南キャン・山里 マヂカルラブリー・村上のツッコミ力を称賛「バラエティーにもめちゃくちゃ対応する」

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
https://jtame.jpjtame.jp
23日深夜放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「M-1グランプリ2020」を優勝したマヂカルラブリー・村上の、ツッコミ能力の高さについて語った。
番組では、冒頭のトークでM-1グランプリを優勝したマヂカルラブリーの話となり、山里は「優勝したのが、不毛ファミリーのマヂカラルラブリー。やっぱり仲間が優勝すると嬉しいね!不毛ファミリー」と勝手に不毛ファミリーに認定。ちなみにファミリー入りの最低条件は山里が見たことがあるとのこと。
その後、決勝ネタの話になると山里は「おこがましいですよ。俺なんか…ほら、こねくりツッコミでさ、珍獣と戯れよう!の人だけど」と前置きしつつ「村上は、こねくりツッコミじゃなくて、ちゃんと困ってるとか、態度とかでツッコんだりとか、もうシンプルにいい声? 面白声とかワード端的にやるとか」と自身のツッコミと違う点を解説。そして「バラエティーにもめちゃくちゃ対応するのを、ちゃんと見せながらやってるじゃない。野田(クリスタル)くんは、もうどうでもいいんだよ」と村上のツッコミは汎用性が高いと評価したのだった。
ネタ全体でも山里が驚くことがあったようで「で、あの勇気よ。センターマイクあって、そこから離れてボケ続けるときの。ウチも火を怖がるサイとかやってたけど、やっぱ火を怖がるサイ一発やったら、一回、センターマイクの前に戻さなきゃ怖いもん」と南海キャンディーズがM-1グランプリ決勝で披露したネタとの違いを説明し、「でも、戻らなかったでしょ。あれをね、漫才でやるっていう快感を味わってるあたりの大物感。いやぁ、格好良かったなぁ」と絶賛したのだった。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2021年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  2. 2【楽天スーパーセール】次回はいつ?最大44倍ポイント還…
    t0shi_22
  3. 3オリジン弁当のおすすめメニュー25選!お弁当から惣菜ま…
    いけち
  4. 4【2021最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama
  5. 5【2月26最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  • aumo
  • 南キャン・山里 マヂカルラブリー・村上のツッコ…