サテライトオフィスとは?導入で得られる5つのメリットや費用を解説

    テレワークの導入が進み、注目度が高くなっているサテライトオフィス。この記事では今更聞けない「サテライトオフィスとは何なのか?」について、意味や概念を簡単に解説します。導入のメリットや注意点、さらにはおすすめのサテライトオフィスも紹介するので、ぜひ参考にしてください。
    提供:JustCo DK Japan株式会社
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    サテライトオフィスとは?

    本社や主要拠点とは離れた場所に設置する小規模なオフィス

    サテライトオフィスとは、本社や主要拠点とは離れた別の場所に設置する小規模なオフィスのこと。本社を中心地として衛星(satellite)のように、数々設置されることからサテライトオフィスと呼ばれています。

    会社の専用オフィスとして設置する「専用型」や複数企業が共同で使用する「共用型」など、働き方に合わせた様々な形があるのがポイントです。働き方改革が進む中、従業員の働き方や利便性の向上にサテライトオフィスは注目されています。

    「支社・支店」とは何が違う?

    サテライトオフィスと「支社・支店」の大きな違いは、利用目的にあります。サテライトオフィスは従業員の働きやすさや利便性を重視して設置されるオフィス。本社よりも通勤しやすい場所などに設置され、従業員の通勤による時間や精神的な負荷を和らげる目的があります。

    一方「支社・支店」は、会社の都合によって事業や業務の観点から設置されるオフィスです。そのため事業を拡大したい拠点に設置されることが多く、そこに従業員が割り振られるイメージです。

    サテライトオフィスが注目を集めている理由

    サテライトオフィスが注目されるようになった理由は主に下記の通りです。

    • 働き方改革推進による多様な働き方の広がり
    • コロナ禍によるテレワークの導入
    • ネットワークを利用した業務ツールの発展
    • 支社や支店よりも低コストで導入ができる点

    働き方改革やコロナ禍により、テレワークの導入が急速に進みました。しかし「自宅にネットワーク設備が十分に整っていない」「自宅で仕事をできる環境はない」などテレワークの導入がうまく進まない方も多くいたのです。

    このような理由から安価で利用しやすいサテライトオフィスが注目されるようになりました。さらにリモートやテレワークでも業務が滞りなく進むコミュニケーションツールが浸透したことも、サテライトオフィスが発展した理由の1つです。

    サテライトオフィスは3つの種類に分かれる

    サテライトオフィスは設置する場所によって、以下3つの種類に分けられます。

    • 都市型サテライトオフィス
    • 郊外型サテライトオフィス
    • 地方型サテライトオフィス

    以降で1つずつ詳しく解説します。

    都市型サテライトオフィス

    都市型サテライトオフィスとは、都心部に設置するサテライトオフィスのことを指します。主に郊外に本社や主要拠点を構える企業が導入することが一般的です。

    メリットは、都心部へ営業に出向いた社員が、郊外にある本社に戻らなくて良いという点。時間をかけて営業先から本社に戻る必要がないため、無駄な移動をなくし生産性を高めることに繋がります。

    営業先との打ち合わせや会議のスペースとして利用することも可能です。

    郊外型サテライトオフィス

    郊外型サテライトオフィスとは、郊外に設置するサテライトオフィスのことを指します。先ほどの都市型サテライトオフィスとは反対に、都心部に本社や主要拠点がある企業が導入するのが一般的です。

    メリットは、郊外から都心まで通勤している社員の時間的又は心身的な負荷を減らせる点です。これまで通勤にかけていた時間を減らせるため、通勤の負担を減らすだけでなく、仕事と育児や介護との両立にも効果が期待されています。

    地方型サテライトオフィス

    地方型サテライトオフィスとは、地方に設置するサテライトオフィスのことを指します。都心部に本社を構える企業が、地方における新たなビジネス拠点や事業拡大を目的として導入するのが一般的です。

    都心部で生活していた社員が地方に拠点を移すことでの、ワークバランスの充実やUターンやIターンによる離職率の低下が期待されています。さらに地方の優秀な人材確保ができる点もメリットでしょう。

