メルカリ売上金の使い方を解説!期限や現金化して振込む方法もご紹介

    メルカリ売上金の使い道は、"メルペイとして使う・現金化する・ポイントを購入する"の全部で3パターン。それぞれの使い方の解説とともに、どの使い方が1番おすすめなのかもご紹介します!メルカリの売上金が失効してしまった場合の対処法と、振込申請の期限も要チェックです。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    メルカリ売上金とは?

    メルカリの売上金とは、メルカリ内で商品が売れた時に得られるお金のことです。
    売上金は自分で設定した商品価格から、手数料10%と送料を差し引いた「販売利益」を指します。

    売上金はいつ反映される?

    売上金は商品到着後、購入者側が「受取評価」を完了したタイミングで反映されます。

    売上金が反映されない理由は、購入者側の受取評価が済んでいない場合がほとんどです。その場合は以下どちらかの方法で対処することをおすすめします。

    • 商品の発送通知をした9日後の13時以降に自動で取引が完了となるため、そのときに売上金が反映されるのを待つ
    • 購入者に商品が到着したかどうかの連絡をする

    メルカリ売上金のおすすめの使い方は現金化

    メルカリ売上金のおすすめの使い方は現金化です。

    おすすめする1番の理由は、現金は幅広い用途に利用できるからです。また現金化した後は、手持ちのPayPayやクレジットカードなどを利用することで還元も受けられるので、振込手数料はかかりますが汎用性を考えるとお得です。

    売上金は現金化の他にメルカリのスマホ決済サービス、メルペイとしても利用できます。しかし使える店舗やサービスが限られるのが気になる点です。メルペイは還元率が0%と決済時の特典がないため現金化がおすすめ!(※ キャンペーンで還元やポイント付与がある場合もあります)

    ただし貯まっている売上金が1万円以下と少額で、メルペイが使えるコンビニやドラッグストアなどの支払いで使えれば十分という場合は、即日で利用できるメルペイが手軽でおすすめです。

    メルカリ売上金の使い道は3つ

    メルカリ売上金の使い道は全部で3パターンあります。
    1. 1. メルペイとしてキャッシュレス決済で使う
    2. 2. 銀行口座に振込をして現金化
    3. 3. メルカリのポイントを購入する


    おすすめは汎用性の高い現金化ですが、利用する状況によっては他の使い道が適していることもあるので下で解説していきます!

    1. メルペイとしてキャッシュレス決済で使う

    メルカリ売上金の使い道1つ目は、"メルペイとしてキャッシュレス決済で使う"です。メルペイとはメルカリ内でのショッピングや、メルペイ加盟店での支払いに使えるスマホ決済サービスのこと。

    会計時にiDを機械にタッチしたり、QRコードまたはバーコードを見せたりするだけで簡単に支払いが完了します。コンビニやドラッグストア、飲食店など約170万カ所で使えるのが特徴。

    「お支払い用銀行口座」を登録しておけば口座からいつでもチャージができる上に、売上金が自動的にメルペイ残高に移行するので便利です。コンビニやカフェ、ドラッグストアなどで売上金をすぐ使いたいという方は、メルペイとして使うのがおすすめです。

    2. 銀行口座に振込をして現金化

    メルカリ売上金の使い道2つ目は、"銀行口座に振込をして現金化する"です。売上金は「振込申請用の銀行口座」を登録することで、現金振込ができます。

    やり方は簡単で、アプリ内のメルペイをタップ → 下にスクロールして振り込み申請をタップ → 口座情報を入力したら完了です。
    振り込まれるまでの日数は最短4日(お急ぎ便の場合は最短1日)。現金化するとメルカリやメルペイ加盟店以外の幅広い支払いに使えるのが嬉しいポイントです。

    「メルペイ加盟店によく行くお店がない場合」または「クレジットカードや他のキャッシュレスサービスの還元を受けたい場合」は、売上金を現金化してして使うのがおすすめです。

    3. メルカリのポイントを購入する

    メルカリ売上金の使い道3つ目は、"メルカリのポイントを購入する"です。メルカリポイントは売上金1円=1Pとして、メルカリ内でのショッピングや、メルペイとして加盟店での支払いに利用できます。

    売上金でポイントを購入する方法は簡単で、アプリ内のメルペイをタップ → ポイント購入をタップ → 売上金で購入したいポイント数を入力して完了です。

    売上金でポイント購入する際には本人確認や口座登録の必要がないため、銀行口座を持っていない未成年や学生の方におすすめです。

    メルカリ売上金を現金化するときの注意点

    メルカリ売上金の振込手数料は200円(税込)

    メルカリ売上金を現金化する際に、200円(税込)の振込手数料がかかります。銀行口座の種類や現金化する金額に関わらず一律で200円(税込)です。(お急ぎ振込の場合は400円(税込))

    そのため売上金がなるべく貯まってから振込申請を行うのが得策です。

    売上金の振込申請期限は180日間(約半年間)

    メルカリの売上金は計上から180日を過ぎると失効してしまいます。
    ただしメルペイの銀行チャージで使う「お支払い用銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」の登録が済んでいる場合は、180日間の縛りがなくなり売上金の振込申請期限が無制限になるため失効しません。

    売上金を現金化する際に登録する「振込申請用の銀行口座」にのみ登録をしている場合は、180日の期限がきたら自動的に口座へ振り込まれます。

    現金にしたい方は「振込申請用の銀行口座」の登録、追々は現金化も考えているれどとりあえずはメルペイとして使いたい場合は「お支払い用銀行口座」または「アプリでかんたん本人確認」の登録をしておくと安心です!

    180日を過ぎたメルカリ売上金のゆくえ

    「お支払い用口座」
      のみ登録
    「振込申請用口座」
      のみ登録
    どちらも登録しているどちらも登録していない
    期限なし自動振込期限なし失効
    ※このテーブルは左右にスクロールできます。

    メルカリ売上金は失効しても復活できる

    180日を過ぎて売上金が失効してしまっても復活が可能です。

    まずはアプリまたはWebから「振込申請用の銀行口座」の登録をしましょう。続いてメルカリ事務局に問い合わせをすると、失効した売上金を取り戻すことができます。詳しくはメルカリガイドをご覧ください。

    自分の口座以外は売上金を振込めない

    自分名義の口座以外への振込み申請はできないので注意しましょう。

    未成年や学生の方などで自分名義の口座がない場合は、売上金でポイントを購入してメルカリでのショッピングに使うか、メルペイ対応の店舗での買い物で使うことができます。ポイントは1円=1Pとしてコンビニやドラッグストア、すき家や吉野家などの牛丼チェーン店でも使えます。

    メルカリ売上金を賢く使おう

    「メルカリの売上金をなんとなく使わずに貯めてしまっている」という方も多いかと思います。筆者おすすめの使い道は汎用性の高い現金化ですが、申請する手間のないメルペイとして使うのも手軽でおすすめです。この記事を参考に、使いたい用途や状況に合わせてメルカリの売上金を有効活用してみてください!
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2021年09月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    更新日:2021年10月27日

    1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
      chanyama
    2. 210月27日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
      chanyama
    3. 3【10月28日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
      eve_jane
    4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
      Nalumi_uyu
    5. 5【2021年10月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ラン…
      tunetune95
    • aumo
    • メルカリ売上金の使い方を解説!期限や現金化して…