【正直レポ】ハウトシールドのナイトEQクリームを使ってみた!

美のプロたちが愛する人気の美容クリームを取り扱っているハウトシールド。今回は夜のスキンケアにおすすめしたい「ナイトEQクリーム」を実際に試してみました。化粧水、乳液、美容液の3段階を踏まなくても「ナイトEQクリーム」ならこれ1本で完結。夜用スキンケアアイテムを探している方は要チェックです!
提供:ハウトシールド
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

人気のナイトEQクリームを展開しているハウトシールドとは?

今回紹介する「ナイトEQクリーム」を展開している「ハウトシールド」は、ゆらぐ時期にも、低刺激なだけではない、攻めの美肌ケアができるスキンケア製品を展開する化粧品メーカーです。化粧水要らずで簡単なのはもちろんですが、並々ならぬこだわりが詰まっていました。

外からいくら水分補給をしても、潤いは逃げてしまいがちなため、自らうるおいを生み出せるかどうかが大切。そんな"自分"を育ててくれるような化粧品を作ることが「ハウトシールド」のこだわりです。単に化粧品を"塗る"のではなく"肌環境に着目"しているため、年齢による角質層の乱れにもアプローチしてくれます。

ハウトシールドのナイトEQクリームの塗り心地

aumo編集部
早速「ナイトEQクリーム」を試してみました!商品の内容量は50gの手のひらサイズで、透明のキャップを外して使います。クリームが出てくる部分は比較的狭く、出しすぎてしまう心配がないのは嬉しいポイントです。

滑らかでベタつかないのがナイトEQクリームの嬉しいポイント

aumo編集部
こっくりとしたテクスチャーで、肌に馴染ませるとしっとりとした感覚を味わえました。伸びも非常に良く、2〜3プッシュすれば顔全体にクリームを塗り広げられます。

「ナイトEQクリーム」の魅力は何といっても"クリームだけでスキンケアを完結できること"!洗顔後の肌にいきなり付けてみましたが、化粧水後の肌に付ける感覚となんら変わりのない付け心地でした。「これがナノレベルの粒子の実力か!」と感動してしまいました。
aumo編集部
化粧水+美容液という2段階スキンケアが当たり前だと思っていたので、その常識が覆りました!肌と相性が良く、「ナイトEQクリーム」1本で夜のスキンケアが完結できてしまうのは嬉しい限りです。

説明書もしっかりと記載されていたのも嬉しいポイント

aumo編集部
「ナイトEQクリーム」が自宅に届いた際、同封されているパンフレットの分厚さにも驚く方も多いはず。なんと18ページにもわたる詳細な商品紹介と、マガジンまでも付いてきます。ぜひお手入れをしながら見てみてください!商品自体のこだわりポイントはもちろん、美容に関する雑学も身に付きます。

ナイトEQクリームの人気の理由

「ナイトEQクリーム」の人気の理由は何といっても、肌に必要なお手入れがクリーム1つで叶うことです。

この商品を作り出すためには、高度な技術と厳選された美容成分の調合が必要不可欠です。ここからは肌の角質層までの浸透力を高められる理由について、詳しく紹介していきます。

1. “化粧水不要”でうるおいを生み出す技術

まずは「ハウトシールド」の技術力について紹介していきます。筆者も体験して感じたのですが、化粧水の後にクリームという流れが一般的なので正直、洗顔直後にクリームを塗るということに驚きました。

クリーム自体は特に一般的な他のものとの違いは見つけられなかったのですが、実は角質層内部のラメラ構造と似た形状になっているのです。ラメラ構造とは脂質と水分子の層が規則正しく何層も重なりあう、皮膚細胞間の層のこと。ラメラ構造と似た構造にすることで、馴染みが良く角質層までアプローチしてくれます。

その大きさはなんと6nm(ナノ)という極小のサイズ!このサイズで作り出すには非常に高度な技術が必要で、なかなか模倣はできません。肌に伸ばすと浸透(※)していく感覚は、この技術があるからというのも納得です。 

(※)浸透は角質層まで

2. ハウトシールド独自のOLT製法※で作られている

「ハウトシールド」ではOLT(オーソ・ラメラ・テクノロジー)製法を採用しています。これは皮膚科学における先端技術の1つで、ドイツ特許を取得しているほどの実力を持つ技術。