    地方型サテライトオフィスの設置は、国や地元自治体からさまざまな支援が行われています。

    サテライトオフィスを導入するメリット5選

    ここからはサテライトオフィスを導入することで得られるメリットを5選ご紹介します。導入によるメリットを参考に、サテライトオフィスの設置を検討してみてください。

    1. 通勤時間削減による生産性の向上

    サテライトオフィスの大きなメリットは、社員の生産性を向上させることです。
    サテライトオフィスを設置することで、社員の通勤時間削減に繋がり、プライベートの時間が増えることになります。その結果ワークバランスの向上が期待でき、業務の生産性向上にも効果があるとされているのです。

    さらに通勤時間だけでなく、混雑によるストレスを解消できる点もメリット。サテライトオフィスの導入は、社員の働きやすさを第一に考えた政策といえます。

    2. 地方の優秀な人材確保

    サテライトオフィスを郊外や地方に設置することで雇用エリアを広げられ、都心部では働けなかった優秀な人材を確保することが可能です。現在、人材不足は多くの企業が抱える問題点でもあります。これまで支社や支店がなかったことで採用できなかった人材にまで雇用を広げられることは、企業にとって大きなメリットでしょう。

    働きやすさを重視する社員も増えているので、サテライトオフィスの導入により働き方に柔軟性を持たせられることも1つの利点です。

    3. 育児や介護における離職率の低下

    介護や育児は時間的制約が多く、通勤時間や業務時間に配慮した柔軟な働き方ができなければ仕事との両立は非常に難しいです。サテライトオフィスを導入することで、自宅近くに業務スペースを確保ができ、介護や育児を理由とした離職を防ぐ効果が期待できます。

    優秀で経験豊富な社員に継続して働いてもらうことと、介護や育児を理由に離職する必要がなくなることは、会社と社員双方にとって大きなメリットといえるでしょう。

    4. BCP対策(災害時におけるリスク分散)

    BCPとは、災害時や緊急事態に直面した際に損害を最小限に抑え、事業をこれまで通り継続させるための計画を指します。

    災害や緊急事態が発生した際に会社の拠点が一箇所しかないと、全データの損出や長期間の業務停止が余儀なくされる場合があります。サテライトオフィスの導入により、万が一の災害時に備えリスク分散が可能です。

    5. 支社や支店を設置するよりコストが安い

    サテライトオフィスは、支社や支店と比べ導入コストが安いメリットがあります。そのため小規模でも始められるのがメリットの1つ。

    複数企業と共同で利用する「共用型」のサテライトオフィスは個人で利用することも可能なので、社員数が少ない企業でも気軽に導入できます。

    サテライトオフィスを導入する際に注意すること3選

    これまで紹介したように数多くのメリットがあるサテライトオフィスですが、導入する際に注意しなければならないデメリットもあります。導入を考えている方は、デメリットに関しても熟知した上で、対策を練りましょう。

    1. コミュニケーションの低下

    サテライトオフィスでの業務は他社員と物理的な距離ができてしまうため、コミュニケーションの低下に繋がる可能性があります。その結果、業務の進行具合や情報の把握に問題が生じることも。

    しかし現代ではZoomやSkypeをはじめとしたコニュニケーションツールが豊富に揃っています。これらを上手に活用することでコミュニケーション低下の問題を簡単に解決することができるでしょう。

    2. セキュリティ面

    共用型のサテライトオフィスでは他会社の社員も同じオフィスで業務をするため、セキュリティ対策を講じておかないと情報漏洩の危険性があります。

    セキュリティソフトの導入や離席時のパソコン管理などを徹底して、対策を練りましょう。

    3. 社員のモチベーション管理

    サテライトオフィスで勤務する場合、対面でコミュニケーションが取れないため社員のモチベーション管理が困難になるという問題点があります。さらに社員の中には「人と直接あって仕事をしたい方」や「本社に出向いて仕事をしたい方」などもいます。

