3時間睡眠は体に良くない?生活習慣の見直しやおすすめアイテムをご紹介

    今回は3時間睡眠でも効率よく眠る睡眠法についてご紹介します。時間がなくて短時間睡眠になってしまう方や日中眠たいという方の原因や睡眠の質を上げるコツを解説。3時間睡眠でも眠くなりにくい生活習慣やアイテムについて詳しく紹介します。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    3時間睡眠は体に良くない?

    常に寝不足の状態

    3時間睡眠を毎日の習慣にしてしまうと、常に寝不足な状態が続いてしまいます。判断能力の低下で仕事のミスが増えたり、食生活が乱れたりするので、なるべく睡眠時間を多く確保するようにしましょう。

    6時間~8時間の睡眠がおすすめ

    そもそも3時間睡眠は体に良くないです。睡眠時間は1日6時間〜8時間が目安ですが、仕事で忙しい方やなかなか眠れない!という方は、日々の生活習慣を少しずつ変えていくのがおすすめです。

    質の高い睡眠とは?3時間の短時間睡眠でも可能?

    忙しい日々で睡眠時間がとれず、3時間ほどの睡眠になってしまうこともあると思います。なかなか睡眠時間を確保できない方は、短い睡眠時間でも睡眠の"質"を上げることで、快適な朝を迎えられることができるかもしれません。

    素早くノンレム睡眠の状態に入る

    "質の高い睡眠"とは、「入眠から30分以内に最も深いレベルのノンレム睡眠状態に入って、一定時間深い眠りの状態を維持した睡眠」とされています。(※"東洋経済オンライン 公式記事"参照)

    このように、深いレベルのノンレム睡眠状態になるべく早く入り、それを継続することができれば、3時間睡眠のような短時間の睡眠時間であっても深い眠りを維持できます。

    3時間睡眠が多い方は日々の生活を見直そう!おすすめの習慣

    睡眠の質を改善するためには、まず睡眠の質を下げる習慣を見直す必要があります。
    睡眠の質が低く、深く眠れていない時は交感神経が活性化し、脳や体がリラックスできていない状態です。

    寝る前にパソコンやスマートフォンの光を浴びると視神経と脳が興奮してしまい、なかなか神経が落ち着いて寝付くことができません。
    また、寝る前のカフェインの摂取や激しい運動も同様に脳や体を刺激してしまうため、避けましょう。

    寝る前はスマホやPCを見ないようにする

    ブルーライトによる刺激で脳を活性化させないために、睡眠の2時間前以降はスマートフォンやパソコン、タブレットを見ないようにしましょう。

    特に画面を間近で見るスマホはベッドから遠ざけておくのをおすすめします。

    短時間睡眠でも生活リズムを整える

    忙しくてなかなか睡眠時間をとれないときでも、生活リズムを一定にすることで、睡眠の質を改善することができます。

    まずは、日々の就寝時間と起床時間を揃え、朝日をしっかりと浴びる習慣を作りましょう。

    朝起きてからの食事や仕事のリズムも整えることで、睡眠不足の改善が期待できます。

    3時間睡眠だけでなく毎日の睡眠でおすすめのグッズ

    自分に合った寝具を使う「ブレインスリープピローSTANDARD+ピローカバー(アクティブエア)ホワイト」PR

    ブレインスリープピローSTANDARD+ピローカバー(アクティブエア)ホワイト
    最初にご紹介するおすすめの枕は「ブレインスリープピローSTANDARD+ピローカバー(アクティブエア)ホワイト」33,000円(税込)です。

    こちらはブレインスリープ創業者 兼 最高研究顧問・西野精治の著書「スタンフォード式 最高の睡眠」をもとに生まれたこだわりの枕。通気性・フィット感・清潔性という3つのポイントに着目して開発され、眠り始めの90分間のノンレム睡眠を深くすることで睡眠の質を高めることができます。(※"「スタンフォード式 最高の睡眠」"参照)

    「ブレインスリープピロー」は、高反発の硬さと低反発の柔らかさを組み合わせてできたハイブリッドな枕です。自分の頭に合わせて枕の形が変わるので、まるでオーダーメイドのようなフィット感が特徴です。

    通気性抜群の枕は頭部が冷えて安眠に繋がる!清潔感が気になる方にもおすすめ

    「ブレインスリープピロー」は通気性も抜群。枕の中に溜まった空気が下部層から抜ける構造なので、空気がしっかりと循環して頭部が冷え、より良い睡眠時間を過ごせます。

    また枕のお手入れが簡単なのもおすすめポイントです。シャワーでさっと水洗いした後は風通しのよい場所で乾かすだけ。ピローカバーには抗菌・消臭効果が施されているため、普段から枕や枕カバーの清潔感が気になる方にぴったりです。

    異なる3つの硬さの素材で寝がえりがしやすい!耐久性もバッチリ

    「ブレインスリープピロー」の特徴は、枕の中央と両サイドで硬さが違うこと。真ん中は少し柔らかめなので沈み込みやすく、両サイドは中央部分より約20%硬くなっています。外側にいくにつれ硬くなるので、寝返りが打ちやすい枕です。

    低反発枕によく使われているウレタン素材よりも厚めの素材なので、枕を長期間使うことで形崩れが気になる方にもおすすめします。

    詳しくは公式HPをチェックしてみてください!

    あわせて読む
    ブレインスリープで快眠!睡眠をサポートするピローとマットレスの魅力を紹介
    更新日:2022年11月21日

    目の周りをポカポカ温める「蒸気でホットアイマスク」

    寝る前にホットタオルや市販のアイマスクで目の周りを温めるのも睡眠の質を高めるためにおすすめです。
    おすすめは「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」898円(税込)。

    目の周りには交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあるので、より深い睡眠に入りやすくなることが期待できます。(※"メガネスーパー 公式HP"参照)
    めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入
    880円(税込)

    プライムデー後もタイムセール開催中!

    香りを使う「ネンリンラボ スリープアロマスプレー」

    また、ベッドサイドの環境において「香り」も重要なポイント。

    こちらの「スリープアロマスプレー」1,590円(税込)は、オレンジ、ラベンダー、イランイランの3つの精油をブレンドしたアロマスプレーです。

    枕や部屋全体、マスクにひと吹きすると、ふわっと香りが広がります。手軽に使えるので、睡眠の質にお悩みの方はまず手に入れたいおすすめのアイテムです。
    ネンリンラボ スリープアロマスプレー (ムーンライト) 50ml
    1,590円(税込)

    プライムデー後もタイムセール開催中!

    3時間睡眠を日々の生活習慣で見直そう!

    今回は、3時間睡眠でも効率よく眠る方法をいくつかご紹介しました。

    短時間睡眠でなくても、しっかりと体を休めるには質の良い睡眠をとることが重要です。

    生活習慣や寝具を見直して、より良い睡眠習慣を送りましょう!

    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2022年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
    ※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

    人気記事ランキング

    更新日:2022年12月8日

    1. 1【2022年12月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
      chanyama
    2. 2【比較16選】マイナポイントを紐付けできるおすすめの決…
      kabutan
    3. 3【スタバ福袋2023】当選結果が11月28日配信!中身…
      kabutan
    4. 4レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
      k__
    5. 5【2022】大阪のクリスマスマーケット開催情報!梅田ス…
      fufu_02