、過去のイルミネーションをご紹介したいと思います♪
(※2017年以前の情報です。2018年は内容に変更がある場合があります。)

「光の水族館」

まずはこちらの「光る水族館」。その名の通り、青く光るイルミネーションのトンネル内に、海の仲間たちがたくさんきらめいています!トンネル内は青白い光に囲まれていて、とても幻想的な雰囲気◎外から観るよりも中から観ていただきたいイルミネーションです♪

「センターランドツリー」

aumo編集部

次にご紹介するのは「センターランドツリー」。こちらはパルテノン大通りの中心に立つシンボル的なイルミネーションです!なんとこちらのツリー、高さが14メートルもあるんです♪記念写真を撮るにはもってこいですね◎

「きらめきの池」

最後にご紹介するのは「きらめきの池」。こちらは、パルテノン大通りを駅からまっすぐ突き進んだところにある大階段の上にあります。このイルミネーションの見どころは、なんと言っても水面にうつる美しい光の数々!水と光のコラボがとてもロマンチックです♪ぜひ、池のまわりを歩いてみましょう。

イルミネーション以外の多摩センターの見どころ!

多摩センターはイルミネーション以外にも魅力がたくさん!夜に多摩センターイルミネーションを堪能する前に、昼の多摩センターの楽しみ方をご紹介していきたいと思います♪

サンリオピューロランド

aumo編集部

このスポットを知らない人はいないでしょう!多摩センターの顔とも言えるテーマパーク「サンリオピューロランド」。建物内にはアトラクションがあったり、ハローキティやポムポムプリンなどのキャラクターに会えたり、楽しみ方は無限大♪家族や友達、カップルで訪れても楽しめるおすすめスポットです◎

【サンリオピューロランド】
住所:東京都多摩市落合1-31
電話番号:042-339-1111

多摩中央公園

こちらの「多摩中央公園」は、先ほどイルミネーションでご紹介した「きらめきの池」のすぐ近くにある、広大な公園です!晴れた日は芝生でゆっくり寝転がったり、キャッチボールやフリスビーをして体を動かしたりするのもアリですね♪

【多摩中央公園】
住所:東京都多摩市落合2-35
電話番号:042-338-6837

雨の日でも楽しめる多摩センター!

実は、多摩センターには多くの商業施設が建ち並んでいます!また、映画館やゲームセンターもあり、雨の日のおでかけスポットも充実◎そして、あまり知られていないのですがプラネタリウムもあるんですよ♪詳しくは公式ホームページをチェック!

多摩センターイルミネーションで素敵なひと時を♪

多摩センターの魅力はこの記事では伝えきれないほど!今回は多摩センターイルミネーションについて、重点的にご紹介しましたが、イルミネーション以外にも見どころはたくさんあります♪ぜひご自身の目で、多摩センターの魅力を発見してみてはいかがでしょうか?

※掲載されている情報は、2018年11月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「月の雫」のモダンおしゃれさ&コスパがイケてる件。体験…
    aumo編集部
  2. 2「アカマル屋」へ行ったら“中が止まらないホッピー”が最…
    aumo編集部
  3. 3金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【生涯で一度は訪れたい絶景】まるでおとぎの国への入り口…
    aumo編集部