美容液とは?セラムや導入液の意味や選び方まで解説

美容液とは特定の肌問題の集中ケアをしたい方におすすめの化粧品です。プチプラからデパコスアイテムまで多彩な種類がありますが、選ぶ際には各商品の特徴を押さえておくことが大切。今回は美容液とはという素朴な疑問から、セラムや導入液の意味まで詳しく解説していきます。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

美容液とは?基礎化粧品との違いも紹介

そもそも美容液とは理想的な肌に近づくために必要な、スキンケアの強い味方です。水分量が多い20代前半くらいまでは肌問題を感じなくても、水分量が減少し始めると外から肌の角質層へ潤いをチャージする必要があり、そこで欠かせないのが美容液なのです。

美容液は基礎化粧品の1つですが、うるおいをキープするための化粧水や乳液とは少し目的が異なります。また価格帯は2,000円弱程度のリーズナブルなものから、デパートに並んでいるような数万円ほどするものまで様々です。

美容液は必要?他の基礎化粧品との違いとは?

基礎化粧品は美容液の他にも、肌角質に水分を与える化粧水と水分が逃げないようにパックする乳液があります。 これらはスキンケアの一環として習慣化している方も多いかと思いますが、美容液は歳を重ねるたびに生まれてくる肌問題の改善にアプローチしてくれます。

加齢によるシワや紫外線によるシミなど、美容液にはそれぞれをケアしてくれる成分を配合したアイテムが数多くあります。

"セラム"や"導入美容液"の意味や使い方とは?

美容液は主に3つの種類があります。
  • 導入美容液(ブースター)
  • エッセンス
  • セラム

ブースターとも呼ばれている導入美容液は、スキンケアの前につけることでより一層角質層への浸透(※)を促す役割があります。エッセンスとは化粧水のように肌馴染みの良い液体タイプですが、化粧水と比べてよりピンポイントなケアをしてくれます。

そしてセラムはよくスポイト付きの瓶に入れられていることの多い、とろっとしたテクスチャーが特徴のアイテム。美容成分が高濃度で配合されています。

(※)浸透は角質層まで

スキンケアのフローを守って美容液を付けるのが効果的

いずれの美容液を使うにしても、水分と油分のバランスが大切な肌を守っていくためには美容液のみの使用はおすすめできません

肌に潤いを入れて閉じ込めるという、基本的なスキンケアの流れを守るのがおすすめです。時間がない時にはオールインワンの美容液で保湿すると良いでしょう。

美容液の種類とおすすめの肌タイプを解説

スキンケアの種類には大きく分けて、ベーシックケアとスペシャルケアがあります。ベーシックケアとは、汚れやメイク落としから化粧水や乳液によるうるおい補給までの日常的なもの。

スペシャルケアとはベーシックケアに美容液をプラスして、乾燥や肌荒れなどにフォーカスしたケアのことを指します。ここからはそんな美容液の種類について紹介していきます。

シミやくすみに特化した美白ケア美容液

美白(1※)ケア美容液と呼ばれているものは、美白(1※)に見せる肌に欠かせないしみ対策を目的としています。具体的にはシミの原因であるメラニンを抑える有効成分が配合された、主にビタミンC入りの薬用美容液(医薬部外品)のことです。

肌が弱い方にとっては刺激になることがあるため、事前に配合成分をチェックしておきましょう。また、あくまでも美容液は"ケア"するものなので、根本的な原因である紫外線対策は日傘や日焼け止めクリームなどで予防しておくことも重要です。

(1※)メラニンの生成を抑え、 しみやそばかすを防ぐ

乾燥肌へのおすすめは保湿成分を配合している美容液

乾燥肌の方は、コラーゲン(1※)やヒアルロン酸(2※)、セラミド(3※)、アミノ酸(4※)などの保湿力に期待できる成分が含まれている美容液を選ぶのがおすすめです。歳を重ねるとともに肌のターンオーバーが鈍化してきます。そのため、ベーシックケアにプラスして美容液でケアをするのがおすすめです。

おすすめの年齢層は幅広く、20代でも気軽に使えるプチプラアイテムから、本格的なケアにおすすめのデパコス美容液まで様々です。テクスチャーも商品によって異なるので、ぜひ好みの美容液を探してみてください。

