台中で朝ご飯ならココ!永和四海豆漿大王の絶品朝ご飯!

台湾には、朝から外食する文化があり、多くのお店が朝早くから営業していますよ。私は台湾に行ったらホテルのご飯は食べずに台湾の朝ご飯を食べに出かけ、おいしい朝ご飯を食べるんです。今回は、台中のおすすめ朝ご飯「永和四海豆漿大王(ヨンハンスーハイトウジャンダーワン)」をご紹介します。
この記事の目次

「豆漿」って何?台湾のモーニングの定番☆

yuko_tblife

豆漿(トウジャン)とは豆乳の事。

台湾では朝ご飯の定番です!
豆乳と言っても、冷たい日本で飲むような豆乳もありますが、冷たい豆乳だけではなく温かくて塩気のある豆乳もあるんですよ◎

他にも台湾風のおにぎりや玉子クレープのようなものまで朝ご飯にぴったりのメニューがたくさんあります!

「永和四海豆漿大王」の大人気メニュー!

yuko_tblife
yuko_tblife

「永和四海豆漿大王」で人気のメニューは「鹹豆漿(シェントウジャン)」です。

「鹹豆漿」は温かい豆乳で、揚げパンや切り干し大根、酢などが入っていますよ☆
酢が入っているので、まぜるとおぼろ豆腐のようになってくるんです。

優しい味付けで朝ご飯にぴったりの、台湾人も大好きなメニューですよ◎

「永和四海豆漿大王」のおすすめメニュー!

yuko_tblife

豆漿屋さんに必ずと言っていいほど置いてあるのが「飯糰(ファントン)」。

「飯糰」は台湾風のおにぎりで、もち米を使っているのが特徴。
もちもちしていて腹持ちもいいので朝ご飯にぴったりですよ!

海苔や卵が巻かれたものもありますが、まずはオーソドックスな「傳統飯糰(ツァントンファントン)」がおすすめ◎

yuko_tblife

揚げパンや肉そぼろ、玉子焼きなどが入っています。

半分にカットしてくれるのでシェアしやすいのもおすすめポイントなんです!
私は、豆漿屋さんに行くと必ず飯糰を注文しますよ◎サクッといただけるので、朝ご飯にうってつけですね♪

yuko_tblife
yuko_tblife

「葱抓餅(ツォンジュアピン)」もおすすめメニューです!

葱抓餅は、生地が何重もの層になってサクサク、ふわふわなのがポイント◎

私は、「葱抓餅+蛋(ダン)」を注文。
蛋は「卵」という意味で、台湾の料理は、漢字の意味を理解すると食材がわかってくるのもおもしろいですよ!

永和四海豆漿大王

台湾に来たら豆漿屋さんで朝ご飯!

yuko_tblife

台湾に行ったらぜひ、台湾人と同じように朝ご飯を食べに行ってみてください!

言葉がわからなくても、指差し注文や紙に書いて見せることもできます。
台中の「永和四海豆漿大王」は台中公園からも近くとても便利な場所にあるので、ぜひ訪れてみておいしい朝ご飯を楽しんでくださいね◎

※実際に海外旅行をされる場合には、外務省 海外安全ホームページのご確認をお願いいたします。

※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1夏の登山。天気が心配…。登山初心者の私を救ってくれた、…
    aumo編集部
  2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  3. 3【定番から穴場まで】横浜観光ならここだ!観光スポット2…
    sykxa14
  4. 4【アイス食べ放題】お子様連れで楽しめる無料の工場見学!!
    Shiori
  5. 5【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  • aumo
  • 海外
  • 台中で朝ご飯ならココ!永和四海豆漿大王の絶品朝…