3. マルチな美容成分が黄金比で配合

そして肌の角質層までの浸透力と合わせてこだわっているのが美容成分。そしてその密度や純度、割合も重要なポイントです。「ハウトシールド」は"どのような成分を、どれだけ、どのような状態で肌に届けるか"にフォーカスして作られています。

アロマのような香りのする化粧品もありますが、香りの成分が時には肌にとって刺激になってしまうことがあります。外部からのダメージを守ってくれている繊細なバリア機能にとって、逆効果になっていることも考えられるのです。「ハウトシールド」の商品は、肌に優しく年齢によるバリア機能の低下をサポートしてくれるアイテム。10年後の肌のために、今から試してほしい商品です。

4. 酸化を抑えるエアレスボトルと6つのフリー

「ハウトシールド」では肌に作用する特別な美容成分をバランス良く配合している一方で、必要でないものは徹底的に省いています。

具体的には石油系界面活性剤、パラベン、パラフィン、アルコール、着色料、香料の全て不使用です。防腐剤の機能を持つパラベンや良い香りのする香料は化粧品でよく用いられますが、これらも排除することでゆらぐ時期にも肌を労わりながらスキンケアができます。
パフォーマンスを決める成分の濃度、純度や組合せといったスペックはもちろんですが、それを包んでいるボトルがしっかりとしていない場合は気温に負けてしまったり、せっかくの成分が劣化してしまったりします。そこで「ハウトシールド」ではエアレスボトルを採用しています。

高気密のエアレスボトルを使うことで、真空状態が長く続き品質を落とさないように工夫がされています。非常に繊細なラメラ構造を持つ「ナイトEQクリーム」を、最後までフレッシュな状態で使用できるようこだわり抜かれているのです。

ハウトシールドはナイトクリーム以外の商品もある

aumo編集部
「ナイトEQクリーム」は非常に人気ですが、「ハウトシールド」には他にも知っておきたいアイテムがあります。夜だけでなく朝のスキンケアにもおすすめの商品も取り扱っています!

朝もクリームだけでOK!メイク下地にもなる「美容EQクリーム」

HAUTSCHILD
美容EQクリーム リッチ(高保湿タイプ)
9,900円(税込)
「ハウスシールド」の中でも、日中のお肌のうるおいを逃さず、肌バリアをケアしてくれるのが「美容EQクリーム」です。

日中は紫外線や乾燥はもちろん、メイクやマスクによる肌へのストレスがかかっています。「美容EQクリーム」には"ナイアシンアミド※"という美容成分や保湿成分の"モリガンオイル"が高濃度配合されており、肌を労わりながら、美肌を育てます。
※整肌成分
aumo編集部
塗った後はベタつかず、さらっとした感触なので、保湿ケアだけでなく、メイク下地としてもおすすめです。使用目安は2〜3プッシュ、少し物足りない方は追加で1、2プッシュしてケアしましょう。

「ナイトEQクリーム」よりも黄色みがかっており、よりこっくりとした濃密なテクスチャーでした!乾燥しがちな時期には特に効果的にアプローチしてくれそうです。

30代の方にもおすすめの美容液「リンクルセラム」

HAUTSCHILD
リンクルセラム(美容液)
12,100円(税込)
「ハウトシールド」のおすすめ商品、続いてはハリ・弾力に特化した「リンクルセラム」です。トロッとしたテクスチャーのジェルクリームで、韓国コスメでも人気のマデカッソシド(ツボクサ由来)※という美容成分を配合しています。

リポソームというナノ化したカプセルに、アミノ酸など10種以上の美容成分を閉じ込めることで成分を届けます。こちらも使用目安は2〜3プッシュですが、乾燥が気になる部分には重ね付けをするのがおすすめです。

※保湿成分

ハウトシールドのナイトEQクリームは試す価値あり

aumo編集部
今回はハウトシールドの人気商品「ナイトEQクリーム」を実際に使ってみた感想を紹介しました。「化粧水なしでいきなりクリーム!?」と最初は半信半疑でしたが、伸びと肌馴染みの良さに正直驚きました。

「何を使っても手応えが感じられない…」とスキンケアをを探している方は、ぜひハウトシールドのアイテムをチェックしてみてください。

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年12月4日

  1. 1【スタバ福袋2023】当選結果が11月28日配信!中身…
    kabutan
  2. 2【比較16選】マイナポイントを紐付けできるおすすめの決…
    kabutan
  3. 3【2022年11月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  4. 4【ミスド福袋2023】12月26日から販売開始!中身や…
    kabutan
  5. 512月2日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama