古宇利島を観光する?初めての沖縄旅を成功させるモデルコースも紹介

古宇利島は沖縄観光には欠かせない!絶景スポット・名所の多い魅力的な美しい島なんです。「おすすめのビーチは?」「車・バスでのアクセス方法や所要時間は?」「効率良いルートって?」そんな疑問を解消します!上から順に巡って古宇利島の観光地を制覇しましょう♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

沖縄北部は絶景スポット満載!古宇利島を観光するならこのコースがおすすめ◎

これから紹介する「古宇利島(こうりじま)」は、沖縄県の北部の今帰仁村(なきじんそん)にあります。「古宇利島」へ渡る「古宇利大橋」や5つのビーチなどどこを見ても青々とした海が広がる絶景だらけの美しい島です!

また、見るだけでなくマリンスポーツ・やシュノーケリングも楽しめるのが魅力的♡
雨の時・時間に余裕がある時は「美ら海水族館」や、世界遺産に登録されている史跡「今帰仁城跡」も巡るのが良さそう。

古宇利島への行き方は?所要時間も知りたい!

「古宇利島」は、外周約8kmで車で10分ほどで1周できてしまう小さな島。ドライブデートにもおすすめ♡天気予報をチェックして「古宇利島」へGO☆

【古宇利島までのアクセス】はこちら!
[車でのアクセス]
・那覇空港→約2時間→国道58号線(一般道)利用
・那覇空港→約1時間30分→沖縄自動車道(高速道路)利用
[高速バスと路線バスでのアクセス]
・那覇空港→約1時間30分→「名護市役所前」→約40分→「今帰仁村内バス停留所」
・名護バスターミナルからバスで約30分、「屋我運天原(やがうんてんばる)」下車、車で約5分

古宇利島
詳細情報を見る
asoview_yoyaku
jalan_kankou

1. いざ古宇利島観光へ!「古宇利大橋」を渡るベストな時間は?

aumo編集部
「古宇利島」へは「古宇利大橋(こうりおおはし)」を渡ります。「古宇利大橋」は、名護市の「屋我地島(やがじしま)」と「古宇利島」を結ぶ全長約2kmの橋です。比較的混んでいない午前中のうちに「古宇利島」へ向かいましょう!

じっくりとオーシャンブルーを堪能したいものですが、「古宇利大橋」を渡っている時間はあっという間!橋の上は駐停車できないので、安全第一で目に焼き付けて♡

「古宇利大橋」での感動により「古宇利島」の絶景への期待値が高まります。
古宇利大橋

2. 古宇利島観光はこのビーチから!橋を降りてすぐ「古宇利ビーチ」

aumo編集部
「古宇利島」のビーチは5つあります。全て巡るのであれば「古宇利ビーチ」→「チグヌ浜」→「ティーヌ浜」→「トケイ浜」→「ソウヌ浜」の順番で巡りましょう!

初めに紹介する古宇利島のビーチ、名前はそのまま「古宇利ビーチ」です。「古宇利大橋」のすぐ下にある観光客に大人気のビーチ。

景色を楽しむだけで無く、アクティビティも堪能できます◎バナナボートなどのマリンスポーツや、マリングッズのレンタル・トイレやシャワー・駐車場など充実した施設があります。海水浴を楽しみながら夕日も見えるロマンチックなビーチです。

また、夜には満点の星空を楽しむことができます。古宇利島では星を眺め、満点の星空のもと写真撮影ができるツアーなどもあるので是非、旅の思い出手作りに体験してみてはいかかでしょうか♡

古宇利ビーチ
詳細情報を見る
jalan_kankou
古宇利島ダイビング
詳細情報を見る
asoview_kankou

3. 古宇利島でのカップルの観光には必須のはじまりの洞穴って?「チグヌ浜」

続いて紹介する古宇利島のビーチは「チグヌ浜」です。「はじまりの洞穴」と呼ばれる洞穴があり「沖縄版アダムとイブ伝説」が伝えられる場所です。この伝説があるため「恋島(くいじま)」と呼ばれ、「古宇利島」の語源となっています。

周辺には、シャワーや駐車場がないため、海水浴は地元の方が向いていそうです。もちろん「はじまりの洞穴」を見るためだけに訪れても「チグヌ浜」は価値ありですよ◎

4. 古宇利島の観光名所といえば!海に浮かぶ"ハートロック岩"はインスタ映え狙い☆「ティーヌ浜」

次に紹介する古宇利島のビーチは「ティーヌ浜」です。「恋の島」である古宇利島の象徴とも言える、ハートの形をした「ハートロック」があるビーチです。CMや雑誌でも紹介されているため、多くの人が訪れている人気のスポット。「古宇利島」に行くなら絶対に訪れたい名所です。