(1※)〜(4※)全て保湿成分

シワやたるみなど年齢による肌問題ヘはエイジングケア美容液

年齢によるシワやたるみなどのエイジングケア(1※)に特化した美容液もあります。保湿力だけでなくレチノール(ビタミンA)や活性酸素対策成分としての効果が期待できるアスタキサンチンなどが配合されたものがおすすめ。特に30代以降の肌問題にぜひ使ってほしい美容液です。

(1※)年齢に応じた化粧品等の効能効果の範囲内のお手入れ(ケア)のことを指します。

目元をケアしたい方には目元用美容液のアイセラム

目元も年齢を重ねるとともにケアしたくなる方も多いはず。そんな時には乾燥による目元の小ジワや目の下のクマやたるみなどにアプローチする、アイセラムと呼ばれる美容液がおすすめです。

目元は皮膚が薄くデリケートなので、肌に優しい成分が配合されている商品が多いのが特徴として挙げられます。

お肌のポツポツに働きかける専用美容液

皮脂の多量分泌によるお肌のポツポツや炎症をケアしたい方には、ニキビ専用美容液がおすすめ。サリチル酸(1※)やグリチルリチン酸2K(2※)などが含まれている、医薬部外品が多いです。

お肌のポツポツができてしまった後の"跡"には、保湿成分のセラミド(3※)や幹細胞成分が配合されているものを選びましょう。また成分だけでなく、肌に直接触れない拭き取り美容液は、衛生面が気になる方にぜひ使ってほしいアイテムです。

(1※)紫外線吸収成分
(2※)抗炎症成分
(3※)保湿成分

男性にも美容液は必要?

肌問題は女性のみならず男性にも起こり得るので、美容液は男性でも使えます。女性と比べて皮脂の分泌が多い傾向があるため、さっぱりとしたテクスチャーや保湿力の高すぎないアイテムを選ぶのがおすすめです。

美容液をつける順番とは?

せっかく購入にしても使い方を誤ってしまったら期待できる効果も発揮できません。ここからは美容液を使うタイミングについて紹介していきます。

導入美容液は化粧水の前につける

肌を柔らげる導入美容液は、スキンケアの角質層への浸透(※)を促す効果が期待できるため洗顔後すぐの化粧水前がおすすめです。

通常、美容液はうるおいを与える化粧水の後、うるおいをキープする乳液やクリームの前に付けます。しかし複数の美容液を使う場合には、テクスチャーを目安に順番を考えてみると良いでしょう。化粧品はさっぱりとした水分が多めのものから、とろみのある油分の多いものの順番でつけていくのが一般的です。

(※)浸透は角質層まで

美容液を使うおすすめの頻度とは?

基礎化粧品として位置付けられる美容液は、スペシャルケアとしてだけでなく毎日のスキンケアとして使っても問題ありません

肌にアプローチしてくれる美容液ですが、不調を感じた後だけでなく予防として付けるのがベターです。ベーシックケアアイテムと比べて値が張りがちなので、お財布と相談しながら使用しましょう。

美容液を選ぶときの注目成分とは?

ここからは美容液に配合されている成分ごとに、おすすめの商品を紹介していきます。美容液は肌問題にアプローチしてくれるので、自身の肌に合った成分が含まれているかどうか事前にチェックしておきましょう。

保湿効果の高いヒト型セラミド

うるおいを保ってくれるセラミド(1※)は、保湿力が高く肌のバリア機能を与えてくれる美容成分。セラミド(1※)の中でも"ヒト型セラミド(1※)"は保湿効果が高いといわれています。

(1※)保湿成分

ヒアルロン酸は潤いキープの強い味方

ヒアルロン酸(1※)も保湿成分の1つで、美容液に配合されているケースが多いです。肌への馴染みがよく肌の表面部分である角質層の水分をキープしてくれる効果が期待でき、しっとりとした肌に導きます。

(1※)保湿成分

エイジングケアにおすすめのコラーゲン

コラーゲン(1※)はエイジングケアにおすすめの成分で、年齢による肌問題にアプローチしてくれます。具体的には肌の角質層の柔軟性を高めてくれたり、ハリを保ったりするのに効果的な成分です。

