【一度は訪れたい絶景】光に魅せられる先は、まるで万華鏡の世界。

日本から遠く離れたイランに、言葉では言い表せないほどの美しい光景を目にすることが出来る場所がある。そこはピンクの色彩を主とした神秘的な光景で、訪れた人々の心を奪ってしまうのだ。あなたもそんな絶景を、一度は目に焼き付けてみてはいかがだろうか。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

バラの都に佇む、伝統的美しさ「ローズモスク」

イラン南西部の街、シーラーズ。バラの都で知られるこの地には、奇跡のモスクと呼び声が高い"ナスィーロル・モルク・モスク"が存在する。
タイルで装飾された外壁はピンク色に溢れ、バラの花が描かれていることから「ピンクモスク」や「ローズモスク」と呼ばれているんだとか。

一歩踏み入れたならば、そこはまるで万華鏡の世界

モスクの内部はステンドグラスが多く用いられている。
そこに朝日の光が室内に降り注ぐと瞬く間に輝き、ペルシャ絨毯を鮮やかな色で染め上げる。
その光景は、まるで万華鏡の中を覗いたかの様。
朝日が差し込む時間にだけ出会えるこの光景は、息を吞むほど美しく、そして儚い。

眩い光が創り出す神秘の空間

約10年という歳月をかけて精妙に建築されたモスクは、どこを取っても被写体となるほど美しい光景で、訪れた人々を楽しませる。
そして角度によってステンドグラスの光の落ち方が変わる為、いろんな角度から見てみたいものだ。

「美の宝庫」で至福のひと時を...

礼拝堂という名の通り、祈りをささげる信仰の場所としても、現地の人から尊ばれるピンクモスク。
あなたも美しさが詰まっているこの場所で、すてきな時間を過ごしてみてはいかがだろう。

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1転職市場への新型コロナウイルスの影響は? 採用に前向き…
    OVO(オーヴォ)
  2. 2【先着200名様へギフト券!】「#春」フォト投稿キャン…
    aumo編集部
  3. 3こんなティラミス見たことない!?泉北で見つけたティラミ…
  4. 4【有楽町】ガード下の飲み屋街はここが熱い!おすすめ居酒…
  5. 5【当選発表!】東京メトロオリジナルグッズをGETしたの…
    aumo編集部
  • aumo
  • 中東
  • 【一度は訪れたい絶景】光に魅せられる先は、まる…