「渋谷スカイ」の展望台に行ってみた!料金や予約方法もご案内

2019年11月1日、スクランブルスクエアと共に「渋谷スカイ」という展望台がオープンしました。今回は、「渋谷スカイ」に実際に訪れた筆者が予約方法から料金・アクセス・混雑状況などを徹底解説!地上約230mの高さを誇るビルから、壮観を楽しみましょう♡
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

渋谷スクランブルスクエアの最上階!「渋谷スカイ」とは?

「渋谷スカイ(SHIBUYA SKY)」は、新たなランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」とともに2019年11月1日にオープンした展望台。
地上約230mの場所から、360度遮るものなく東京の街並みを眺めることができます。

・14Fから45Fまで一気に昇るエレベーター「SKY GATE(スカイゲート)」
・46Fの屋内展望回廊「SKY GALLERY(スカイギャラリー)」
・最上階の屋外デッキ「SKY STAGE(スカイステージ)」

以上の3つで構成されていて、どれも見ごたえたっぷり!46Fは屋内なので雨の日でも入場可能なのが嬉しいポイントです♪

オープンして以来、カップル・外国人観光客・女性グループなど、さまざまな層の方に大人気の観光スポットとなっています。
渋谷スクランブルスクエア

「渋谷スカイ」の料金はいくら?予約はできるの?

訪れる前にまず知っておいてほしいのが、「渋谷スカイ」の料金と予約のこと。

「渋谷スカイ」はオンラインで予約することも、当日窓口でチケットを購入することも可能です。
ただし、WEBチケット(オンライン)の方が当日窓口より安いので要注意!

当日でも公式HPからWEBチケットを購入できるので、WEBチケットを購入するのがおすすめですよ◎

「渋谷スカイ」の料金一覧


大人(18歳以上)中高生小学生幼児(3歳~5歳)3歳未満
WEBチケット¥1,800(税込)¥1,400(税込)¥900(税込)¥500(税込)無料
当日窓口チケット¥2,000(税込)¥1,600(税込)¥1,000(税込)¥600(税込)無料

「渋谷スカイ」のチケット予約方法と当日券の購入方法

「渋谷スカイ」のチケット料金が分かったので、続いてはチケットの購入方法を予習しておきましょう♪
WEBチケットの購入方法と、当日窓口チケットの購入方法の2パターン解説していきます。

「渋谷スカイ」のWEBチケット購入方法

aumo編集部
WEBチケットは、「渋谷スカイ」の公式HPから購入できます。WEBチケットの場合は2か月前の毎月1日から予約可能です。

手順は以下の通り!

1. 「渋谷スカイ」の公式HPで「入場チケット購入」をクリック
2. 「WEBチケット」を選択する
3. 「渋谷スカイ」に行く日付と時間を選択(9:00~22:00の20分おきに選択可能)
4. 日付・時間・チケットの枚数などを確認し、チケット購入手続きを進める

クレジットカード払いかコンビニ払いを選択できるので、支払い方法を選択したら予約完了♪
チケットに付いているQRコードは当日入場の際に必要なので、印刷するかPDFで保存するのがおすすめです。

「渋谷スカイ」の当日窓口チケット購入方法

aumo編集部
当日窓口チケットは、「渋谷スカイ」の14Fで購入できます。

写真にある通り、平日でも長蛇の列ができてしまうので、やっぱりWEBチケットを購入するのがおすすめです!

「渋谷スカイ」へのアクセス方法を紹介!

aumo編集部
続いては、「渋谷スカイ」のアクセス方法をご紹介。

「渋谷スカイ」があるビル「渋谷スクランブルスクエア」は渋谷駅直結なのでアクセス良好なのですが、「渋谷スカイ」に行けるエレベーターは1Fにしかありません。

1Fからエレベーターで14Fに行くと、出て右側にチケット購入窓口と入場を待つ列があります。

各路線から「渋谷スクランブルスクエア」1Fのエレベーターへのアクセス

JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン南改札から徒歩約2分
東京メトロ副都心線/半蔵門線・東急東横線/田園都市線ヒカリエ1改札またはヒカリエ2改札から徒歩約2分
東京メトロ銀座線スクランブルスクエア方面改札から徒歩約2分
京王井の頭線中央口から徒歩約5分

「渋谷スカイ」に行ってみた!地上230mからの景色に感動

aumo編集部
「渋谷スカイ」の料金やチケットの値段、購入方法、アクセスなどを解説したので、ここからは筆者の実体験をレポします♪

筆者が訪れたのは、2020年2月27日の17:40から。日の入りが17:37だったため、夕焼けから夜景まで楽しむことが出来ましたよ。

14Fから45Fへエレベーターで一気に昇り、コインロッカーに荷物を預けてから少し並びます。窓からちらっと見える夕焼けにもうワクワク♡
ある程度人が溜まったら、ついに移動が始まりました!

日没直後の新宿方面

aumo編集部
まずは、エスカレーターで屋上のデッキ「SKY STAGE」へ向かいます。
とにかく風が強くて、みなさんキャーキャーと騒いでいました(笑)

鮮やかな夕焼けが広がる中、だんだんビルの灯りが増えていきます。

東京タワーを望むソファ席

aumo編集部
歩いていると、なんとソファを発見しました!しかも、東京タワーが見える方面を向いています。

こちらのソファはカップルにおすすめ。寄り添いながら東京タワーを眺めるカップルがたくさんいました♡
実は小さく東京スカイツリーも見える位置。まるで特等席のようです…!