    ビデオ会議を使用した定期的な面談や、本社に出社する日を月に数回儲けるなどの対策を講じて、社員のモチベーションをうまく管理できるようにしましょう。

    サテライトオフィスの導入にかかる費用を抑える方法

    会社の専用オフィスとして「専用型」のサテライトオフィスを賃貸する場合、家賃の他に3〜6ヶ月の保証金や敷金、礼金、オフィス設備などかなりの金額がかかってしまいます。

    もっと安く手軽に始めたい方におすすめなのが下記4つの方法です。

    • 地方自治体の援助を受ける
    • レンタルオフィスを利用
    • シェアオフィスを利用
    • コワーキングスペースを利用

    地方にサテライトオフィスを設置する場合、金銭面の援助を国や地方自治体から受けられることが多く、コスト削減に繋がります。また、レンタルオフィスやシェアオフィスをサテライトオフィスとして活用するのも、導入コストが低くおすすめです。

    コワーキングスペースをサテライトオフィスとして利用するのがお得!

    中でもおすすめなのが、コワーキングスペースをサテライトオフィスとして利用する方法です。コワーキングスペースとは、個人や複数企業が共有するオープンなワークスペースのこと。近年はフリーアドレスの座席のみならず専用の個室や会議スペースなど、さまざまな業務体系に対応したコワーキングスペースが多くできています。

    月額制や時間ごとの料金など、料金プランが豊富なのもメリットの1つ。個人での利用の他、会社として登録することも可能です。

    関東近郊でおすすめのサテライトオフィス向けコワーキングスペース「JustCo Zone」【PR】

    関東近郊でサテライトオフィスを探している方におすすめなのが「JustCo Zone」。こちらは柔軟なワークスペースを提供し、より良い働き方を目指す「Just Co」が運営するコワーキングスペースです。

    日本では「Just Co 渋谷ヒカリエ」と虎ノ門タワーズオフィス19階に位置する「.BASE」の2つを運営していましたが、2022年3月から新たに「大宮・蒲田・船橋」を拠点とする3つの無人型コワーキングスペース「JustCo Zone」を展開しています。

    「JustCo Zone」の魅力とは?

    フリーアドレスから4人用個室まで様々なワークスペースを展開

    「JustCo Zone」ではフリーアドレスのオープンスペースの他、1〜4人用までの専用個室を揃えています。そのため個人での利用はもちろんのこと、会議スペースや専用ブースを企業として利用するのもおすすめ。

    「大宮・蒲田・船橋」と関東近郊に位置しているので、都心部に本社がある企業が社員の通勤時間に配慮したサテライトオフィスとして利用するのも人気です。

    月額制や従量課金制など様々な料金プランを用意

    「JustCo Zone」では月額制の他、1分単位の使用した分だけ料金を支払う従量課金制を採用しています(最小利用100円(税込))。月単位で契約をしサテライトオフィスとして利用するのみならず、月に数回だけ都度料金を払って利用するなど、さまざまな利用方法が可能です。

    具体的な料金プランに関しては、記事の最後に解説しているので参考にしてください。

    アプリで簡単に利用手続きができる

    「JustCo Zone」は従量課金制で利用する場合、Switchアプリの会員登録を済ませるだけで簡単に利用できます。さらに予約から決済までもSwitchアプリ1つで完結可能です。

    「JustCo Zone」を利用する手順
    • Switchアプリで今すぐ利用できるワークスペースを検索&予約
    • アプリのQRコードでドアロックを解除
    • 退出の際、使った分だけアプリ上で決済
    ※月額制の登録をする場合は、公式HPから基本情報の入力が必要です。

    プリンターや無料ドリンクサービスなど設備が充実

    「JustCo Zone」には、誰でも利用できるプリンターやドリンクサービスが充実しています。さらに施設のレイアウトもおしゃれかつビジネス専用の設計のため、生産性の向上も期待できます。

    「JustCo Zone」が運営する3つのサテライトオフィス向けコワーキングスペース

    先ほども紹介したように「JustCo Zone」は大宮・蒲田・船橋の3つの拠点に展開されています。それぞれの施設でデスクの数や種類、営業時間が異なるので、利用したい施設の基本情報をチェックしてみてください。