(1※)保湿成分、肌を滑らかにする効果

プラスのケアをするならビタミンC

ビタミンC(※1)も美容液に含まれていることの多い成分。中でもピュアビタミンC(※1)は"即効性ビタミンC(※1)"や"活性型ビタミンC(※1)"と呼ばれていて、比較的すぐにビタミンCの効果を発揮しやすいのが特徴です。

ビタミンC(※1)は抗酸化作用が期待でき、紫外線による活性酸素の発生を抑えてくれます。そのため、シミやしわなど肌問題をケアしたい方におすすめです。

(※1)整肌成分、抗酸化作用

2ヶ月試せる!おすすめ美容液はALCHEMY【PR】

ここからはおすすめの美容液ブランド、「ALCHEMY(アルケミー)」について紹介していきます。メイク落としからナイトクリームまでの商品を扱っているのでライン使いができるのが特徴です。

その中でも今回は初回限定で、約2ヶ月間お試し価格で使える「化粧水&美容液セット」をピックアップします!

酵母に着目した植物由来の美容液

「ALCHEMY」を語る上で外せない成分が植物エキスと発酵の力!これらを組み合わさた新成分「VEGAL®︎(ベガル)※」を配合しているのが大きなポイントです。

「VEGAL®︎」は開発者が1,000回以上も試作を作り続け、試行錯誤しながら誕生した素材のことです。(※"ALCHEMY 公式HP"参照)保湿力の良さが特徴で、肌を守りうるおいを閉じ込めてくれる成分がバランス良く配合されています。

※整肌成分

ヒアルロン酸やポリフェノールも配合

「VEGAL®︎」が配合されているだけでも十分大きな特徴なのですが、「ALCHEMY」の美容液にはよくシートマスクに含まれている「ポリフェノール(1※)」も配合。日焼けや紫外線によるシミ・そばかすにアプローチしてくれます。

さらにうるおい補給の強い味方「ヒアルロン酸(2※)」も配合しており、乾燥によるシミやそばかすをケアしてくれます。香りはローズをベースとした華やかなフローラル系で、毎日使うのが楽しみになるはずです。

(1※)抗酸化剤
(2※)保湿成分

専属のビューティープランナーのアドバイス付き

理想的な肌に近づくためには、美容液を正しく使うことやアフターフォローがしっかりとしていることも重要なポイントです。「ALCHEMY」ではなんと専属のビューティー・プランナーがついてくれます。

肌トラブルをヒアリングしてくれて、それを踏まえてお手入れのアドバイスをしてくれる丁寧なフォローアップ制度が整っているのです!些細なことから周りにはなかなか相談できないことまで、ぜひプロの方に疑問を打ち明けてみてください。きっと適切なアプローチ方法を教えてくれるはずです。

2ヶ月試せる化粧水と美容液セット

ALCHEMY
化粧水&美容液セット
「化粧水&美容液セット」は通常9,612円(税込)のところ、初回限定で2,970円(税込)とリーズナブルなお値段で購入できます。いつでも休止や解約ができ、キャンセル代はかかりません。約2ヶ月間使えるので、ぜひお気軽に試してみてください。

条件定期購入
初回価格2,970円(税込)
2回目以降の価格8,712円(税込)
縛りの回数なし
縛りがある場合の総額なし
送料初回6ヶ月間無料
※その後は累計購入額によって変動
解約方法メゾンレクシア コンサルティング室(0120-444-159)まで
お問い合わせください。
支払い方法クレジットカードのみ

美容液とは集中ケアにおすすめの自分専用化粧品!

今回は美容液とは?という基本的な解説からつける順番や選び方、おすすめの商品を紹介しました。この記事を参考に、ぜひ自分に合った美容液を見つけてみてください。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年12月6日

  1. 1【比較16選】マイナポイントを紐付けできるおすすめの決…
    kabutan
  2. 2【2022年12月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  3. 3【スタバ福袋2023】当選結果が11月28日配信!中身…
    kabutan
  4. 412月6日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  5. 5【12月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ランチや食べ放…
    tunetune95