カナヅチでも大丈夫!?絶対浮かぶ「死海」で泳ごう♪

イスラエルとヨルダンの国境に広がる「死海」。塩分濃度が30%もあり、生物が住めない事から、この名前がつきました。今回は、1度は行ってみたい場所「死海」で泳いできたので、写真と共にご紹介したいと思います。
この記事の目次

死海に行くには、どうすればいいの?

mayumi

死海は、ヨルダン側とイスラエル側の、両方から訪れることができます。ヨルダンは首都のアンマンから、イスラエルは聖地エルサレムから日帰りで行く事が可能。私はイスラエル側から行きましたが、イスラエル側はリゾート地なのでホテルも多く、1泊する事も可能ですよ◎

どんな人でも浮くのは、ホントだった!

mayumi

実際に死海に入ってみると、本当に驚くほど簡単に浮きます!雑誌を持っても、パンやコーラを食べても…どんなことをしても浮いてしまいます!その浮遊感は、まるで雲に乗ってるような、普通の海では味わえない感覚です◎ただし、塩分濃度が高いので、傷口などは少ししみますのでご注意を!(笑)

死海コスメをゲットしよう!

mayumi
mayumi

死海付近のお店には、沢山の「死海コスメ」が売られています。死海の水には、ミネラルが豊富に含まれており、それが美肌にいいと言われているんだそう!それを使った、泥パックやバスソルト、石鹸などスキンケアグッズがいっぱいあります◎ぜひお土産に買ってはいかがでしょうか?

死海リゾートに行ってみよう♪

mayumi

死海周辺は私たちのイメージとは違い、かなりのリゾート地でした!スパやホテルなどがたくさんあるので、ただ浮かんで帰るだけではなく、是非とも泊まって、死海リゾートを思う存分楽しんでみてください♪

死海

※実際に海外旅行をされる場合には、外務省 海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/)のご確認をお願いいたします。

※掲載されている情報は、2019年01月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「月の雫」のモダンおしゃれさ&コスパがイケてる件。体験…
    aumo編集部
  2. 2「アカマル屋」へ行ったら“中が止まらないホッピー”が最…
    aumo編集部
  3. 3金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【生涯で一度は訪れたい絶景】まるでおとぎの国への入り口…
    aumo編集部
  • aumo
  • 海外
  • カナヅチでも大丈夫!?絶対浮かぶ「死海」で泳ご…