    1. 「JustCo Zone大宮」

    「JustCo Zone大宮」は、JR大宮駅から徒歩約3分の場所に位置するコワーキングスペースです。「JustCo Zone」3つの中でデスク数が一番多いのが「JustCo Zone大宮」の特徴。フリーアドレスで使えるホットデスクの他、周りの目を気にせず使用できる1〜4名様用のプライベートブースが完備されています。

    「JustCo Zone大宮」の基本情報

    デスクホットデスク:27
    1名様用プライベートスイート:16
    2名様用プライベートスイート:3
    4名様用プライベートスイート:2
    営業時間毎日7:00〜20:00
    アクセス大宮駅より徒歩約3分
    設備・フォンブース
    ・プリンター
    ・無料ドリンクサービス

    2. 「JustCo Zone蒲田」

    「JustCo Zone蒲田」は京浜東北線・池上線「蒲田」駅より徒歩約3分の場所に位置するコワーキングスペースです。「JustCo Zone大宮」と同様、ホットデスクの他に1〜4名用のプライベートスペースを完備しています。

    さらに「JustCo Zone蒲田」は他の2つの施設と比べ、営業時間が長いのが特徴。毎日6:30〜22:00まで営業をしているため、残業で仕事が終わらない際にも夜遅くまで利用できます。

    「JustCo Zone蒲田」の基本情報

    デスクホットデスク:15
    1名様用プライベートスイート:9
    2名様用プライベートスイート:2
    4名様用プライベートスイート:2
    営業時間毎日6:30〜22:00
    アクセス京浜東北線・池上線「蒲田」駅より徒歩約3分
    京浜急行線「京急蒲田」駅より徒歩9分
    設備・フォンブース
    ・プリンター
    ・無料ドリンクサービス

    3. 「JustCo Zone船橋」

    「JustCo Zone船橋」は、JR船橋駅より徒歩約3分の場所あるコワーキングスペースです。フリーアドレスで利用できるホットデスクの他、1〜2名用の専用ブース、4名用の個室を完備しています。

    「JustCo Zone船橋」の基本情報

    デスクホットデスク:18
    1名様用ブース:12
    2名様用ブース:3
    4名様用プライベートスイート:2
    営業時間毎日7:00〜22:00
    アクセスJR総武線・東武野田線「船橋」駅より徒歩約3分
    京成本線「京成船橋」駅より徒歩約5分
    東海神駅より徒歩約6分
    設備・フォンブース
    ・プリンター
    ・無料ドリンクサービス

    「JustCo Zone」の料金プラン

    料金は「月額制or従量課金制」で料金プランが大きく変わります。月にどのくらいの頻度で利用するのかを考え、月額制と従量課金制のどちらかを選択しましょう。

    また、どのタイプのデスクを利用するかでも料金が大きく変わってきます。利用目的に合わせて個人利用のホットデスクや会議や面談に便利なプライベート・スイートの利用を検討してみてください。
    月額会員制料金従量課金制料金
    ホットデスクゾーン月額:15,0001分:10円
    1名様ブース月額:25,0001分:10円
    2名様プライベートブース月額:50,0001分:10円
    1名様プライベート・スイート月額:35,0001分:10円
    2名様プライベート・スイート月額:70,0001分:10円
    4名様プライベート・スイート月額:140,0001分:10円
    ※2022年6月時点での金額です。

    サテライトオフィスを利用しよう!

    今回はサテライトオフィスの意味や概念についてご紹介しました。

    記事内でも記載の通り、サテライトオフィスの導入にはいくつものメリットがあります。ぜひ費用や注意点も考慮しながら、サテライトオフィスの導入を検討してみてください!
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2022年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    更新日:2022年8月16日

    1. 1夏の家族旅行におすすめ!軽井沢の自然を活かしたおでかけ…
      aumo Partner
    2. 2【比較16選】マイナポイントはどの決済が一番お得?おす…
      kabutan
    3. 3【2022年8月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
      chanyama
    4. 48月16日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
      chanyama
    5. 5【Qoo10メガ割】2022年次回開催はいつ?お得なク…
      ytim09
    • aumo
    • サービス
    • サテライトオフィスとは?導入で得られる5つのメ…