インスタ映えを狙ったおしゃれな写真の撮り方を真似してみましょう♡
ハートロック(古宇利島)
詳細情報を見る
jalan_kankou

穴場のビーチ「トケイ浜」「ソウヌ浜」!

aumo編集部
次に紹介する古宇利島のビーチは「トケイ浜」です。サンゴが残るビーチで映画やドラマの撮影でも利用されるとか。「トケイ浜」には、まるでドリルで穴を開けたような「ポットホール(円筒状空洞地形)」という岩があるんです。自然の力でできた岩がとても神秘的☆

最後に紹介する古宇利島のビーチは「ソウヌ浜」です。潮が引いた時に現れる隠れビーチです。小さなビーチなので、観光客が少ない穴場スポットなんです。

5. 古宇利島観光に来たら行かなきゃもったいない!海抜82mの高さからの絶景!「オーシャンタワー」

aumo編集部
画像奥に見える白い塔がわかりますか?こちらが古宇利島の展望塔「オーシャンタワー」です。2F・3Fの屋内展望フロア、屋上のオーシャンデッキがから見渡す古宇利ブルーは他にない息を飲む絶景です。晴れている方が、キラキラとした海を見ることができますが、雨の日は割引もあるので、せっかく沖縄に来たなら行ってみませんか?

【入館料】
大人¥800(税込)・中高生¥600(税込)・小学生¥300(税込)
[雨の日]
大人・中高生¥200(税込)割引・小学生以下無料
【営業時間】
9:00~18:00

6. 観光には欠かせないグルメ!古宇利島のオーシャンビューが一層美味しさを引き立てる!

aumo編集部
観光の醍醐味と言えばグルメ!「古宇利島」は絶景スポットに目が行きがちですが、海鮮の美味しいお店や、海を見ながらいただけるおしゃれなカフェなど、グルメだって負けてないんです♡

ぐるりと1周「古宇利島」を観光したらそろそろお腹が空いた頃ではないでしょうか!

海を見ながらおしゃれに「古宇利島カフェ」

aumo編集部
aumo編集部
古宇利島でおすすめのグルメスポットは「古宇利島カフェ」です。「古宇利大橋」を渡ってすぐにあり、おしゃれかつ、ゆったりと落ち着きある店内です。

ソファー席・カップル席でくつろぐのも良し◎沖縄のオーシャンブルーが見えるテラス席も大人気。カフェメニューだけでなく沖縄料理もあります。せっかく古宇利島に訪れたなら潮風を感じながらおしゃれカフェで沖縄を感じませんか?
古宇利島カフェ (こうりじまかふぇ)

沖縄のアイスクリームと言えば「ブルーシール」

aumo編集部
続いて紹介する古宇利島のグルメは、沖縄発祥のアイスクリーム屋「ブルーシール」です。沖縄だけでなく、県外へも展開していて知っている人も多いのでは?アクセスは「古宇利ビーチ」からすぐ近く☆

そんな「ブルーシール」のアイスは色彩豊かでちょっぴりアメリカン!沖縄の青い海や白い砂浜に映えるインスタ映えスイーツ♪古宇利島観光のお供にぴったりです!
ブルーシール 古宇利島パーラー (BLUE SEAL)

古宇利島を観光したくなっちゃいました?

aumo編集部
いかがでしたか?

今回は沖縄北部にある海が美しい「古宇利島」を紹介しました。
沖縄は観光スポットがたくさんあってウキウキしますよね。ドライブするならマイマップを作るとより楽しめそうです♪

5つの絶景のビーチなど名所だけでなく、ぐるりと自然も感じながら巡るのも良さそう。グルメを堪能するのも旅の醍醐味。忙しさを忘れて、沖縄を感じながらゆっくりしましょう◎
あわせて読む
2泊3日で沖縄おすすめ観光スポットを巡る!海やビーチの人気コー…
あわせて読む
【古宇利島ホテル】おすすめ7選!絶景宿で美しい海を大満喫
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【最新】カルディマニアのおすすめ商品20選!コーヒーや…
    chanyama
  2. 2【第2弾】ご当地応援!デリバリー・テイクアウト店を投稿…
    aumo編集部
  3. 3【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  4. 4【激ウマ!】新大久保でジューシーな韓国チキンがおすすめ…
  5. 5【2020年度版】カロリー低い順にご紹介!スタバの低カ…
    satomi0908