「渋谷スカイ」のオブジェ

aumo編集部
「渋谷スカイ」のオブジェもデッキにありました。

漢字の"空"をモチーフにして作られたロゴで、色は「渋谷スカイ」展望台の床の色(黄緑・茶色)と空を連想させるものを選んだそう。

ぜひ写真に残してみてくださいね♪

都会の空を眺めるハンモック

aumo編集部
せっかく大空が見られるなら、ごろんと寝ころんで眺めたい!と思いませんか?

子供のころ、よく田舎の道路に寝転んで流れ星を探していた筆者はこのハンモックに感動してしまいました…。

ハンモックは大人気で争奪戦になってしまいますが、運良く使われていないタイミングがあればぜひ寝転がって都会の空を眺めてみてください♪

フォトスポットには行列が…

aumo編集部
上から見ると四角くなっている「SKY STAGE」では、ちょうど角にあたる部分に立って写真を撮るのが定番!

特に床がライトアップされた場所は、行列ができるほど人気の高いフォトスポットなんです。
崖っぷちに立っているように見える写真が撮れるので、ぜひここで写真を撮ってSNSにアップしてみてください♡

サーチライトが綺麗!「CROSSING LIGHT」

aumo編集部
日没後には、サーチライトが渋谷の夜空を照らします。
よく晴れた日には真っ直ぐに伸びる光が、曇りの日には屈折して見えることもあるそう。

こちらの「CROSSING LIGHT」は30分おきに始まります。幻想的な音楽も流れ、非日常的な時間を過ごすことが出来ました。

「渋谷スカイ」の46Fで屋内から夜景を楽しむ

aumo編集部
aumo編集部
「SKY STAGE」を楽しんだ後は、46Fの「SKY GALLERY」に足を運んでみましょう!
こちらは、屋内から景色を楽しめる展望回廊。雨風を避けてゆっくり景色を眺めることができます♡

ミュージック・バー「Paradise Lounge」で絶景を見ながらお酒が飲める♪

aumo編集部
aumo編集部
夜景を眺めながら歩いていると、煌びやかなミュージック・バー「Paradise Lounge(パラダイスラウンジ)」が現れました!

バーの回りにはソファーとカウンターがあり、絶景を見ながらお酒やフードを味わえます。

「SKY STAGE」ではしゃいだ後は、「Paradise Lounge」でゆったり休憩してみてはいかがですか?

お土産コーナーで「渋谷スカイ」限定のお菓子を買ってみては?

aumo編集部
展望回廊をさらに進んで行くと、お土産屋さんがあります。

「渋谷スカイ」限定のお酒やビール、グッズなどがあるほか、渋谷土産・東京土産も揃っているので観光として訪れた方にぴったり!

筆者は特にお土産を買う予定もなくうろついていたのですが、思わず誰かにプレゼントしたくなるものがたくさん置いてあったので結局「渋谷スカイ」限定のビールとお菓子を買ってしまいました(笑)

「渋谷スカイ」に行く前に知っておきたかった3つのこと

aumo編集部
筆者の「渋谷スカイ」体験レポはこれで終わりです。これから「渋谷スカイ」に行ってみようと考えている方のために、筆者が"行く前に知っておきたかった"と感じたことを3つご紹介します。

まず、「SKY STAGE」(屋上)に行く前に手荷物を全てコインロッカーに預けなければならないということ。コインロッカーは¥100(税込)で最後に返金されるのですが、まさかマフラーも持って行けないとは…。冬に訪れる場合は、タートルネックの洋服で行くことを強くおすすめします。

そして、風の強さ。強いだろうとは思っていましたが、ロングスカートでもめくれてしまいそうになりました。せっかく絶景を見るのにスカートに気を取られるのはもったいないので、できる限りパンツスタイルで訪れるのが吉です。

最後に、日の入り前に入場すると昼の明るい空・夕焼け・夜景全てを楽しめるということ。入場時間は決まっていますが、滞在時間は自由。なので、日の入り前に入場して色んな景色を眺めれば良かったな…と筆者は少し後悔しました。

これから「渋谷スカイ」を訪れる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「渋谷スカイ」で都会の景色を満喫しよう!

いかがでしたか?

今回は、「渋谷スカイ」について詳しくご紹介しました。カップルや女性グループ・男性グループ、外国人観光客の方など、「渋谷スカイ」はさまざまな人が訪れる新しい渋谷の観光スポット。

筆者は取材のためひとりで訪れましたが、絶景に見とれていたので全然寂しくなかったです。

ぜひこの記事を参考に訪れてみてくださいね♪
SHIBUYA SKY
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【7月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得…
    chanyama
  2. 2【大慶園】ディープなナイトスポット!千葉にある謎の巨大…
  3. 3【7月最新版】出前館のお得なクーポンキャンペーン情報ま…
    chanyama
  4. 4【2020年版】雨の日でもデートがしたい!関東でおすす…
    hnk227.jp
  5. 5【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner